« 等々力公園のすごしかた(7/9) | トップページ | このくそ蒸し暑い日本へようこそ(7/15) »

2006/07/13

自虐的ネタ

ココログ48時間耐久レース終了記念、ひとこと。
classicaさんより阿部寛主演のドラマの話を読み、さらに今日TVに出演していた姿をみたが、
「どうみても当人がモデル?」という雰囲気を濃厚に振りまいておりました。一人遊びが大好きな人間。あぁ救いがない。
わたしゃ、TVドラマなんざみない生活を続けてうん十年たっておりますんでこういう話には全くノレナイのだが、同類でもみて拒否反応でも起こしてみましょうかね。
しかし、クラオタとはいいながらも好きな曲がマーラーやショスタコの5番というところがTV的救いなのかな。まだポピュラリティーがある。
ここでブルックナーの5番がでてくると、クラオタ的にも救いのない笑えないギャグとなるのだが。同好の女子からもあまり好意はもたれんよ、ブルックナーだと。
えっっ、わたしゃ?。いやギュンター・ヴァント指揮のCDもっております。
で、それが何か。

|

« 等々力公園のすごしかた(7/9) | トップページ | このくそ蒸し暑い日本へようこそ(7/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/10922286

この記事へのトラックバック一覧です: 自虐的ネタ :

« 等々力公園のすごしかた(7/9) | トップページ | このくそ蒸し暑い日本へようこそ(7/15) »