« 駒沢公園のある過ごし方(11/12) | トップページ | フィールドホッケー早慶戦(11/13) »

2005/11/12

JFL 横河武蔵野−ソニー仙台(11/12)

F10001161000円でサッカー観戦。
とくれば3部 JFL。
もち、地域リーグならほぼ全国(九州の一部を除く)でただで観れる。しかし、関東リーグは公共交通機関しか移動手段をもたない人間にとってはちと厳しい。そして、近くに誘惑も多い。
というわけで、最近は3部観戦どまり。来年は4,5部観戦も再開できるかな・・・。

このソニー仙台を観るのはたぶんはじめて。実際には多賀城のチーム。そして、めずらしいソニー(このSONYよ)が持つ部活動チーム。
これ以外では女子ホッケーの日本リーグ所属のソニー一宮と昔なら今は亡き、女子の実業団バレーボールリーグ所属だったソニー大崎くらいか。
他の大手電機メーカーと比較するとかなり地味な状態であった。(もちろん下には下がある。書かんけど)

横河武蔵野は武蔵野市をホームとする、下部組織も含めた立派なクラブなのだが、ホームスタジアムとなるべき武蔵野市の陸上競技場を優先的には使用できないらしく、それ以外の要因もあるやらないやらで少しジプシー気味。おかげで駒沢で観戦となった。武蔵野市のみなさん、できるだけのご理解とご慈愛を。自慢できまっせこのチーム。

試合は木枯らし一番が強く吹くなか、追い風となった側が有利に試合を運ぶ状況。前半は武蔵野が押し。前半終了間際のCKをヘディングで押し込んだ。
後半はさらに風が強くなりソニーがだんだんと一方的に攻勢になる。
横河が中盤にスペースを与えてしまいパスを自由にださせてしまいすぎた。
PKで同点にされ、最後はクリアが小さくなったところを押し込まれて逆転負け。

今、JFLでは愛媛FCがJ2にいけるかどうかの最後の詰めに入っている。
この場の2チームだって、いつかは「宮城2番目」、「東京3番目」になる資格は充分にもっている。J2とJFLがシームレスになるのもそう遠くはないはず。
ただ、今あるクラブをこのまま維持することだけでも相当に立派なことだ。上に上がるだけがサッカーではないということも真理のはず。自分みたいなへそまがりのための真理かもしれないが。

|

« 駒沢公園のある過ごし方(11/12) | トップページ | フィールドホッケー早慶戦(11/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/7069222

この記事へのトラックバック一覧です: JFL 横河武蔵野−ソニー仙台(11/12):

« 駒沢公園のある過ごし方(11/12) | トップページ | フィールドホッケー早慶戦(11/13) »