« 秩父宮の風景は今年もかわらない(9/30) | トップページ | まるで心はダブルブッキング(10/7) »

2006/09/30

なにやら地元に「ゆるキャラ」あり

わたしゃほとんど関心をしめさないのですが、帰省先におきましては、来年3月から10月ににかけてようわからんけど、「彦根城築城400年祭」という名の皮を被ったたぶん観光PRを行うとのことらしい。
で、そんなのはどうでもよいのだが、そこで製作されたPRキャラクタが「ゆるく」て評判になっているという。
こんなんだそうな。 (名前は「ひこにゃん」)すまん。わたしにゃ、どこのなにが琴線に触れる部分としてあるのかようわからん。ただしグランパス君一家はすげーと思った過去がある。
読売新聞によると、猫なのか犬なのかうさぎなのかわからんところが意外性、希少性としていいんだと。
観光地におきましては城そのもの以外に1つなんかこういうキャラあったほうがいいよね。キャラが受けるとグッズ商売できるし、その点ではありがたいことなんだろう。愛知万博より「キッコロ、モリゾー」だし。
ということで、ちょこっとここに書置き。

|

« 秩父宮の風景は今年もかわらない(9/30) | トップページ | まるで心はダブルブッキング(10/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/12101886

この記事へのトラックバック一覧です: なにやら地元に「ゆるキャラ」あり:

« 秩父宮の風景は今年もかわらない(9/30) | トップページ | まるで心はダブルブッキング(10/7) »