« 戦いすんで日があけて | トップページ | ラクロス東日本クラブリーグ(10/15) »

2005/10/16

日本選手権関東予選(10/15)

F1000107飛行機が飛び立つ姿ってきれいだなー。
ここは東京湾岸。遠くに見えるは羽田から飛び立つ飛行機。
大森駅からバスで約10分程度、大田スタジアムであります。
社会人野球の日本選手権の関東地区予選を見に来た。

大田スタジアムは野球場としてはなかなか立派な規模。売店まであってうれしい。
さらに予選だけど有料を覚悟していたが、結果的には無料試合だった。少し助かる。

中に入ると、いきなり、警戒警報のサイレン並みのでかい音が出迎えてくれて、思わず身をすくめる。バカヤロ、おどかすんじゃねー。
しかし、周りの常連さんは平気なもの、さらに内野の屋根に巣を作っている鳥も全く持って無反応。慣れって怖いね。

都市対抗の予選を見たことはないので言い切れないが、都市対抗に比較しても歴史が浅い日本選手権のためか、お客さんの数は非常に少ない。200人いればいいところか。
1試合目の東芝−NTT東日本にはチーム受付があったから、動員的なものがあったのだろうか。私の周りで少しだけ挨拶が飛び交っている。
一方、試合は選手の声、グラブ、ボール、バットの音が響き渡る、サッカーの地域リーグ的雰囲気がむんむんとただよう。周りの観客もスコアカードを記入しながら見ている人が多数いる。好き者と関係者の世界。
内容は東芝が一方的に打ち勝った。NTTは2回のノーアウト1,3塁の場面で無得点になったのが結果的に響いて初回のソロホームランのみのコールド負け。10−1で東芝。

F1000106NTTの応援団3人さん。無念。あーいう試合での応援では疲れるでしょうが、明日がんばってね。

第2試合は三菱ふそう川崎−鷺宮製作所
夏、都市対抗で優勝した三菱ふそう川崎ではあったが、うーん。全く、動員といえるようなものはなかった。冷たいねー。第3者ばかりで、応援する人は皆無かのような雰囲気。
それは相手の鷺宮製作所も同じ。第1試合は地域リーグだったが、今度はレベルの高い草野球を観戦している雰囲気になってしまう。
なんかさみしいね。アマチュア野球の課題の部分といっていいのではないだろうか。オーナー企業が「試合を見にいけ」といわない限りだれも応援しようとしないのでは、選手本人の「野球を続ける」という動機の一部をスポイルしていないだろうか。
本戦にでない限りだれも注目しない。それがために消えていったチームはどれだけあることやら。そして今もその現実と戦っているチームが一杯ある。
都市対抗本戦だけが異常に膨れ上がっているように感じた。
ただし、これはチーム側にも責任はあるはず。

試合は投手戦となり2−2から延長に突入。三菱ふそう川崎がなんとか11回で振り切り3−2で勝利。いやー、勝ててよかった。投手つぎこんでましたから。
南武線から練習場をいつも見ているだけではあるが、まがりなりにも地元に近いのでよかったということにしよう。ただし、それだけのこと。

今日勝った2チームは大阪での本大会に出場。負けた2チーム同士で最後の1枚を争う。
日曜日は同じ会場で加えて、日産自動車−新日本石油も最後の1枚を争う。
見にいこうかなと思ったのだが、午前中雨が残ってしまったので、見送り。
NTTの応援団3人は仕事してるんでしょうか。ご苦労様です。

|

« 戦いすんで日があけて | トップページ | ラクロス東日本クラブリーグ(10/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/6423416

この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権関東予選(10/15):

» 社会人野球日本選手権九州2次予選(3日目) [徒然なるままにMの戯言]
本州方面は雨続きのようですけど、九州は昨日、今日と良い天気なので順調に日程消化しました。 3日目は三菱重工長崎−日産自動車九州の好カードがありましたけど、2度の逆転劇の末に日産自動車九州が7−5で勝ちました。 福岡県会長連盟杯[秋季]大会で今季、九州地区勢... [続きを読む]

受信: 2005/10/18 03:36

» 三菱ふそう川崎、「二冠」に前進 [momi051の野球日記]
15日の日本選手権予選は関東で2代表が決定。関東:東芝(6年連続19回目)関東:三菱ふそう川崎(4年ぶり8回目)東芝の19回出場は、松下電器27回、日本生命24回に次ぐ単独3位となりました。今まで18回で3位タイだった他のチームは神戸製鋼、住友金属、NTT四国…。三菱...... [続きを読む]

受信: 2005/10/19 03:10

« 戦いすんで日があけて | トップページ | ラクロス東日本クラブリーグ(10/15) »