« 西からのネタ2題 | トップページ | こちらもWC本戦出場。おめでとう。 »

2006/04/21

まくるフットサル、逃げるはどこ?

フットサル日本選手権を見たときに思った夢想が早々と実現しそうである。
2007年の秋からフットサルの全国リーグを開始すると日本協会が発表。
最初は8チームを公募し、H&Aでの2回戦もしくは3回戦で実施予定とのこと。将来的にはプロ化も想定している。
20年前にJリーグを立ち上げるのに5年程度の準備期間をかけたの対し、プロ化ではないとはいえわずか2年でリーグを整備するフットワークのよさは他の球技団体にはないところだ。(その意味でバスケットbjリーグは頑張りました)
サッカーのサポーターから言わせればこれでも「ダメダメ」なんだろうけども、よそから見れば、「潜在する人気・普及への努力・予算規模と確保能力・計画立案と実行能力」で全くの別次元に見えるはずだ。
さらに、参加するチームのどれかでも現在のJリーグ加盟チームと提携もしくは傘下になった日には会場の体育館がどうなるかは想像に難くない。
バレーの東京ダービーのような光景が一杯発生するわけだ。ちょっと楽しみ。

もっと根本を言えば、「J1,J2のチームは予算的/過去の経緯的に無理でもフットサルならこの町でもプロチームをもてるかも!!」って今、妄想してませんか?。いいんじゃないでしょうか。これでプロサッカーチーム、100どころか500でも目指しちゃってくだせい。

一方で、おわれる立場となる、バレーを筆頭としたバスケ、ハンドの秋冬室内球技は真剣に対応をしないと冗談でなく、動員能力の高い体育館を確保できなくなることを覚悟しないといけない。ちゃんとH&Aの体制を作って優先的に利用できる会場を確保しないと言葉通りの「ドサまわり」になるはめかもよ。
どーせ、初期の8チームの所在地は重複するに決まってるんだから。

|

« 西からのネタ2題 | トップページ | こちらもWC本戦出場。おめでとう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/9698989

この記事へのトラックバック一覧です: まくるフットサル、逃げるはどこ?:

« 西からのネタ2題 | トップページ | こちらもWC本戦出場。おめでとう。 »