« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/25

葬送、なぐさみ、そして再びへ(6/25)

今日は文化的に行動。13年ぶりくらいに渋谷のオーチャードにいく。あまり音響的に評判がよろしくない割には立地が抜群でもあるおかげかそれほど不人気というわけでもないホール。でも、現在は東京フィルとN響くらいしかコンサートはしない。オペラの回数も減ったような。で今日は東京フィルの定期演奏会である。前回のコンサートから2ヶ月ぶりなので楽しみ。

一方でこの2週間の結果としてサッカー日本代表は残念な結果となった。しかし個人的には過去一番楽しめたWC予選リーグだった。その一方で予選にくらべれば甘いお祭りな世界だなとも思った。
甘いといわれればそれまでだが、勿論本戦でもいい結果をだしてほしいが、予選こそWCの本質だなと。そして次は予選ともども本戦でも胃に悪い世界を展開してくれ。そして次回の予選はもっと胃に悪い世界になるだろう。

なんて思ってやってきたらなんとも今日の演目は意味深な並びになってしまった。

バーバー:弦楽のためのアダージョ
コープランド:クラリネット協奏曲
ストラヴィンスキー:火の鳥(全曲)
のラインナップ。
なんなんだ、この事前に予告されたかのような・・・、
そしてクリスチャン・ヤルヴィ指揮の演奏を聴いていけばいくほどその思いは確信へ。

弦楽のアダージョはアメリカの要人が亡くなった時の訃報放送で流される音楽ということ、さらに映画「プラトゥーン」の悲劇的場面での伴奏として名を知られているが、
今日ほど「葬送曲」として演奏されたことはない。と感じるほどの長々しさ、重々しさであった。
思わず、岩城氏への追悼の念とサッカー日本代表の終戦に対する区切りの言葉が浮かんだ。ただ、他の人にとっては眠たい演奏だったかも。隣の人は寝てしまった。

その後はクラリネットソロのリチャード・ストルツマンのノリノリパフォーマンスに道化を感じながら見事なテクニックを愛でる。悲しみを和らげるには「楽しみ」が一番。いやスゲーわ。あそこまでのキーテクニックをされると息継ぎの変な音も許してしまう。

そして、「火の鳥」。日本では昔から不老不死であり、滅しても必ず蘇える、再生するという不死鳥としての扱いを受けている。さらに手塚治虫による作品で私もかなりスリコミされている。最近ではファンタジア2000での「火の鳥」も残酷なる不可避な死。そして死からの再起を扱っている。

さー、次ははじまったのだ。

もー演奏はこれでもかとばかりのロマンチックな内容。この指揮者一族であるヤルヴィ一族の隠し玉はスーパーロマンチストである。評価は割れると思うが、私個人としては凄くうれしかった。今日で思いっきり吹っ切れたような気がする。
さて、もうすぐ夏である。

今年はいくぜどっかの山へ。(たぶん)
だから普通に休みとらせてね。(どっかにお願い)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/17

ひさしぶりに手作り背番号を見た(6/17)

F1000292 サッカー、野球、ラグビーと春夏シーズンではあるもの同じ種目を繰り返すのは面白くない。というわけで前々からこの日は1点買いで計画していた場所へ移動。つっても日吉ですけど。慶応大学の日吉ホッケー場へ。ついに念願の日本ホッケーリーグ公式戦をみようと言う訳。東京近郊ではなかなか試合してくんないのでやっとこさである。
とりあえずあまり馴染みがないだろうから概要とメンバーをご説明。リーグとしての歴史は女子の方が長く、男子は昨年から開催されているはず。はじめから社会人と大学の混合リーグである。来年卓球も日本リーグを社会人、大学混合にするらしい。
男子のメンバーは
名古屋フラーテル(旧、表示灯。今年よりクラブ化)、天理大学、東京農業大学、飯能市ホッケークラブ、Serlio島根、小矢部Red ox、立命館大学、法政大学、山梨学院大学
の9チーム
女子は
天理大学、グラクソ・スミスクライン、南都銀行、ソニー一宮、山梨学院大学、東海女子大学、立命館大学、コカコーラ・ウェストジャパン
の8チームでそれぞれ2回戦総当り。どんなゲームなのかはこっちを見てくれ
今日、明日と日吉では男子の 名古屋、飯能、東京農大、法政大が試合をする。
今日の組み合わせは 名古屋-飯能と東京農大-法政大。
名古屋は表示灯時代はTVの日本選手権等でみた程度だがそれでも無敵を誇ってきたチーム。それ以外の社会人、大学チームはチャレンジャーという立場。なので、1試合目が一番おもしろそう。

