« このチームはもう個人のものではないはず | トップページ | 我望。あさぎり争奪対抗戦(って違う) »

2006/07/22

2つの喧騒をさけて行く先は(7/22)

F1000311 今日等々力では川崎-浦和の試合がある。でも私はいかない。というか行けない。
アーそういえばと思い出したときにはすでに切符完売してました。
というわけで、外から聞える喧騒でもBGMにすごそうかなと思っていたのだが、そうはいかなくなった。
それ以上にうるさいシチュエーションが待っていたのである。こちらも忘れていた。
そうだよ、川崎踊り。今年も近くの神明神社で土日に盆踊り大会が挙行される予定。
去年、2時間きいただけで頭くらくらするくらいヘビーローテーションで川崎踊り、他大勢を聞かされただけに土日連続で聞いてたまるか。
てなわけで現実逃避をしようとしたのだが、やっぱりそういう時にも行く先は三ツ沢球技場。なにが現実逃避なのであろうか。

F1000310 三ツ沢の方の試合は横浜FC-湘南。横浜はいまだ単独2位をキープ。ほんとに1部あがれそうな感じである。しかも京都からアレモンをレンタルして守備的からより攻撃的に変貌しようとしている。
試合でもその端緒は感じられたが、今日に限ってはあまりチームパフォーマンスはよろしくないと言っておこう。アレモンの役割がまだ決まっていないようで単なる城の入れ替わりはできない。そのため、前見たときはかなりフィットしていたと思ったアウグストが逆に消えていた。入れ替わって城が入ってはじめてアウグストがプレーしている風景が見えたし、まだまだのよう。
一方の湘南もチーム的に何がしたいかが見えにくい。サイドをいかそうとしているらしいが、結局中央の司令塔アジエルに頼った展開でしか前でボールをもてない。
そんなせいで、前半は互いにシュートチャンスはほとんどなかった。でも、たった1回の横パスかっさらいからカウンターチャンスで横浜FC・アレモンが1点先取。
サッカーってこういう感じで点が入るんだよね。って典型。

後半はお互いに守備がルーズになってシュートチャンスだけは増えてきたが湘南には決定機までいく場面はなし。この間に横浜としては2点目で試合を終わらせたかった。ゴール前でのシュートで湘南守備陣がハンドでPK?って場面もあったが結局お咎めなし。
こうなっちゃうと形勢は逆転。湘南がゴリゴリパワープレーらしきものを敢行すると、ロスタイムのCKで長身FWフラビオが見事おとりになって湘南・北島の同点ヘッド。で引分けーーー。
サッカーってなぜかこういう場面で点が入るんだよね。って典型。

最後は盛り上がったがちょっとパフォーマンス的には不満が残る試合であった。
帰りの電車では菊名駅よりどうも横浜アリーナでジャニーズのタレントがコンサートを開催したらしく、どっと10代の女性グループに囲まれて、
「大野君(誰?)かっこよかった」とか「前列のおばさん達マナー悪い。」とか、色々と教えていただきました。どこの世界でも自分以外のマナーの悪い人は許せないようで、クラオタでもサカオタでも同じでございますです。

|

« このチームはもう個人のものではないはず | トップページ | 我望。あさぎり争奪対抗戦(って違う) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/11061542

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの喧騒をさけて行く先は(7/22) :

» [横浜FC]J2第29節 対湘南ベルマーレ@三ツ沢 [ウタカタ ノ ヒビ]
横浜FCは、ホーム三ツ沢で、神奈川ダービー湘南戦を戦い、前半苦しい展開ながらもアレモンのビューティフルゴールで先制しますが、試合終了間際一瞬のエアポケットから湘南に同点ゴールを許し引き分けに終わりました。 湘南は出場停止で大幅にメンバーが変わっており、横浜... [続きを読む]

受信: 2006/07/23 12:46

« このチームはもう個人のものではないはず | トップページ | 我望。あさぎり争奪対抗戦(って違う) »