« webを見るだけの日 | トップページ | J1 川崎−新潟(10/1) »

2005/10/01

WJBL 富士通−三菱電機(10/1)

今日は等々力の日。富士通が保有している部活チームの女子バスケットチームとメインスポンサーであるサッカーチームが同一日の同じ場所で、ちゃんと時間をずらして開催。
川崎にすんでいるのだから、こういうのはタノシマナ損。

F100009212:30くらいに等々力公園へ到着。ちょっとだけ、野球場の首都大学野球2部の東京経済大学−玉川大学の試合を日和見して、とどろきアリーナへ入場。うーむ少し期待はずれ。
せっかく、同じ日にフロンターレの試合があるにもかかわらず、特に宣伝もしていなかったようだ。お客さんの数があまりかんばしくない。1000人は届いていなかったと思う。
非常にもったいない。ホームタウンゲームとは言いながら、実際の試合運営は川崎市のバスケット協会の方にまかせてしまっているので、この辺が限界なのかな。チームは関われないのかな。
でもね。意図してこの日にあわせたはずなのに。それで、これ。

いや、試合に集中。
前半は三菱ペース。ロースコアゲームに持ち込んで、接戦にしようというゲームプラン通りに試合が進む。一方、富士通。三菱の高い位置からのプレスディフェンスにてこずる。さらにパスミス、シュートミスも誘発してお付き合いをしてしまった。
後半の途中までは思い通りだった三菱だが
主力であった12番が早々と3ファールしてプレー時間が短くなる。さらに9番が選手どおしの激突による負傷退場によりかなりの時間コート外にでてしまった。
この機を富士通は逃さず、パスを回すスピードをあげて三菱のディフェンスがついていけない状態に持ち込んで、シュートを次々きめていくようになる。そのまま押し切って最後は少し大差がついた。65−52で富士通。
三菱にとってはちょっと不運があったか。ただ、最後の4Qはリバウンドが全くといって取れなくなっていたから、力負けの部分もあった。
一方、富士通。移籍加入の日本代表、矢野がどうもいまひとつ不調のよう。チーム事情でセンターをやっているせいなのか、シュートの精度が低いし、インサイドではとくにどうといった特徴もない選手になってしまっている。チームとしての方針として修正が必要なのではと心配な感じがする。優勝をねらっているチームだけになおさらである。

F1000093残念ながら富士通のホームタウンゲームと銘うってはいたがなにも特別ことは何もしていなかった。ちょっとだけ違っていたのは普段、富士通は拡声器で音楽鳴らしているだけなのだが、今日はチアダンスチームがいるということで少し特別な応援体制です。ってところでしょう。
あらっ。ハーフタイムでやっているネタどっかで見たような。先週の川崎球場で見たものと同じような・・・。
先週あいましたチアダンスチームのみなさんでした。お仕事大変です。ぜひ今度フロンターレの試合にもきてください。
世の中こういうことを暴露してしまう人間がここにいるということです。

|

« webを見るだけの日 | トップページ | J1 川崎−新潟(10/1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/6205852

この記事へのトラックバック一覧です: WJBL 富士通−三菱電機(10/1):

« webを見るだけの日 | トップページ | J1 川崎−新潟(10/1) »