« ユニバな現場2(5/14) | トップページ | IFは同時にはおきてくれない(5/18) »

2006/05/15

私しゃにとってはサプライズではないぞ

今日発表になったWC本戦向けサッカー日本代表の23人の選出でサプライズ発生と報道されておりますが、わたしはあまり驚かないというか当然と思っておりやす
「なんか自分の予想が当たったかのような感覚。」と、一人ほくそ笑んでいるのだ。23人をみるとなんかいいメンバのように見えてくるから不思議。
ただし、おそらく最後の判断となったであろう巻、そして玉田の担う役割は相当大きいとみた。失礼な言い方だろうが求められているものとして巻は「つぶれ役」、玉田は「ゴール前でフリーキックをもらう役」だ。どちらも大役だよ。
というわけで大真面目にエールを送っておこう。

その巻くんからみだが、日曜に行われたナビスコ杯に前日の代表戦から連戦出場をしたことで試合後、清水サポからエールを受けていたとか。
彼のどろくさいプレースタイルは日本人好みという言い方もあるがそれでもやはり期待されていたということだね。選出おめでとう。

一方、スケジュール調整と関係者がちゃんとフォローしていれば巻くんのようにサポから賞賛をうけたかもしれないラグビー日本代表候補の矢富くん。
運がないというかなんというか自滅というか。たしかにどんなスポーツの世界でも「代表よりもクラブ、というか自分の価値判断が優先。」という選手はいっぱいいる。
サッカーでも移動メロンパン販売で最近活躍している元日本代表、山田隆裕氏なども「試合で使ってもらえないなら日本代表にはいかない」と公言していたというし。昔、JSL時代の読売クラブの選手も代表召集を断るなんてのは良くあった。
でも、その理由としてはプロ意識からくるものが主だったようで「代表召集期間の金銭保障」(要はクラブで出場した方が試合給がでる)といったことも辞退理由だったよう。
現在サッカーにおいてはその点は整理されたし、ラグビーでもさすがに日本代表としての活動費用を選手が自前持ちってことはないだろうし。
そして矢富くんは大学4年生だから、どのみち給与はもらえない。と以上のことより
地元京都で錦を飾りたい(いいかっこしたい)、
(京都ラグビー祭、親善試合:同志社大 0-79 早稲田大)
というだけで払った犠牲としてはかなり「もったいねーな。」と思うばかりであります。

|

« ユニバな現場2(5/14) | トップページ | IFは同時にはおきてくれない(5/18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/10084238

この記事へのトラックバック一覧です: 私しゃにとってはサプライズではないぞ:

« ユニバな現場2(5/14) | トップページ | IFは同時にはおきてくれない(5/18) »