« yahooニュースのへんな記事集め | トップページ | V1リーグ男子(2/27) »

2005/02/20

バスケットWJBL(2/18)

F1000009金曜日の18:30試合開始は一般の会社員としてはつらい時間での試合。
なんとか、前半の終わりくらいから、間に合って
女子のバスケットWJBL、富士通−シャンソン化粧品の試合を観戦。

会場は川崎のとどろきアリーナで富士通の「ホームタウンゲーム」とのこと。
すぐ近くに富士通の工場があり、富士通の練習場もあることから「御前試合」という表現の方がぴったりかもしれない。
試合日程的にも富士通の社員の方にアピールすることも目的の一つであろうことが想像できる。

しかも、この試合、自力での進出はなくなっていたとはいえ勝利すれば4強によるプレーオフの可能性が残っている状態。
舞台としては整った。さーどうだ。
しかし、私が会場についた時には戦いは実質終了していたようだ。残念。
シャンソン化粧品、第1Qで大差をつけて、後は見事にゲームコントロールしてしまった。
勝負をかけた戦いの場合、えてしてこういう大差のつく試合になってしまうことがあるが、まさに典型であった。

男子に比べればアジアの中の戦いでも中国、韓国と拮抗している女子。
アテネでもオリンピック出場をはたすなど、話題的にも男子より明るい状況といえる。
それだけに、シャンソン、JOMOの2強があまりにも長く続いていたのが悲観的な部分だったのだが、
それも、日本航空、富士通、トヨタ自動車といった勢力が完全に2強と拮抗した存在となってきたことや選手層の広がりを感じるようになっていることで払拭されてきている。
次の世界選手権、北京オリンピックは女子バスケットにとっては勝負の期間になると思う。

ついでの蛇足。富士通つながりでサッカー、川崎フロンターレのマスコットがきていた。認知度は会場ではかなり高かったようだ。

|

« yahooニュースのへんな記事集め | トップページ | V1リーグ男子(2/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/3013179

この記事へのトラックバック一覧です: バスケットWJBL(2/18):

« yahooニュースのへんな記事集め | トップページ | V1リーグ男子(2/27) »