« トップリーグ 神戸製鋼−サントリー(10/8) | トップページ | 日本選手権関東予選(10/15) »

2005/10/13

戦いすんで日があけて

ウクライナ戦ご苦労さんでした。アウェーってのはこうだと言わんばかりの判定でございました。

ヨーロッパの闘いにも一段落ついた。
最後の2位枠にはスウェーデンが滑り込み。
セルビア・モンテネグロ、フランスが最後の1位枠。
プレーオフへは、トルコ、スペイン、スイス、スロバキア、ノルウェー、チェコ
ちょっと前までNHK−BSでスペイン−サンマリノを前半だけみていたが、モナコみたいに1チームでも強いのがイタリアのリーグにいれば状況は変わるのかもしれないが、明らかに天皇杯で予想外に勝ち進んだ県代表対J1チームの雰囲気であった。
サンマリノ、今日のメンバは全部アマ選手。監督は本業、小学校の先生だそうで、それなのにこの2年間、ヨーロッパ中を旅行しまくったわけです。アウェーでは2泊3日の強行軍だったであろうことは想像に難くない。
試合が終わったら、サンマリノの選手は知り合いに「ラウルからボールを奪った」とか自慢するのかな。しかし、モナコはUEFAには加盟していないのに、よく加盟して予選に参加していると思う。ただ、今のままじゃ絶対に勝てないけど。

アジア、哀れウズベキスタン。バーレーンは自分で勝った気はしないかもしれないが、それでも勝ち抜け。相手はトリニダード・トバコと決まった。
どちらも本戦にでられると思ってんじゃないか。打算と狸の皮算用が始まっているのでは。

南米はやっぱり、ウルグアイになっちゃった。オーストラリアと2回連続でのプレーオフ対決。個人的にはオーストラリアがんばれという気分である。
そうなれば次回のアジア枠が増えるかも。やっぱり打算的。

|

« トップリーグ 神戸製鋼−サントリー(10/8) | トップページ | 日本選手権関東予選(10/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/6384477

この記事へのトラックバック一覧です: 戦いすんで日があけて:

« トップリーグ 神戸製鋼−サントリー(10/8) | トップページ | 日本選手権関東予選(10/15) »