« 2つの喧騒をさけて行く先は(7/22) | トップページ | 先に宣言したもん勝ち »

2006/07/24

我望。あさぎり争奪対抗戦(って違う)

2つ前の記事を書いたが結局茶番であったことが判明してしまい、記事を書いたこと自体を恥じいっております。チーム所属の選手皆さん、これからの行動はよく考えて行っていただきたく願います。
気分が悪いので現実逃避ネタ。今日、都市対抗の組みあわせ発表なのでそれをみたら、
「あら、まーー。JRさん、なんか他が停滞してる間にか勢力を拡大してますな。」
昨年の事故によって活動休止中の西日本をのぞく、全ての部活チームが本戦に出場しているんである。
(北海道、東日本東北、東日本、東海、四国、九州)
もちろん、国鉄時代は管理局ごとにあったはずなのでもっとチームは多かった。だからこれでも整理したのだろうが、それでもおっとろしいくらいの1大勢力。NTTでも3つ(今年、北海道がへるので2つ)。かつてはうじゃうじゃあった新日鐵でも1つか2つのはず。
この原因は他の企業チームがチームそのものをどんどん消滅させているうちに相対的に地位が上になったというのがほんとのところであろう。

というわけで望んで得た状況ではないかもしれんが、それでもお祭りとしてはよろしいのかな。
ただ、非常に残念なのは、連盟が素晴らしいバランス感覚をもってクジを引いたらしく、1回戦で直接のダービーがないということである。東日本東海の直接対決を開幕戦でやるくらいの『調整』くらいしてもバチはあたらんと思うのだが、企業内ダービーは燃えるんだけどね。日ごろの恨みは大きいはずだし。で、勝った方(いや負けたほうか)来年の御殿場線の運行管理をするってのではダメ?、ダメですよね。

で、サッカーにおいても同じように社内サッカー大会から発展してしまい今や1大勢力となった佐川グループがある。
部活チームやスポンサードチームもこみでかつて佐川急便を名乗っていたものを含めると
3部で3つ。(東京、大阪、印刷)
4部で4つ。(ヴィーゼ塩釜(旧東北)、中京、FC MI-O Kusatsu(旧京都)、中国)
で去年は5部にさらに1つあった(残念ながら活動停止)。さらに埼玉県リーグにも次が存在している。

3部、JFLの佐川東京-佐川大阪の『佐川ダービー』は大阪がホームの時だけはホームの大阪側は実業団まるだしの応援風景になるときく。是非みてみたい風景である。
東京でも大学サッカーの早慶定期戦では野球の応援団がくりだするらしく、今の時代では違和感ありまくりで大阪でのそれに近いらしいのだが、平日開催ではなかなか機会がもてない。でも1回は見てみたいもんだ。

次は真面目に。
バレーのVリーグに三好循環器科EKG大分を昇格させることが本決まりになったとか。
正直なところ、成績や実力云々よりもクラブの運営体力には多いに疑問符がつく。九州全体でスポンサーを募るとはいっているが、それとてうまくいくかどうか。
範囲を広げることでホームの定義が薄まりそれではクラブチームとしての存在意義がなくなる可能性があるから。
さらに試合による収入はほとんどチームに入らない。スポンサーは持ち出し一方となりかねない。
それこそ、どっかの野球クラブと同じで公式戦以外のエキシビションでどさまわりするしかないかもしれん。
それを覚悟しないといけない。でもそれを覚悟してリーグに望む、そしてリーグに物言うのであれば、チームさえ続けばいつかは立派なプロクラブになれるはず。

|

« 2つの喧騒をさけて行く先は(7/22) | トップページ | 先に宣言したもん勝ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/11087390

この記事へのトラックバック一覧です: 我望。あさぎり争奪対抗戦(って違う):

« 2つの喧騒をさけて行く先は(7/22) | トップページ | 先に宣言したもん勝ち »