« 「光あふれる」世界へ | トップページ | チャーヨー対ファイティン(3/3) »

2006/02/27

はずかしながら3杯目(2/26)

F1000186 本当はラグビーの日本選手権決勝を観戦予定であったのだが、あまりの土砂降りを予告する天気予報の内容とレーダーアメダスの画像から「びびってしまい」。いくのを躊躇していた。
申し訳ないがここ1ヶ月は仕事優先。体調をくずすわけにはいかん。
そんな中icebox様からの「もちろん稲城にはくるんでしょ」といわんばかりのコメントをいただいていたのを思い出し、3杯目を喰らうことにした。そこで外出自体を中止にしないとこが私の悲しい性格であります。

で、来ちゃったよ。稲城市総合体育館。なぜか、FC東京が無料チャーターバスなるものを用意しておりこれを利用することで、京王稲城駅から楽々全くの苦労しらずで到着。ありがたや、というわけでこの恩義により少しFC東京よりでみよっと。
もちろんヴェルディはホームであるので地元の人が三々五々やってくる。
到着時には第1試合の警視庁−三好循環器科EKG大分が試合中。
この試合を三好が3−1のスコアで勝利し、2位以内を確保。入替え戦進出を決めた。
警視庁はエースが最後電池切れをおこしてしまったのが残念。しかし、多くを求めるのはお門違いだろう。(格闘技、射撃系の種目ならともかく、業務に直接関係ないからね)

F1000189 F1000188 となると最後の1枚を直接対決で争うことになったわけで、前回以上に選手もサポもヒートアップ。
それにしても、この試合はどうしていつも揉めるの。
関係者が「これで3年ごしでフルセットだよ」って苦笑していたから、単にお互いの意地のはりあい以上に相手を圧倒する武器が双方ないということなのかな。
決め手がないともいう。しかしそんなことは後で帰ってから思うことであってその場は思いっきり楽しんだ。
いきなり第1セットが山場となり、結果的にこれが全てだったような気がする。
ここをFC東京が33−35で落とす。2,3セットはとるものの、4セット以降ブロックにつかまる。

F1000187 今回は体力負けをしたような。最後はヴェルディ、前回と同じセットのとり方で逆転勝利。2位に滑り込み。相手は豊田合成。三好は旭化成に決定。

この日はCATVのJ:COM(なのだろうか?)と思わしきTV撮影クルーがきており、いっぱしのアナウンサらしきものがいるTVアナウンスブースを設営(つっても単に席とモニターがあるだけ)、
勝利監督とゲームキャプテンにはインタビューが行われ、さらにキャプテンからはサインボールプレゼント打ち込みとまるでVリーグのような進行がなされた。
ということは、この試合の映像をなにかしらで放送する機会があるのだろうか。
J:COMのHPを見る限りでは全くわからず。見当はずれかもしれない。しかし、もし放送の機会(あるいはインターネットでもかまわないが)があるのならば、JVAは声を大にして告知してほしい。
「バレーにもこんな世界があるのだ」と。

家に帰ったら、ラグビーの方はトライなしの6−6引分けで東芝府中、NEC両者優勝とな。
掲示板等をみると試合内容、勝者決定方法ともに賛否入り乱れ状態。なんか観そびれたのがちょっと残念かな。
でも、風邪ひくわけにゃいかん。

|

« 「光あふれる」世界へ | トップページ | チャーヨー対ファイティン(3/3) »

コメント

ダービー行きたかったんですけどねえ。
翌週に上京予定があるので(笑)、今回は近場で“クラシコ”視てました。
入替戦は北秋田市って鷹巣か?行けねえって(苦笑)。

投稿: 吉田鋳造 | 2006/02/28 07:31

すんません、もひとつ。
新館日誌からLINK貼りました。
ようやくでごめんなさい。

投稿: 吉田鋳造 | 2006/02/28 07:40

こんばんは。

トラックバックさせていただきました。
この対戦の記事を楽しみにしていたのですが・・・未だダメージが残っております。正直、フットボールの東京の開幕があるというのに全然気分がのってきません。

私はEKGのキャプテンから送られてきたサインボールを受け取った人のすぐそばで応援していました。コアな所で応援するのは全く初めてだったので未だ全身筋肉痛に苦しめられています。入れ替え戦を賭けた戦いでなければ離れて応援してました。

最近、私は東京の「金で感動を買うファン」なのか、よく分からないです。

彼等が上のレベルで戦えるチャンスを失った事は心の底から残念です。

投稿: icebox | 2006/02/28 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/8865725

この記事へのトラックバック一覧です: はずかしながら3杯目(2/26):

» 少し落ち着いてきた [icebox]
東京 2−3 ヴェルディ彼等が高いレベルでプレーできるチャンスが失われたのが何より残念。緑蟲に断たれた事実が無念さに拍車をかける。(どんなとこへこんなとこへ)に書いてある通り第一セットを落としたのが痛かった。第2セットで5点差をひっくり返したのは凄かったけれ... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 00:38

« 「光あふれる」世界へ | トップページ | チャーヨー対ファイティン(3/3) »