« バスケットJBL(2/11) | トップページ | yahooニュースのへんな記事集め »

2005/02/14

ピアノの弦って切れるものなのね。

昨日(2/13)のN響アワーで
アリシア・デ・ラローチャが「皇帝」を弾く映像を見た。
うーん。すごいね。皇帝って洗練されていくとどんどん鋭利な感じになっていくのに。
この人の場合は大きい感じがした。なんか山みたい。ちょっと驚き。
この人の演奏は
アルベニス:組曲《イベリア》全曲・他
のCDしか持っていないけど。そのイメージを思いっきりくつがえしてくれた。

そんな中、1楽章終盤で高音部の弦がきれるシーンが登場。
バイオリン等での切れるシーンは生演奏でもみたことはあるが、
ピアノはさすがになかった。
しかし、演奏者も調律士も余裕の対応。意外と高い確率で発生するものなのか。

その後の登場でのメゾソプラノのテレサ・ベルガンサはKO負け。
自分が同じ年齢であれだけのエネルギーをもった感じで生活、仕事をしていけるか。
って自問しても答えられない。

|

« バスケットJBL(2/11) | トップページ | yahooニュースのへんな記事集め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/2932227

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの弦って切れるものなのね。:

« バスケットJBL(2/11) | トップページ | yahooニュースのへんな記事集め »