« もう一つの大学選手権(12/24) | トップページ | 本厄なもんで3つ周った(12/29、1/1,2) »

2007/01/03

キャンドルサービス個人的には2桁で充分(12/31)

こんな変人が書いている、へんぴなところを見ていただいている皆様へありがとうございます。今年もぼちぼちやりますのでよろしくお願いします。
今年は去年のような年越し仕事をしないですんだので、普通に帰省先に帰ることとした。親族もそれぞれ健康で何より。

「関西に帰ったなー」と感じた最初は「タケモトピアノ」「関西電気保安協会」のCFをみた時であった。(笑)やはり、昼間は吉本新喜劇やっとるし。ほんまに暇なTV局や。

ということで、年末・年始はTVを見て、少し掃除して、2つほど神社仏閣へ参詣してすごしたのであった。ついでにしこたま食いましたわい、いまだに残飯処理係と思われている(弩)。

F1000389 しかし、それとは別に帰省先においては2007年は彦根城築城400年祭が開催される年ということで、大晦日にプレイベントが行われたのである。(城内の除夜の鐘つきとは別)

ひこね夢一会」と称して、2万個のろうそくを灯し、光の造形を楽しもうと言うわけ。特に大きな宣伝はしてなかったようなのだが、親族の1人が知っていて「行くけど、どう。ついてくる?」と、尻尾ふるしかないではないか。お供いたします。

夜の彦根城は期間限定で堀をライトアップしている。これが寒さと静けさと相まってなんとも心地いい。街中でありながら本当に城の中に入ると静かなんだよね。
現場につくとかなりの人がいた。担当スタッフからみても意外な多さだったようで、手続きに大わらわ状態。着火用のガスライターを借りる手続きを終了して21時からスタート。まず最初3000本くらいの赤いガラスの中にある蝋燭に火をつける。みるみる形ができあがり。そんな中、我が地元のゆるキャラを作る時にはご本家も登場。

F1000387 「かーわいーーー」と言いながら蹴りを加えたくなる動き、GJ。地元のお子さんにおける人気度は戦隊ヒーローに勝りはしないが負けすぎはしていない状態である。前回、どこに「琴線に触れる部分があるのかわからん。」と言ったが実物を見て判った様な気がする。

彼(彼女?)の顔は能面なのである。ウルトラマンなのだ。顔を少し傾けるだけで表情が生まれる。これは実に被り物としては高度な部類に入ると思う。で、ちょっとした仕草で喜怒哀楽がちゃんとでる。だから、楽しいとき、ダレてるとき、擦り寄ってるとき、笑うとき、基本的には怒りや悲しみはやらないがやればできると思う。大人も含めてキャーキャーしてるし、いやーー、いいものができたよ。

F1000388 と、インスタント撮影会が開催され、フラッシュ機能の無い携帯電話カメラでとった画像がこれ、他人のフラッシュを利用して写ったのだよ、奇跡だわ。

てなわけで、その後22時に今度残りを一気に点ける。出来上がりは彦根城だというがでかすぎて地面からでは造形の見え方が斜めすぎて判らない。深夜なので高所に行く場所もないし、とりあえず雰囲気だけは確認した。自分だけで100個以上つけたかな。疲れた。芯は予め立てておいてね。お願い。

さすがに一時間半もいたので体も冷えてきた。ここで帰ることに。入れ替わりに出来上がりを見に来る人も多数。どうやら来年は10万個でやりましょうとかいっていたので、その時にはどんなオブジェに挑戦することやら。

ちなみに今年の札幌の雪祭り。自衛隊さんの作るオブジェは彦根城だそうです。是非見てやってください。

帰宅後、入浴して、再度外へでる。檀家のお寺さんへいって年末のご挨拶と除夜の鐘を「ゴーーン」とついて一年が終わった。2006年は少し仕事的にはつらい1年だったけど、2007年は少し楽しめるようにと祈って新年を迎えたのであった。

|

« もう一つの大学選手権(12/24) | トップページ | 本厄なもんで3つ周った(12/29、1/1,2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/13322224

この記事へのトラックバック一覧です: キャンドルサービス個人的には2桁で充分(12/31):

« もう一つの大学選手権(12/24) | トップページ | 本厄なもんで3つ周った(12/29、1/1,2) »