« まとめの季節到来 | トップページ | ちと、食材をもらった »

2006/11/18

まー、覚悟の上だったけど(11/18)

F1000363 10、11月のこの頃がボールゲームとしては一番活況の季節。特に大学のフィールドスポーツにおいては最盛期となる。
で、サッカーでもよかったんだけど、今年はまだ見ていないこともあってラクロスの関東大学プレーオフ(準決勝)を観戦に大井第2球技場へ朝9時30出発。大井第2球技場の案内は東京モノレールの大井競馬場前駅から徒歩15分という案内がされている。しかし、バスの時刻表を確認する必要こそあるが大森駅から大田スタジアム行きのバスに乗る方が断然早いし、徒歩時間も短い。今日も大森駅10時5分の便、乗車10分で到着し徒歩5分で球技場へ。なんでこんなに朝早いかというと1試合2時間近いやつを男女で4試合もあるから。組み合わせはこう。
女子は
日本女子体育大学(A組1位)-日本体育大学(B組2位)
東京女子体育大学(B組1位)-立教大学(A組2位)
男子は
東京大学(A組1位)-早稲田大学(B組2位)
慶応大学(B組1位)-一橋大学(A組2位)

会場の大井第2は去年みた時はかなり擦り切れた人工芝のイメージだったのだが、新しい芝に張り替えられ見違えるほど綺麗。そしてサッカー(白)、アメフト(黄)とならんで予めラインが青(男子用)、赤(女子用)で付いている。なぜかラグビーはない。

F1000365 ラクロスの決勝を観戦して去年驚いたのは運営担当者、当事者やその関係者部員以外にかなりの他大学の部員がジャージ(色や大学名は違えど共通のデザイン)をきて観戦にきていること。しかも道具付き。練習帰りに見に来るにはきついとは思うのだけども、でやっぱり今回もいた。11/23の決勝では閉会式をするので全大学集合みたいになるはず。
なんとも連帯意識が高いというか、内輪すぎというか。私の周りでは挨拶ばかりが飛び交っている。こんなんで当日券でやってきた私の立場は?

スタンドに入るとメインスタンドの下部は応援席になっている。すでに部員や保護者等で一杯。空いていても入る気にはとてもならない。といって上部もすでに他の大学の部員が埋めている。とりあえず第1試合はなんとかメインスタンドで席を確保した。でも、3試合目からトイレ離脱中にはじきだされてしまった。

今日のスタンドの席配分はOB,OG,保護者席を優先的に配置して一般の当日券観客は芝生でみろということらしい。普段だったら、それでもOB,OG,保護者だけでメインスタンドが埋まることはないのだが、今回は違った。
どうも、大学の応援団体との連携に成功した模様で、女子の日体大、立教、男子の慶応、一橋においては応援ブラス部やチアリーディング部が登場していた。来年からはアメフトと応援団の奪い合いになるのではないか事実、今日は一橋、勝ちあがれば11/23は思いっきり慶応、早稲田、立教ともアメフトとバッティングしております。3つの女子大はもち例外。

国内チーム同士の試合を通してみたのは今回がはじめて。前回はアメフトと襷がけ観戦しちゃったので、半分づつだった。
で、思う感想は、試合時間が冗長なのではと思う。女子はまだしも男子は1Q・20分でやるほどではないような。ボールを一度キープするとなかなかボールを奪い返すことができない。
そこでプレーがどんとスローダウンしてしまうため試合時間を長めにしないと点差がつかないのだろうが、シュートするまでの時間制限をする等の改善が必要かなと思った。

F1000364 試合結果は
ルーズボールでの奪い合いを征した日女体が11-4で日体大に完勝。
1人抜群に足の早いエースを全面に立てた立教が9-8で東女体大に競り勝ち。
早稲田が昨年の雪辱戦を常に優位に展開して8-5で東大に勝利。

というところ。にしても東大が昨年の王者で、しっかり今年もブロック1位というのがなんとも不思議というかなんというか。男子においてはキャリアは大学からというのがほとんどだから国立大だろうが、東大だろうがやり方次第で強くなれるということなんでしょう。

3試合目は東大で、次登場は一橋大。東商エイト対抗戦でもみにいかんと登場しない組み合わせ。
一段と輪をかけて大量OB、OG動員がなされたようだ。やってきたチア、ブラスのお嬢さんの気合の入り方がハンパじゃない。アメフト試合後の駒沢からやってきたんだろうけど、よほどこういう場に飢えているか、アメフトでいやなことでもあったのだろうか。(負けてた)
対する慶応も真っ向動員対決に応じたようでこちらもブラス動員に加え若手部員を学ラン格好にさせての簡易応援団。(指導は受けたかもしれん)
メインスタンドは応援団しかいちゃいけない雰囲気。ごめん、メガホン押し付けないで、頼むから。で、そんな私はメインで座っていいの駄目なの?
てなわけで疎外感たっぷりにやっぱり芝生席へ引き戻される。さすがに4試合は疲れたので前半終了6-2慶応リードの時点でバスの時刻表の都合上帰宅。ふーー、風呂、酒だ、寝るぜ。

「ラクロス ミーツ フレンズ」(たぶん)が合言葉のようだが、去年の決勝もラクロス部員だけで会場を埋めてしまい、結局なんのための有料試合なのかがわからない目にあう一般の観客にとってみれば「オーディエンス ヘイト ラクロス」にならんように有料試合にするからには留意していただきたい。音楽/アナウンス以外の運営そのものはかなり好印象なのでそこんとこよろしく。
といって、ラグビーやアメフト、バレーを真似しろといっているのではない。あっっ、サッカーは真似しなくていいです。サッカーはもちっと人を招く努力しなさい。

|

« まとめの季節到来 | トップページ | ちと、食材をもらった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/12735145

この記事へのトラックバック一覧です: まー、覚悟の上だったけど(11/18):

« まとめの季節到来 | トップページ | ちと、食材をもらった »