« 単純に短くそして喜ばしく | トップページ | この起立は強制ではありません(12/16) »

2006/12/15

人知れず影でひっそりと(12/10)

今日、NHKの21時台のニュースをみたら、五輪出場を決めた女子ホッケー代表選手へのインタビューおよび男子3決、前半の速報をしていた。五輪がからむとさすがなのか(しょうがないのか)扱ってくれるNHK。とりあえずサンキュー。
で、先ほどアジア大会のライブ速報の結果にて男子パキスタンに2-4でやぶれ、アジア大会での本戦出場はならず。来年、岐阜は各務原で行われる最終予選で切符をめぐって戦うことに。
まだ早いけど、サッカーも含めホームでやれるので皆で押し上げましょう。でも、あそこは遠い、いきづらい。臨時バスくらいはだしてやってくれ。
そして、代表への資金援助としてスポンサーさん、誰か手上げてやってくれ。

基本的に日曜でも家にいるのが嫌いな私は、毎度のページでネタをさがしたところ、私の大好きな「第3者としてかかわることができる入替え戦」を発見。てな訳で川崎球場へGO。
これでわかる人は少数だとは思うが、アメリカンフットボールの社会人リーグである、Xリーグの1,2部入替え戦が行われたのであった。
というのも、これ本家、本元のXリーグのHPに今日になっても結果が発表されていないどころか、入替え戦のスケジュールやそういうものがあることさえも公表されていない
要は、タダ券(いったら何と有料だった。1200円)をもらえるチーム関係の人か、気づいた変人しかくるわけがない。その点では試合だけやればいいのであれば、河原ででもやってくれ。非常に不満である。

F1000380 で、そのわりにはまだ観客はいた。やはりそこは川崎なんだな。来年、まがりなりにもアメフトのワールドカップを開催する街なももんで、市庁舎にはこんなオブジェがあったりする。
会場では2試合行われたが、1部所属18チームを3ディビジョンに分割、2部も同じように配分して、そのうちの2つの1部最下位と2部1位との入替え戦を一発勝負で行う。

らしい。

というか、公式情報ねーもん。想像するしかねーだろ。
1試合目は ルネサスハリケーンズ(1部セントラル6位)-ブルサイズ東京(2部セントラル1位)
アメフトの社会人チームのほとんどの実態はクラブチームで、ネーミングライツにより企業名を冠しているところがほとんど。どこが例外とは言い切れない(富士通とてあやしい)くらい。それくらい大変だということなのであるが、ブルサイズ東京は純然たるクラブチームのようだ。それだけに1部いける、いけないは大違いだ。スポンサーや支援者を増やすための絶好の機会。
で相手のルネサスは過去まだ、1部での勝利はないとのこと。ジャー、チャンスなのかというと、そうでもなかった。

明らかに攻撃能力が違うのである。守備はまだなんとかなる時があるのだが、アメフトの攻撃は練習量に比例する部分が多々ある。失点を4TDにしたのだから合格だと思うが得点0では勝てるわけが無く、26-0でルネサス残留。でも、来年も1勝がまず目標なんだろうね。

F1000381 2試合目はロックブル(イースト1部6位)-富士ゼロックスクラブシャークス(イースト2部2位)
さっき、検索したら、とりあえず4チームのHPみつけて読んでみたらこういうことらしい。
2部1位のクラブハスキーズは入替え戦を辞退したのでこうなったようだ。
また、ロックブルにしてもかつてのスポンサー(元横綱、輪島がコーチしてたんだよ確か)が撤退してしまいかなり厳しい状況のようだ
これをみても、アメフトは暴力的に人とお金をつかうスポーツだよ。
ま、これはどこかの某バレーボールチームでも同じことをいっていたようないないような。

試合は、1試合目と同じく、富士ゼロックスとしては守れるけど攻めれないという展開。インターセプトとボールハンブルの乱発でせっかく相手がお付き合いしてくれているのにもったいないことありゃしない。1TD、1FGの10-0でやはりこちらもロックブル残留。

