« 放り込め、とにかくそれからだ(9/2) | トップページ | 今日はフットボールコンボ(9/9) »

2006/09/09

日々是我慢

ここんところ、平日に物を書く気分、余裕がない。
ので、先週思うところを2つ3つ。
・日本ーイエメン戦を録画で観て
たぶん、この相手には今回の日本代表より体力サッカーの駒澤大学の方が効果的だっただろうなと思ってしまった。インドには野洲高校だったりして。サウジにはトルシエ時代の日本が一番分が良いかもしれない。
というわけで、先週文句ばかり言ったのには謝罪。やはり、スタイルは色々あるべきだ、といってビルドアップがないのが問題であるのは撤回しない。
駒沢が通用しない相手も当然あるわけなので、日本にとって必要なのは、「相手がいやがることより、自分達の技術、戦法に縛られる」ことの脱却だと。
ほんとに強いチームはいざと言うときは自分の技術、戦法捨てても、相手のいやがることを徹底するチームだと思う。といってこれが行えている国やクラブはあるかというとないかな。
で、体力も技術も平均的である日本はある程度臨機応変さが必要かと思うのだがね。どうだろうか。

・社会人野球、シダックスの廃部について
これは正しき実業団チームのなくなり方ともいえるが、なんとも悲しい話。
オーナーの「やる気がなくなった」のだから、チームが消えるのは止めることはできない。ただ、そのオーナーが1人しかいなかったということだ。シダックスという企業体でもなく、調布市や市民でもなく、従業員でもなく、ある個人1人がオーナーで、その威光、ポケットマネーで存続していたということ。で、クラブ化の動きはでそうもなさそう。その程度の存在だったということね。
他の企業チームももう一度考えた方がいい。なぜ今、企業でチームを抱える必要があるのか。そこで答えがでないのなら、早めに撤退してほしい。それでも私はかまわない。
と、これ以上はいわないでおこう。

・日本女子代表のバレーボール中継をみて
毎度ながら、演劇をみているかのようだ。
そして、チームや選手が役者としてコート上の舞台に立っているようで見てて辛かった。
なんとも「筋書きのあるドラマ」みたいで球技スポーツじゃないんだ。
とTV中継している側にブー。
さらにいえば、存在意義が疑わしい大会をスポンサーマネーに頼って開催している運営側にもブー。やるなら、男子のような大会形式でやってくれ。マネーがほしいのはわかるが日本に頼れるのは後4年だと思った方がいい。

|

« 放り込め、とにかくそれからだ(9/2) | トップページ | 今日はフットボールコンボ(9/9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/11825056

この記事へのトラックバック一覧です: 日々是我慢:

« 放り込め、とにかくそれからだ(9/2) | トップページ | 今日はフットボールコンボ(9/9) »