« 葬送、なぐさみ、そして再びへ(6/25) | トップページ | イルカになりつつある人達を観る(7/2) »

2006/07/01

合同練習試合にようこそ(7/1)

F1000297 むすねー。蒸し暑いよ。まだ暑くはないけど、非常に不快な天気ですわ。
先週は文化的にすごしたけど、今週は変人モードでいくのだ。によって、許せJ2。今週は回避。
で、朝もはよから、南武線を北上。分倍河原で京王線を1つの中河原下車。ここで30分ヘッドの無料送迎バスを利用して東京府中にある男子NECの練習拠点となっている府中ニューライフプラザに初めていった。
にしても、男子バレーのファンは女性客多いすね。キレーな格好した娘さんがバス停に並んでいるのをみて後ろに並ぶのやめて「帰ろうかな」って思ってしまった。私には不釣合いな場所かな。といって逃げるわけにもいかん。しかもここにいるのはニワカファンじゃないからね。

バス揺られて10分。目的地に到着と。なるほど見事な設備ですわ。本来はNEC社員のための施設なんだろうけど、体育館についてはバレーで3面。ハンドボールでも2面はとれる。観客席完備という福利厚生施設としてのレベルを超えている。普通は「富士通体育館でも立派だよな」と思うぐらいが相場なはずだが、これは立派な競技施設として成り立つ。道理で関東大学バレーがよくかりている訳だ。
今日見に来たのはバレーの1部、2部チームが参加するサマーリーグという代物。ただし、参加に強制力はないらしく男子17チーム全てのうちVでは東レ、サントリー、堺の前回Vリーグ一,二位チームが不参加。V1も学生主体のクラブチーム(近畿クラブ、TUV)は学連優先のためか不参加。そのためか、あまり告知もされず、例のサイトでも紹介されず、さらに無料試合という「合同練習試合」としての雰囲気をプンプン匂わせている。
今日は3日日程のうちの2日目、6チーム参加の総当りを3日で消化するため、初日、2日目と各チーム2試合消化しなくてはならない。それを2面のコートで3チームずつ巴で朝10時から消化するというなかなかの強行軍。そしてここではVからの参加2チーム(NECと豊田合成)が日程的に有利な扱いを受けている(第1と第3試合をするのだ。)哀れ他のV1チーム(東京ヴェルディ、FC東京、警視庁、富士通)は必ず連戦のはめとなる。
これじゃーリーグとしての公平性は保てないわな。でも、練習試合と思えばどうってことない。
F1000298 F1000296 事実、Vチームにとっては外国籍メンバもいないしで試合はあくまでも若手や新しい試みを試す場のよう。NECは1試合目と3試合目でメンバを振り分けて試合をしていたようだ。豊田合成も若手選手で試合を行っていた模様。ただ、メンバにはうといのでよくはわかっていない。
そんな中、日本代表のNEC細川が第1試合アップゾーンで「自分は絶対でないよ」とばかり見学モードで試合を見ていて、「なんとも真剣味の足りない試合だこと」。

でも、そのせいか試合はVチーム、拮抗どころか大苦戦。
NECは第1試合の警視庁に結果的には3-0で勝ったもののバレーの質では劣った内容であった。
それは豊田合成も同じで何とか3-1で勝利も来シーズンV1昇格の富士通に1セット目を奪われるは、2セット目もデュースをなんとか拾ったものの奪われていたらそのまま撃沈していただろうという内容。
どちらもどのチームが上位リーグにいるのかわからない状態であった。
外国籍選手がいない状態で単なる打ち合いをするとあまり差がでないという点がわかった。たしかに選手の技能はあまりかわらない、あるとすれば体格、スタミナの差だけ。
でも、これに時間をかけてブロックを整備するとだいぶ状況がかわるのだろう。

F1000295 F1000294 2試合目はV1上位の東京ヴェルディとFC東京が登場。ヴェルディはローテーションによっていい時と悪い時とがはっきりしているようで、まだ試行錯誤段階なのか。
富士通にフルセットで敗れた。FC東京は体力消耗分鈍かった警視庁を順当に破った。


F1000293 都合上、3試合目のNEC-FC東京戦の途中1-1で帰宅したのだが、やっぱりNEC苦労してました。楊監督はかなりイラついていたのでチームのできにはかなりご不満の様子。

この時期に試合をするのは私個人としては観戦の機会があってありがたい。観客数も6チームが同時に見ることができるせいもあってか300人程度はきていた。でも、タイトルの価値は全くなさそうな試合。観客もタンタンとみてました。ただ例外としてヴェルディサポ。せっかく応援していたのに負け試合。しかも途中で日産スタジムへ弾幕を張るために途中退席とは。かわいそうに、というかご苦労様、サポの鏡とでもいっておきましょう。それを目で笑っていたFCサポ。ただし今日は徒党を組まなかったようだ。明日はするのかね。とりあえずダービーだし。でも絶対浮くよ。

追加:そういえば、日本代表:宇佐美の姿がないなと思っていたら、こんな発表が。さてどこいくんでしょうか。

さらに、ダービーではFC東京サポは徒党を組まなかった模様。タイトルのかかった闘いでないと燃えんようだあの人達は。現状では燃えないことについては納得する。

|

« 葬送、なぐさみ、そして再びへ(6/25) | トップページ | イルカになりつつある人達を観る(7/2) »

コメント

おお!一日違い!最終日のダービー観戦に行ってきましたよ。
やはり変人繋がりですなー。ここまで観戦試合が被る方は初めてです(笑)

ダービーですが、ご指摘の通り自分のパターンが多いFC東京が勝った試合。#3福田が後衛のフォーメーションで、福田が好レシーブを連発。そしてレフトに流してクロススパイクというお決まりパターンが通用しすぎた試合でした。
お互いに練習試合の雰囲気だしまくりで、ヴェルディサポが浮いていたリーグでしたね。

投稿: TK | 2006/07/07 03:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/10750114

この記事へのトラックバック一覧です: 合同練習試合にようこそ(7/1):

» サマーリーグの青赤 [icebox]
初日  東京 3−0 富士通(V1リーグ)    東京 1−3 豊田合成トレフェルサ(Vリーグ)2日目 東京 3−0 警視庁(V1リーグ)    東京 1−3 NECブルーロケッツ(Vリーグ)3日目 東京 3−1 ヴェルディ(V1リーグ)[Vリーグが1部リーグ、V1リーグが2部... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 16:47

« 葬送、なぐさみ、そして再びへ(6/25) | トップページ | イルカになりつつある人達を観る(7/2) »