ただし、今回はボーナスゲームがもう一つあります。というのも、数少ない企業チームである1部の日産自動車が今期かぎりで廃部としてしまったがため、空きを1つ埋める必要があるのだ。
ここでチームを横浜F・マリノスのアメフト部門にするという訳にはいかんのだろうな。日産はもう挙げればきりないほど部活動をやめてしまっているので、とうとう野球だけになったというのが率直な感想。
富士通とか東京ガスも1部にいるもんだから、その気にさえなればサッカーと組んで展開なんてのも可能性はなくもないし、そうでもしないと生き残れそうも無い。その場合サポの関係は難しいよな。応援できなくもないが、あの雰囲気にはそぐわないだろうし。
バレーでも同じだけど、V・プレミアリーグの運営規約>とやらをよんだら、応援団が試合前にコールの交換することや応援の作法を規定している記述があってひっくり返ってしまった。あれは不文律ではなさそうと思っていたらやっぱりそうだったのか。

となると、ある2チームは上にあがることは事実上不可能なのではないか。規定の改正をしない限り、あの人達は1部の試合で勝手きままにチャントは歌えないのだ。無視してもいいがその時にはチームが懲罰対象になっちゃうわけです。

本題に戻って前記により、このブルサイズ東京、富士ゼロックスでプレーオフをもう一発やることになったよう。
どちらが1部にあがっても来期は相当に厳しそうだけど、チームの未来を考えれば千載一遇のチャンス。見る限り、レベルは完全に拮抗していたと思うだけに、福岡ー神戸や昔の福岡-川崎の例を挙げるまでもなく、それこそ壮絶なる闘いが繰り広げられるだろう。1/8の12時に大井第2球技場だとのこと。興味のある人は世を忍びながらいかが?

|

« 単純に短くそして喜ばしく | トップページ | この起立は強制ではありません(12/16) »

コメント

ご安心を。
我がFC東京はチーム応援団ではありません。
勝手に騒いでいるだけなので、9章以降は読む気すら無い連中の集まりです(笑)
狡猾な連中の集まりですからね、ああ言えばこう返すのイタチゴッコです。バレーの常識に従う気などありませんしね

投稿: TK | 2006/12/15 02:08

TK様
はい。まさにその答えを予想していました。

しかし、バレーボールは主催者がルールをどうにでもしてしまう人達でもあるので、こういう「企業のメンツを守る」部分についてはエネルギーを割く可能性が高いと思っているのです。

もちろん、是非にも「軽く、クールにできれば礼をもって」ぶっ潰ししていただきたいところです。

投稿: D-50 | 2006/12/15 06:41

TBをいただいた。nodasuka様。ありがとうございます。

こちらからもTBを送ろうとしたのですが、どうも成功しません。
「はてな」でのblogでもそうなのですが、一体どこへ投書したらよいやら。
さらに、楽天ブログは会員にならないとコメントできないとはこれもちょっとつらいですね。spamを削減させるためとはいえ、躊躇してしまいました。お許しください。

最初は、タイトル名から「spam系か?」といぶかり、即刻削除しようとしたことをお許しください。(笑)

そうですか、そうですか。いいですよね。健康的で。
では、新聞には写真を掲載されることは現状ないでしょうけど、ラクロスの女子なんてのもどうでしょう。
前に、巻きスカートの止め具がとれて、全てが露になってしまい、あわててスカート交換をするという「貴重な場面」を見てしまいました。もちろん、卑猥な雰囲気は全くなく、爆笑場面でしたけども。
もし、現地で見る機会をお持ちになることができたら、(来年の秋がシーズンです)でかいカメラは持たずにお出かけください。

投稿: D-50 | 2006/12/27 06:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/13072957

この記事へのトラックバック一覧です: 人知れず影でひっそりと(12/10):

» ■パンチラ■ 新聞でパンチラ。女子ホッケー。笑顔でパンチラ。 [日刊! 娯楽の伝導…野田すかの裏モノライター奮闘記【β版】]
新聞を大掃除の一環から処分してたらパンチラを発見。なんと三大新聞の一角を占める朝日新聞にそれはあったのです。■12月9日(土)朝日新聞朝刊記事に目を通すと最近話題の女子ホッケー。スポンサーが見つかってよかったですね。なんて言ってますが、記事タイトルは「女...... [続きを読む]

受信: 2006/12/27 00:26

« 単純に短くそして喜ばしく | トップページ | この起立は強制ではありません(12/16) »