F1000290 で会場についた時には1試合目の選手紹介をしていたが、あらっっ、まっ、まさかおお、日本のトップリーグの公式戦で手作りの背番号をしょった選手がでてくるとは。あまりのショックにその時は写真撮影を忘れたが、2試合目にもいましたのでパチリ。(ただし、サッカーJリーグでも前科あり、忘れませんよ広島さん)まだ、大会規模が小さいのとクラブの事情等考えるとやむをえない点もあろうかと個人的には納得。でも将来的にはなくさないかんですよ。

F1000291 試合開始直後から名古屋が細かいパスワークと前線からのプレスホッケーを展開。目の覚めない飯能を圧倒して開始10分で3点先取。やっと目覚めた飯能はその後は互角の展開をしただけに試合の入りかたは非常に残念。7-3で名古屋が終始ゲームコントロールしての完勝。
でも両チーム個々人のテクニックは素人目にもすごい。杖でジダン張りのルーレットを決め、オフサイドルールがないのでものすごいコースを通すパスなんかが炸裂して私個人的には大満足。ペナルティーコーナーの得点に偏らない展開だったのもよかった。
今年男女とも日本代表は世界選手権に出場するので見る機会を作るのは難しいかもしれないがぜひ一度観戦してほしい。

F1000289 2試合目の東京農大-法政大は1試合目に比べると少し間延びしたプレッシャーの少ない展開でチーム全体のレベル的には劣る点があるのかなと思いつつ観戦。そんな中東農大の手作り背番号26番のテクニックは抜きん出ていた。フリーにするとドリブルで何人でも抜いていく。そしてその人の活躍で東農大が4-2で法政に勝利。
隣にいた観戦者の話を拾い聞きしたところによると、どうもOB社会人によるオーバーエイジ選手らしいとのことだが、真偽はわからず。ほんとはプログラムを買えばよかったのだろうけどすんません、今回は回避しました。
できればこの闘い、大学の練習グランドでなく、ちゃんとした球技場で行えるようにしてほしい。その点ではホッケーはこれからも会場整備にがんばらないといけません。特に東京都内はさびしい状況で。まずは駒沢の第1球技場に人工芝整備をと思うのは私だけか。サッカーやラクロスのためもあわせて東京都さん、よろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/16

注目ー、そうだー、なんだー、何なんだー(6/16)

F1000284 今日、再び横浜で仕事をして帰ろうかとしていると横浜スタジアムから拡声機やブラスの音がビンビン響く。なんぞやと思ってよってみると野球の都市対抗野球の神奈川予選をやっている。「あらら、こらいい機会だわ」とばかり1000円で中に入ると、サッカーの応援風景とは全く違う風景が展開されていた。
都市対抗野球の神奈川予選は3枠を企業4チーム+クラブ4チームで争う状況。今でも厳しいが昔はこれにいすずや日本鋼管等が加わっていたわけでまだましなんだろう。この第1代表を日産自動車-東芝で争う。敗れたチームは第2代表、さらに第3代表決定戦と負け残りとなる。

F1000285 F1000286 第1代表決定戦ということで、平日ながらどちらも動員を図った。決して多い観衆ではないながらもビールの売り子さん、フル回転してました。日産、東芝ともにはじめから予選落ちすることなど想定外であろうができれば今日ですっきり終わらせたいと願う業務として頑張っているはずの応援社員の一同。
でも後1敗許される状況だけにまだ悲壮感はないので応援もフレンドリー、サッカーのような殺伐とした成分は一切なし。
F1000288 両チームの応援風景をのぞいてみるがすげーよ。ドラムセットがあるよ。たかが予選でここまでやるか。どうしてこんなものを調達するんだ。見栄の世界だね。
日産は大学野球の系譜をそのまま流用。たぶん明治や慶応のOBを迎えているとしか思えん。(演奏を聴けばわかってもらえるはず)東芝も似たようなもんか。どこを招いているかはしらんがブラスバンド、チアリーディングのおいしいバイト先となっている模様。
他の地域はどうかわからないけど、神奈川県の予選はナイター、しかも横浜スタジアムを使って開催するとは太っ腹なことで、思いっきり社員のレクレーションとなっております。こういう風景をみるとサッカーは「祝祭の王様」だけど野球は「娯楽の王様」なんだなーーーと思う。観る側にとってこの気楽さは偉大だ。
とはいうものの秋の大会とは全く扱いが違うのには驚いた。これでは都市対抗本戦に出場するということは野球人生どころか人生そのものを左右しかねん。選手側にとってはあまりにも唯一の評価対象でありすぎ、酷な世界ではないかと心配になるくらい。
でも企業にとっては予選でここまで予算をつかうようでは年に一回しか応援体制を組めないのも納得してしまう。個人的にはサッカー的な世界の方が好みではあるが、この応援風景は魅惑的でもある。しかし、球音もへったくれもないのは閉口。

