« 関東大学サッカー 早稲田−慶応(11/19) | トップページ | ラクロス関東大学リーグ決勝(11/23) »

2005/11/23

関東大学アメフトリーグ準決勝(11/23)

スポーツカレンダーに詳しい関東在住の方なら、「11月23日」と聞いたら即答で「ラグビー早慶戦」と答えるであろう。
でも、それ以外にも当然スポーツは行われているわけである。
最近では千葉国際駅伝はいつもこの時期だし、そして球技としてはアメリカンフットボールの関東リーグ、準決勝が行われる日にもなりつつある。
ラグビーの早慶戦は人が多いだけでおもしろい試合を観るのは今年は無理そうなので(事実そうなった)回避。
今日も駒沢公園へいってきたよ。そしてさらに裏番組を発見。ラクロス関東大学リーグの男女決勝戦。
ふふふ。「共通券ください」とまた叫びたくなるような状況だ。それぞれの試合全部通してみれないけど当然掛け持ちすべし。べし。
で、先ほど、ラクロスの女子決勝前半が終了した時点でダッシュ移動。
アメフトの組み合わせは
F1000131第1試合 慶応(B組2位)−明治(A組1位)。第2試合 早稲田(A組2位)−法政(B組1位)。
ラグビーの試合だったら大喜びする輩がいそうなラインナップ(1月2日にこの組み合わせになる可能性?・・・)
前半終了直前に明治がTDを決めた場面を見ながら着席。その時点で17−7で慶応リードしている。お客さんもなかなかの入りで喜ばしいこと。なんだかんだいって、関東の大学は恵まれている。地方いったらそれこそ・・・・。

F1000129F1000130双方ともに正規応援団もきてますな。明治はブラス10名程度+チアリーダですか。なかなか華やかでございますこと。
対する慶応はチアリーダのみと太鼓担当の応援団。大学アメフトでの標準仕様でしょう。

後半に入ると明治のディフェンスラインに簡単に穴が開き、慶応のランプレーでばしばし抜かれる。1TD、2FGを献上。攻撃は単発で淡白。ちょっと勝利への執念が弱かったような。1TDのみしかとれずそのまま終了で30−13で慶応勝利。

F1000128第2試合は前年優勝の法政に早稲田が挑む形となる。前半の前半は法政のいいとこだらけの状態。簡単に2TDをとって楽勝か?、という状況になったのだが、早稲田も反撃。
1TDを返して、14−7で前半終了。
えー残念ながら、私はここでお別れです。双方のチアリーダのみなさんなごりおしい。来年はたぶん全部見ます。と思います。と言い訳しながら再度、第2球技場へダッシュするのだった。
試合結果は?、わーーー、14−13で法政。うー、後半どーなったの。あー厳しいいい。

F1000127F1000126前半終了のタイミングで陸上競技場を抜け出す私をスタッフの人が不思議そうな目で見ていたのを私は忘れない。すいません変人なんです。

|

« 関東大学サッカー 早稲田−慶応(11/19) | トップページ | ラクロス関東大学リーグ決勝(11/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/7281750

この記事へのトラックバック一覧です: 関東大学アメフトリーグ準決勝(11/23):

» 6th Clash Bowl Semi-Final ~ Meiji Griffins vs. Keio Unicorns [擬藤岡屋日記]
Meiji Griffins 13 vs. 30 Keio Unicorns 1Q2Q3Q4QTotal Meiji Univ.- Griffins070613 Keio Univ.- Unicorns71010330 この秋の慶應義塾体 [続きを読む]

受信: 2005/11/24 13:57

« 関東大学サッカー 早稲田−慶応(11/19) | トップページ | ラクロス関東大学リーグ決勝(11/23) »