« 月9って何? | トップページ | 明日も行くべきか?(10/28) »

2006/10/26

残念ながら喜び半分

今や眠気覚ましのための道具として利用しているNaxos Music Libraryに新レーベルとしてCHANDOSやWergo等が追加という報を受け、それはとばかりためしに自分が持っているディスクの1つ、
Chandosのプロコフィエフの交響曲5番(ヤンソンス指揮。レニングラードフィル)を流した。
こうやってどんどん自分所有のCDがオンライン化されていくのだ。
(うれしいのだが、毎度ながらくやしくもあり)

CHANDOS自体は非常に楽しみなラインナップがずらっとそろっていて、
今までのNAXOSとBISとCHANDOSそしてWergoでたぶん私にとっては一生分のストックができたようなもの。

ただ、聞いていてちと問題が。
どうも急いで音源をサンプリングしたようで、
・決まった箇所で雑音が入る。
・決まった箇所で音が途切れる。
といったのがあまりにも多い。1曲でここまであからさまに見つかったのは初めて。

今までこんな問題はなかったのに。Naxosにおいては至急チェックしてほしい。

|

« 月9って何? | トップページ | 明日も行くべきか?(10/28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/12441794

この記事へのトラックバック一覧です: 残念ながら喜び半分:

» 【妄想するべ】ドヴァイ! [音楽・KDM・意識・BLOG]
ドヴァイ! と、叫んでしまいました。 何って、我らがnaxos music li [続きを読む]

受信: 2006/10/27 20:17

« 月9って何? | トップページ | 明日も行くべきか?(10/28) »