試合は2-2の緊迫した状況を7回に3ランで東芝がケリをつけた。日産は明日、三菱ふそう川崎と第2代表を争い、第3代表戦には三菱重工横浜が待っている。
いずれにせよつらい連戦ですこと、ご愁傷様。本戦でないと取締役はこないのかと野次を飛ばす私。あっ、でも自分の会社の社歌もしらんような人間には野次飛ばす資格ないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/13

追悼の記し

岩城宏之氏死去のニュースをHP速報でみる。個人的に一番好きな指揮者だけに悔しい。
あぁ、悪いことは重なるのだなーーー。
もうこの4,5年は大病の繰り返し、手術や入院を何回もしながらも必ず指揮台に帰ってきた。
しかし、ついに。・・
3,4回、聴きにいったのだがもう演奏聴けないのか。
今一番親密な関係であるオーケストラアンサンブル金沢は数年前から覚悟していたことであろうが、岩城氏を継ぐのは誰になるだろう。1年以上先にはなるだろうけどそれでも空位ではすまない。
今日本に岩城氏の存在、業績をまんま継げる人材はいないから、全く違うスタイルの人を考えなくてはならんかも。
最近お気に入りの金聖響氏も候補の1人だろうが、色恋沙汰がでるくらいちと若いからな。もう1つ上の世代でどなたか立候補を。そして来週のN響アワーは追悼番組を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/11

屋根ほしい。あぁ屋根欲しい、屋根ホシイ。(6/11)

F1000283 明日はサッカー好きにとってはやはり一つの決戦ということで、ブログだけでとはいえ多少なりともサッカーに関わっている自分としてもいい結果を願っております。
そして、例年このタイミングなんだけど、何もこのタイミングでしなくてもと思いつつも強行開催されてしまった、ラグビーの国際親善試合、日本-イタリア戦。フットボール仲間としてはやはり見ておきたい。去年はアイルランドに完敗したが、今回はどうか?
占いじゃないけど、いい結果がでれば『明日の吉兆である』と喜び負ければ『申し訳ないが、より大切な試合のための捧げ物』と解釈する予定で観戦にしにいった。
前座もあるということで、久方ぶりに雨用完全武装をした上で出陣。11時半に秩父宮へ到着。
前座は「U23日本選抜」と「U23外国籍選抜」の練習試合に毛がはえたものだった。雨が降ったため、お互い無茶はしない。時間帯によっては個人レベルで全快で戦う人もあったが外国籍軍は全体練習を1回やった程度だろうからハナからチームとしての真剣勝負にはならない。ある意味予定調和的に17-17の引分けで終了。ただ、崩れたプレー時の1対1で外国籍選手の能力の高さは日本人のそれを凌駕しているのは事実だと思った。

F1000280 さて、本番のイタリアだが、おおアズーリだよ。みんなそれほどいかつくはない。パッと見サッカー選手のよう。でも、背中と首が鍛えられている。体積は日本選手も同じだが、密度が違うって雰囲気濃厚。
試合結果は52-6でイタリア。「明日のために生贄を捧げました。よろしくお願いします。」
イタリアのFWは日本を立ってプレーさせない。日本はボールキープでイッパイイッパイ。なんとかバックスに回しても、狙い撃ちでタックルを受けて撃墜。
イタリアはマイボールなったら、FWで突進か・バックス裏もしくはハイパントのキックで日本のミスをさそって攻める。それにしてもイタリア人、ボール蹴るのやっぱりうまいわ。日本のラグビーはキック力の弱さ、キックキャッチ処理の拙さは昔から指摘されているが、今回もそこを徹底的につかれた。日本は攻める機会を全くといって作れず、点差以上の完敗。

雨でなければ、日本の展開がもっとでて点をとれただろけど、それ以上に失点したはず。それでも来年のWC本戦はほぼ間違いなく出場できるだろう。このギャップが今日の試合終了時の観客の反応に現れていた。拍手とブーイングがない交ぜになった風景。でも初めてブーイングの方が勢力大だったように思う。

F1000281 それにしても会場が一番盛り上がったのがU23外国籍軍のハカ(ウォークライ)ofニュージーランドやハーフタイムの歌手の演奏では悲しいわ。でも数あるうちなんでニュージーランドを選んだかはわかるような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

地方出身者のひがみごと

/ja あやつる YmrDhalmelさんからコメントをいただいたのだが、ユニバのスポーツは相当に難しい存在になっていると思ったり、撤回したりをぐるぐる繰り返している。

単に選手個人の楽しみとしてまたは種目の技術向上を目的に試合に挑むという点では現在の状況は何も問題はないだろう。
しかし、種目なりリーグの人気向上・維持という役割をもし与えられたとしたら。そして現実に与えられている種目、リーグがあるという事実からみるとどうなのかと思うのである。

