« パイを小さくすると | トップページ | 相手先のいない呼びかけ »

2006/03/12

蘇我フクアリに春はきたのか(3/11)

先週は土日作業を実施したので、せっかくのサッカー開幕戦をみることができなかった。
でもって川崎6−0の大勝をみそこねた。やはりこういう星の下のよう。ふん、いいんだ。
で、来週も作業がある予定だが、大きな作業にはならないはずなので来週は無理やりなんとかするつもり。
そして「今週はどうすべっ」と毎度サンケイスポーツをのぞくと
「フェンシング 高円宮杯ワールドカップ」入場無料@駒沢なる、挑発的な文字が。
来年度の目標としては「少しは格闘技や採点競技もみてみようか」というのを設定、提出予定(誰に)
キャリアアップじゃ。っていっても今日はそれよりも千葉の新ホーム「フクアリ」を観にいく欲望の方が強かったので横須賀総武快速電車に新川崎駅から乗車。
前の五井駅よりは地理的にも電車ダイヤ的にも便利な蘇我駅に約2時間で到着。スタジアム側の西口はちょっと寂しい雰囲気ですな。
でも、10年以上前に一度市原臨海へいって、あまりの遠さになかなか次回が生まれなかったがこれなら許容範囲内だ。
駅からも徒歩10分以内でフクアリ(蘇我球技場)につく。アクセスは味スタっぽい。
それにしてもどんと「工場跡地に作りました。」という自己主張が見える無骨な風景かつ無骨な面構え。ん、なかなかよろしい。そして中に入っても自己主張がよくみえて非常によろしい。
F1000198 スタンドの傾斜が関東においては急な部類に入り、ピッチの近さと俯瞰の楽しさを同時に楽しめる感じになっている。

こういうところで試合を観つづけると、サッカー通なっちゃうよ。

ボール移動、人の動き、フォーメーション、選手の技術がよくわかる。
正直、私好み。急な傾斜も私の帰省先の昔の家を思えばかわいいもの。
さらに、2階部を「臨時拡張部」と割り切った造りもいい。まるで非常階段のような段を上り、一番上から観戦。
こうなるとジェフのみなさん、国立で試合をする必要はほんとなくなったよね。(1回くらいはするのかな)

これは誇っていいスタジアムなので、市原臨海とともにぜひ、試合へお運びを。って今日は見た目より公式入場者数が少なく、ちょっと寂しかったな。
相手チームによって観客動員数が大きく変動するのはまだまだ問題。京都もそうだけど。

F1000197 F1000196 試合は「巻クン。君が2回はずしたのがきいちゃたね」的展開で甲府に2点ビハインドを追いつかれての引分け。ハースを交代させたのが早すぎたのかなとも思う。
フォアチェックが効いている時はいいのだが、それがはずれるとあっという間にゴール前になるのは問題、課題といえそう。
一方、さすがは甲府のバレー。この人の強みは、ゴールに向かってくる低いクロスの時に一番でる。まさに2点目はその展開。思わず、クロスがあがった瞬間に「あっ、入ったわ」て叫んじゃった。
チームもスタイルが固定して選手の意識もはっきりしている。リーグをかき回す存在になるね。

到着時は春の陽射しで暑いくらいだったのが、帰りぎわには風が強く肌寒い天候へ。春とはいいきれないか。でも来週はどうなのかな。って日曜はカンカン照り?
帰りの電車は京葉線を利用して帰宅。やはり2時間かかるのはつらい。

|

« パイを小さくすると | トップページ | 相手先のいない呼びかけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/9049762

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇我フクアリに春はきたのか(3/11):

« パイを小さくすると | トップページ | 相手先のいない呼びかけ »