« ちと、食材をもらった | トップページ | 世間ではこれを「攻め疲れ」という(11/25) »

2006/11/25

またもやフットボールコンボ(11/23)

11/23は日中雨こそ降らずにすんだものの風がやや強めで寒かった。
だけどやっぱり関東にとっては霊験あらたかな晴れの特異日であったようで、フィールドスポーツの開催がどっと行われている。

ラグビーは伝統の早慶戦、サッカーはJ,JFL,大学と開催。ラクロスも大学の決勝戦。
そしてアメフトは最終節で1部ブロック優勝が直接対決で決まるシチュエーションとなった。
会場はアミノで3試合。で隣ではサッカーが開催ということで、
雨が降ったら軟弱に味スタに避難できるし。2試合目の4Qと3試合目の前半を飛ばしてサッカーにすれば見事に襷がけ」とばかり、再度フットボール三昧をすることにして、南武線を北上。
10時半には飛田給到着。味スタにはまだスタッフ、アルバイトが入館している最中。でも、会場門には東京、横浜ともにサポがゴザ轢いて開門を待っている人がいた。皆様早起きご苦労様です。後でよろしく。そこを通りすぎてアミノへスタンドイン。

F1000368 第1試合はすでに最下位が決定した立教と3位日体大の組み合わせ。
特にコメントすべき内容もなく、お互いの守備ラインの弱さを堪能。55-26で日体大。
次がダブルメインエベント、その1。法政-早稲田。去年の準決勝の組み合わせと同じ。
この時点で相当数の観客がきており、アミノのスタンドが全部埋まったのを初めてみた。
しかし、試合は最初こそ守備合戦の様相をみせたが、次第に法政の一方的展開へ。前半は早稲田1stダウン更新0。法政が2Qの3TDで事実上ここで勝負あり。私は3Q終了時点で遠くからかすかに聞えるチャントを目指し安心した気持ちで味スタへ移動。最後に早稲田一矢を報いるものの、法政41-14で点差以上の完勝。

F1000367 さー次はサッカー。アウェイ側の席に入ったらとたんに音声が大きくなる。味スタの屋根は内側には音声増幅機能があり、外部には遮音機能として働いているんだね。
そしてアウェイ満席気味。一部の客が係員に「席をもっと開放しろ!」と問答を繰り広げていた。そのおかげか後半にはほんと1ブロック席が増えた。

試合は「最前線でドゥトラを押さえていた石川をさげた東京」と「奥を入れることで中盤でボールをもてるようになった横浜」が見事にはまった展開。
不運なPKで失点し、ピンポンサッカーになっていたのを奥が見事に収めた。
一方、石川をさげたのは疑問だった。彼が疲れていたのは判っていたけど。結局石川のいた右サイドをえぐっての同点。そしてロスタイムのCKでの逆転ヘッドで横浜2-1.
逆転時の歓声はアミノの観客にはどう聞えたんだろう。少し興味あるな。

F1000366 そして、再びアミノに再入場。もう一つのメインエベント、慶応-明治。こちらも去年の準決勝と同じ組み合わせ。
こちらはほんとに守備合戦となった。しかし、明治が素晴らしいパントキックで慶応自陣1ヤードからという場面を作りながらそこで大ミスをしでかす。ランでロングゲインを許す。一度はフィールドゴール3失点ですむはずにまで頑張ったのに、そこでのキックダミーからのランでTDを許してしまった。結果これが決勝点となり、慶応14-7で勝利。決勝戦も去年と同じ法政-慶応の組み合わせとなる。
しかし、今日の印象では守備が強いというより、攻めが弱いという表現の方が正しい両チームだった。ちょっと決勝において法政には対抗できそうもない感がする。
法政ファンらしき人も「どっちがきても敵じゃないね」っていっていたし。さてどうやって下馬評を覆すことができるかな。

さて、フットボールを1日4試合もみてしまった。自己最高記録であるが、さすがにこの日は体にこたえたよ。急いで帰宅しチンチンにしたお風呂で熱源補給。風邪も引かずよかったよ。でも、土曜日もどっかいっちゃうんだよね、貧乏性的病気

|

« ちと、食材をもらった | トップページ | 世間ではこれを「攻め疲れ」という(11/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/12814571

この記事へのトラックバック一覧です: またもやフットボールコンボ(11/23):

« ちと、食材をもらった | トップページ | 世間ではこれを「攻め疲れ」という(11/25) »