« 注:ちょこっとだけ映像をみたコメント | トップページ | アイスホッケー、アジアリーグ(2/18) »

2006/02/19

テニス・日本リーグ決勝トーナメント(2/18)

今週は3本立て、って東映アニメ祭りじゃないんだから(最近いわなくなった?)
最近の土曜、日曜の朝の習慣として、こちらを見ることが多い。
普段、全くスポーツ新聞にはお世話にはならないのだが、唯一役に立つページである。
本来スポーツ新聞の役割はここにあると思うのだが、他紙は全く役立たず。
紙で印刷された一般紙やスポーツ紙であれば書いてある場合もあるが今は倹約生活のため、HPに頼っている。
そんな昨日、その予定表の中に
「テニス
    日本リーグ決勝トーナメント第2日(10時40分、東京体育館)」

なんて書かれている。思わず、
「この挑戦受けた」(なんのこっちゃ)と午前はのんびりするはずを急遽撤回し駅へ急ぐのだった。

テニスに日本リーグがあるなんてしってましたか?
意外にも日本ではなんでも日本リーグになっている。
サッカーを祖として、バレー、バスケット、ハンド、ソフトボール、ホッケー、ソフトテニス、バトミントン、卓球、テニス。
アメフトやラグビーも事実上加わった。アイスホッケーはちょっと形態が変わった。
国体種目の球技でないのは水球くらいだろうか。野球はプロ野球があるからとりあえずありということで。
で、テニスの根本は個人競技だから、どうやって団体戦をやるんだというのはさらにおいといて、参加チームが一体どんなレベルなのか?少し興味津々で到着。
HPと現地で見る限り、プロ・アマ混合、ただし世界ランキングを目指す人はマナーとして除外といったところでしょうか。
事実、男子ではデビスカップ代表選手がいた。

F1000181 試合方式はシングルスを先に2試合とダブルス1試合での2勝勝ち抜き方式。ミニデビスカップ方式だった。
東京体育館は2週ほど前ヒンギス−シャラポア戦で大いに盛り上がっていたのだが、今日もそれなりに企業応援団やファンがやってきて盛り上がった。
リーグ自体はほんとに企業のテニス部がそのまま強くなったというチームがメイン。でも、4強ともなるとプロだけで固めているところも多かった。
試合は 男子、協和発酵−ソニー(勝者ソニー)と北日本物産−ミキプルーン(勝者北日本物産)。
女子、北日本物産−明治安田生命(同、北日本物産)、島津製作所−荏原(同、荏原)。
で、観た感想は?と問われると困ってしまうのである。
正直、3試合観ようと思ったら、1日仕事。になってしまう。いくら日本トップレベルとはいえ3試合はさすがに飽きる。国際レベルだったらまた話は違うのだけど。
午後は午後で目的もあったので、2番目のシングルス対戦の途中くらいで切り上げ。結果はHPで確認。
F1000180 ただし無念なのは北日本物産−ミキプルーンはダブルスまでもつれ込んでたのか。ダブルス戦は観たかったな。
今日の決勝の結果をみると、ソニーが優勝か。まー当然の結果であろう。外国籍のプロ登録選手で固めてたからな。まさか、日本リーグレベルでプロ登録選手が参加OKとは思わなかったけど。
女子は北日本物産が優勝。
会場は入場料無料だった。有料でもよかったかもしれないし、それくらいの価値はあった。
けど、1日通してみるのは修行に近いかもしれない。

|

« 注:ちょこっとだけ映像をみたコメント | トップページ | アイスホッケー、アジアリーグ(2/18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/8739931

この記事へのトラックバック一覧です: テニス・日本リーグ決勝トーナメント(2/18):

« 注:ちょこっとだけ映像をみたコメント | トップページ | アイスホッケー、アジアリーグ(2/18) »