この話のまな板にのぼるのは当然ながら野球、ラグビー、アメフトであり、かつては男子バレーもそうだったりして。そして脱落者としてサッカーを筆頭として他となるのか。
たぶんこの3種目にある共通項をだすとしたら、耳障りはよくない言い方だが、
「有名ブランド校が常に対戦する状況」を仕組みとして用意している(orだったりandだったり)「部員数(学生数と言い換えてもいい)がものをいう種目」
といったらかなり怒られそうだな。

野球では東京だったり関西だったりの6大学リーグなどをみてもわかるようにメンバを固定。それ以外地域でも複数のリーグが存在している。
で、昨日首都大学だけでは飽き足らず、東都大学リーグの1,2部入替え戦、國學院-立正戦を観戦して(立正が9回2死ランナーなしから3点差を追いついて延長10回に6-5でサヨナラ勝利)、
東京6大学の下位グループがこの2チームに対抗できるかと問われたら『まず無理。』という感想にいたった。
下からの突き上げがあるリーグはレベルが高くなるという典型であろう。でも人気は有力メンバ固定の方がはっきりと上。歴史的な経緯から不可能であるのは承知の妄想ではあるが首都や東都、6大学が統合されたらどうだろうと。
種目としての実力は向上するはずだが人々をひきつけるものは減ってしまうのだろうか。
私はあまりそうは思いたくないのだが、現実はそんなところだろう。事実、関西では分裂した経緯がある。でも、その結果生まれた関西学生野球リーグは当初想定していたほどの人気は獲得できていない模様。ここは関西の大学のネームバリューの地盤沈下が大きいかなと。今は関東の大学以外で人気を獲得するのは至難の業であろう。
さてラグビーでは対抗戦グループという歴史的経緯の化け物のような存在があるが、これも理論的には入替えがありうる。だけど下の状況を見る限り早慶明の組み合わせが崩れるとはだれも思っちゃいないし、起こそうとする気配もない。今や全体の実力はリーグ戦グループより下であるといって間違いないのだけどやっぱり野球と同じなのだ。この2つが統合されることは永遠になさそう。
アメフトはとにかくプレーする部員数がものをいう種目だけに結局ネームバリューのある大学が有利だ。そして事実学生数の多い(≒ネームバリューの高い)大学がリーグ上位に固まっている。

人気はあるが上記とは違う例外としては駅伝かな。TV中継により東日本の大学の手っ取り早いイメージアップ手段となってしまってからは人物金をどんとつぎ込まないと出場自体できない存在になってしまったが、へんな言い方で「選択と集中」が可能な種目である。

他の種目も頑張ってはいるのだろうが、リーグという形をしている以上は実力あるチームと潜在的な人気の素養をもっているチームが同時にそろうことは無いわけである。
それを是とするのが本来のすじであると私も思うのだが、では単にひっそりと関係者だけの世界にしていいのかと思ったりもする。
そこに今はクラブという概念も生まれてきたわけで大学スポーツは純粋に実力向上や楽しみを目指す世界でいいのだと無理やり思うようにはしている。
人気という部分はクラブなりが引き受ければいいとその方が動きやすいはずだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/04

なんか端境期っぽい(6/3)

F1000279 ちょっと今回は短く。
J2、JFLともに近郊での試合なし、なでしこは日曜、西が丘であるけどベレーザで繰り返しになるのでちと回避。大学も場所がよくわからないところなのでこれも回避。
よしこういう時こそ4部の関東リーグと思ったらなぜか今週は休み週であった。

ということで、安易な選択をすることに新横浜にナビスコ杯の準々決勝、横浜-磐田・第1戦を観戦。残念ながら観衆はちとさびしかった。開港記念日ウィークということでベイスターズの方にお客様を奪われたかな。

F1000278 試合のほうも前半はちとさびしい内容。パス交換の技術は双方高いのはわかるのだが、ボールを持ったときのファーストチョイスがパスありきになっているようなところも散見した。
ここが日本の欠点なわけでシュートすべきタイミングではシュートしましょう。
前半終了直前に磐田が先制したことでやっとゲームが動くようになり、後半開始直後に横浜同点。
試合終盤に横浜が久保、ハーフナー・マイクのツインタワー+松田の高さ勝負をしかけて終了直前のCKで久保のゴールで勝利。
1週後に日本が苦しむ光景ではないかとちょっと思ったりもした。
てなわけで2-1で横浜先勝。ただ、アウェイゴール2倍ルール採用なので磐田はホームで無失点勝ちをすればいいわけである。次戦はもめる予感。
浦和-川崎も4-3で浦和勝利も代償は大きい。次戦では亀になる浦和がみれるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »