« 人知れず影でひっそりと(12/10) | トップページ | 人知れず影でひっそりと、Part2(12/17) »

2006/12/16

この起立は強制ではありません(12/16)

来年度から昭和音楽大学が川崎市の新百合ヶ丘に移転するそうな。
そこでは立派なホール施設も用意し、カリキュラムとしてオペラ、バレー、ミュージカル等の人材を育成することも可能になるし、もち公演も可能となる。
そのせいでもないが、この大学恒例のヘンデル「メサイア」コンサートが川崎シンフォニーホールで開催。19日にもサントリーホールでやるというのだから、かなりのものだ。
私はあまり宗教曲にはそれほど興味を示して聴くことはしないが、それでも「ハレルヤ」コーラスはほっといてもこの時期になれば耳に入ってくる。一度実演をちゃんと聞いて見よう。

この日はCDにて全くその対極にあるようなショスタコの交響曲11番を聴き。銃撃を受け一度死んだかのような午前をすごしたのち、川崎駅に13時に到着。余裕で当日券なんぞ買えると思っていた。

しか~し

の○め・カ某 の影響であろうか、当日券売り場にずらっと続く人々。どうも一番込み入ったタイミングで来てしまった。
会場内は3階席、舞台裏席をクローズして余裕はあるものの、それ以外の席はほぼ完売。当日券売りでも、席を選んでいては開演にまにあわないため、一律同額の金額であることが幸いし担当者が適当に見繕って券をわたしていた。

座っている人種としては出演者の同窓の音大生、その家族、関係者が多くいるがどうみても一見さんっぽい人もいた。という私もアマオケとか音大オケの類を聴くのは初めて。(完全に商売側の人に操られているではないか)
へっへっへっ、まーそれでも無能クラオタとしても変人スポーツウォッチャーとしてもすでにスレきっているので、大体どんなレベルのものがでてくるかは想像できる。変な期待はしない。
TVでの裏で流れている音楽はプロの仕事であって、音大オケですからプロの卵もある程度いるだろうけどもサッカーの例でU23,U20の選手で抜群に技術はあっても成熟がないなんてのは結局つまらなかったりということをいうまでもなく、やっぱり違うものは違う。
なんで演奏聴いて、「TVなんかより全然ヘタじゃんか」とかと裏切られたと思わないように。ここには世界的権威のシュトレーゼマンもいないしいつか千秋のようになる学生がいるかどうかもわからないのだ。

実際聴いたところ「ヘタ」なわけがある訳なく、「ウマイし、表現力もある」レベルだった。メンバ的にも現役以外の卒業生、研究員、講師とかも含めた編成だったのも寄与したか。
ただ、合唱についてはちょっと不満。まず声の質を高いレベルに維持できる、音量、音階の幅がせまい。弱音時の発声は不安定な部分があった。発音も日本式外国語発音的なのも英語がわからん私でもわかってしまうのはいやだ。
また、独唱4部のうちテノールだけは現役学生だったが、ちと荷が重かったかな。本人にとっては少し不本意な結果だったのではないだろうか。
演奏は2部構成なのだが、1部はまるで2部の主役である「ハレルヤ」を演奏するまでの暖気運転かのようで少々退屈であった。が、2部からはエンジンが好調となり、表現も豊かになった。
そして、「ハレルヤ」コーラスになった時、一部の観衆が起立をして聴く。
これには由来があるのだが、気になる人は勝手に調べてくれ。
私は特にそれがコンサートにおいては必須ともマナーとも判断していないのでやらない。
これが、クリスマスの日に教会に招かれて、中で「ハレルヤ」を行うので起立願うと依頼されれば当然に行う。
そういうものだということだ。私んちは浄土真宗らしく(なんといい加減な)先祖の何回忌とかで親族があつまるのだが、そんな時に「私は宗教、信条が違うからそこで行う手順や儀礼には従わない」なんていう人はいない。でも、そうならないことも多いと他所では聞く。

私は儀礼としてやるべき時はやるという考え方。ここはコンサート会場ですから音楽を楽しむためのマナーを守ればいいのだ。
アンコールでもう一回「ハレルヤ」やってくれたし。「King of Kings, and Lord of Lords」は美しい響きだ。あー生き返った
ありゃ、さっきより立ってる人数が増えてる。(笑)

|

« 人知れず影でひっそりと(12/10) | トップページ | 人知れず影でひっそりと、Part2(12/17) »

コメント

ハレルヤ、日本でも立つ人いるんですか!
実際にホールで聞いた事無かったから知りませんでした^^;;

20年近く前、ウィーンが来日した時はラデツキー行進曲では
会場中で拍手しましたが(笑)
その時は指揮者が驚いていましたなー。まさか日本まで風習が
伝わっているとは思わなかったのでしょう

投稿: TK | 2006/12/17 11:08

TK様
あら、こちらの分野までお詳しいとは。
まだ1%程度ではありましたが、立ってました。

ラデツキー行進曲はもう、NHKのニューイヤーコンサート中継のおかげで日本人にも刷り込まれてますんで。
ハレルヤでもTVか何かで「恒例の」とかやりだしたら、すぐみんな真似しますんで、5年たったらみんな立つようになるかも。
とりあえず、アンコール時は1.5%立ってました。(笑)

投稿: D-50 | 2006/12/17 21:29

20年前は丁度NHK中継が起動にのった時期でもありましたね。
ああいうイベントは変人界に落ちた自分にも僅かに残る
ミーハー魂がくすぐられてしまいます(笑)

ただ天皇陛下の赤子たる日本人として、えげれすの王に習う
気持ちなの皆無なので自分は最後の一人になっても座ってます(笑)

それ以前にここ数年はホールに行く機会がないのが実情ですが・・

投稿: TK | 2006/12/19 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/13091833

この記事へのトラックバック一覧です: この起立は強制ではありません(12/16):

« 人知れず影でひっそりと(12/10) | トップページ | 人知れず影でひっそりと、Part2(12/17) »