« 最近、献血してないな | トップページ | 今更の「文明の利器」導入 »

2006/01/28

バレー、東京ダービー・リターンズ(1/28)

このブログは全くといっていいほど、たいしたアクセス件数もない代物だが過去の記事の中で唯一コンスタントにアクセスのある記事は実はこれ。希少性が高いんすかね。
しかしそれとは別にあの雰囲気はやはり今のバレー界には必要だろうと思う。
今日とどろきではNEC女子のホームゲームがあるが、代わり映えしないことも判ったし、大友もいないことだし(って違う!)回避。
去年ホームで見たからにはアウェイも見ようとばかり、江戸川スポーツセンターへ行ってきた。
2試合興行で2000円は2部としては微妙な値段の高さだが、やむ終えん。会場は500人程度で一杯になるくらい。さて、1試合目から。まだお客さんは少なめ。
F1000168 ジェイテクトSTINGS(旧豊田工機が光洋精工と合併)− 三好循環器科EKG大分(さすが医療関係、ドイツ語読み、イーカーゲー)
試合はそれほどの差はなかったのだが、
三好の12番、中国籍と思われる王のサーブに対する対応がうまくできない分三好が点を稼いだ感じで3−0で三好の勝利。ところで女子にも上尾総合病院や健祥会みたいに福祉医療関係のチームが多い。にゃんで?

この結果、三好が6勝1敗で首位を堅持。このまま最後まで首位争いを続けるだろう。でも今年のV1はだんご。下位だからといってうかうかできない状況。事実、現在2位のFCも7位のトヨタ自動車に足をすくわれている。

F1000167 F1000166 で、2試合目のFC東京−東京ヴェルディがその挑戦権を争う形になる。会場はフロア席にあきはあるがスタンド席はあふれている状態。へんなの。上から見る方がいいのかな。
ウォーミングアップ時にはお互いのサポも30人程度づつ集まり声をあげ始める。
その声が体育館の室内に反響する。
去年も書いたけど、個人的に「あーー、これはまさにチャント(聖歌)だなー」
(うるさいだけかもしれませんが、3GP形式でその音声を、こちらこちら
(firefoxではなぜかうまくWeb上で再生しないので一度ダウンロードしてからQuickTimeプレーヤーで再生してください)
日本代表でもものすごい声援はあるが、それとはまた別。春高バレーの応援を現地で見た人ならわかるのではないだろうか。

F1000169 それ以上に熱狂的で自発的な声援の雰囲気はやはりVリーグにはないものだ。
自分の後ろでは小学生の女子がFC東京のプラカードやフラッグをふって声援をしている。ベンチの後ろにいる中学生の女子がFC側の得点が決まるたびに表現に困る喜び方をしている。ごめんね気づいちゃって。

お互いに負けたくない相手だけに去年同様もめる。1,4セット、ヴェルディ。2,3セット、FCがとる。
5セット目の最初の得点を主審がオーバーコールしていなかったらどうなったか。この得点をヴェルディがとり一気につきはなして勝利。
勝利したヴェルディサポは試合後選手をカーテンコールよろしくエールをあげる。それに応える選手。FC側も試合開始前と同じく「You'll never walk alone」を歌い、選手を讃えた。

これがVリーグで行われるか?。やはり今年も無理でしょう。チーム技術的なものはVとV1もそれほど違いはない。ただ、圧倒的に違うのが「体格」からくる技術の差。首位の三好も含めてでけーなと感じた選手は各チームのセンターで1人づつ。バスケットのJBLでもそうだが、バレーの1部と2部の差はそこで明かなものがあり、バレーでは大きい問題。
玉川カルテットじゃないが「わたしゃも少し背がほしい」ってところか。もしそれを補いたいのであればなりふり構わず東京に入替え戦を招致すること。でもその前に今年は2位以内に入るのも大変そうです。

|

« 最近、献血してないな | トップページ | 今更の「文明の利器」導入 »

コメント

久々のコメントです。
やはり来られてましたか^^

5セットの1点目もそうですが、4セット22-23からのピンチサーバーのサーブミスも大きかったかと。

サーブの安定ではヴェルディが圧倒していました。

入れ替え戦ですが、どうも秋田のようです。
せめて関東でしたら大挙して繰り出すのですが・・

補強に関してはVリーグの運営方法からあまりお金を投資できないとFC東京の専務が言われたそうです。
入場券収入、放映権が協会の総取りでは・・・
投資をしても見返りが無い状況ではFC東京が投資するのも限られた額になるでしょう。

プロ化についてはこの両チームは前向きだそうです。
vjリーグ・・悪く無いかもしれません。

投稿: TK | 2006/01/28 23:48

なんどもの来訪ありがとうございます。
今日、BSで女子のパイオニア-東レ戦を観てましたが、プロ化について一番可能性の高いと思われるこの2チームでさえ、企業べったりなんですよ。
今でも、この2チームが優勝戦を争った2年前の試合で、全く地元への感謝の言葉が無く、企業への忠誠のみを語ったコメントが会場に流されたときの失望を忘れられません。
なんとかFC東京の専務が語ったコメントについてリーグを運営する関係者は内部からの最後の声だと思ってほしいものです。

投稿: D-50 | 2006/01/29 15:37

遅くなりましたがトラックバックさせていただいたのと 、ウチのブログからリンクさせていただきましたので御報告申し上げます。
実は去年の東京ダービーの記事を読んで以来のファンです。いつも記事を楽しみにしています。

それと、東京を応援している者としては、「FC」ではなく、「FC東京」か「東京」と記していただきたいと思います。

これからも期待しております。

で、稲城にも来られるんですかね?

投稿: icebox | 2006/02/05 03:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/8384584

この記事へのトラックバック一覧です: バレー、東京ダービー・リターンズ(1/28):

» FC東京 2−3 東京V [KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)]
○第八回バレーボールV1リーグ男子東京大会 2006年1月28日15時40分 江戸川区スポーツセンター 主審:丸山道博 観衆:660人 試合No.326 公式記録(pdf) 第二試合 FC東京 2−3 東京ヴェルディ (19-25,25-19,25-19,22-25,10-15) ガスサ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/29 22:25

» 声のチカラと異質なもの [white and blue]
昨日の続きも兼ねて。 山形での試合をテレビでみていて「2000対70でも大して差は感じなかった」と書いたのですが、「もしこの2チームのサポーターなら、70で2000を凌駕することなど造作ないことだろうな」なんて思ったのがこのページを読んでの感想。 特に共感するのはこ....... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 01:43

» 沖縄のバレーボール関係者の方へ見てほしい、読んでほしい。 [icebox]
ヴェルディに負けてから続いていたショックは和らいできて、徐々に「あんにゃろー」となってきました。当日の模様をやけっぱちでリンクbobの日記アオアカセイカツニッキハンチングひげどんなとこへこんなとこへKAMMY'S HOMEPAGE 写真館吉田鋳造総合研究所/ja あやつる YmrDha... [続きを読む]

受信: 2006/02/03 03:55

« 最近、献血してないな | トップページ | 今更の「文明の利器」導入 »