« キャンドルサービス個人的には2桁で充分(12/31) | トップページ | 今年のお初は考え込む(1/6) »

2007/01/05

本厄なもんで3つ周った(12/29、1/1,2)

惑わずどころか、遊星状態の私にも本厄年がやってきた。
ひーー、親族連中からはいつまでたっても「くん」扱いだが、世の中は非情だ。そして時は止まってくれない。
だからか、前々から今回はいつもと違うところへお参りしようと考えていた。
昨年の12/29にも帰省先への土産買いのついでとばかり湯島天神へお参り。すでに前厄でもあった訳で仕事はともかくそれ以外では酷いこともなくすんだことを感謝。
ここでお御籤を引くと、来年は少しよさそうな雰囲気ありの「中吉」なり。にゃはっは。
その後アメ横で圧死されるかと思いながら上野へ抜けて土産買い終了。

帰省後、1/1の朝一番に「俺、午後に竹生島いくから」って言ったら、両親ついてきた。
この子にしてこの親あり。

F1000394 竹生島は「竹生島神社」と、西国三十三ヶ所観音霊場の第三十番札所としての「宝厳寺」がある場所で、神仏一体の地でもある。この日は湖も穏やかで船も快調にとばすし、景色も良く見える。島に到着すると50分程度でぐるっと一周りして70分後設定の帰りの船に乗るというのがデフォルトパターン。先に宝厳寺へいってお参り。ここで頂いたお屠蘇が本物の日本酒だったのにはまいった。思わず、「お替り」とかいいそうになった。

その後、竹生島神社へ。ここでは御籤のかわりに「かわらけ投げ」を行う。2つの土の器に名前と願い事を書いて、湖面に向かって投げる。鳥居の上を越して湖に到着すると願いがかなうということだ。
F1000393 私は見事なるサイドスローを用いて二投ともに成功。願い事はないしょ。
帰りに船を待つ間、お土産屋さんの策略にみごとにはまって少々買い物。でも、それぞれに渡し先では好評を得たのでよかった。




F1000391 F1000392 1/2は我が親族のデフォルト、多賀大社で御祈祷を受ける。当然ながら、私は単独で「厄除け」をお願いする。拝殿におきましては20分ほど正座の刑。これがちょっと苦手。このお多賀さんこの正月の忙しい中でも、ちゃんと住所と名前を読んでお願いをしてくれるので御祈祷の人気が高いのだ。お下がりも貰った。どう飾ろうかちょっと現在思案中。
そして、実家用の破魔矢を買って、最後にお御籤ひき。

今度は少し控えて時をまての「末吉」ありゃ、お多賀さんでもはっきり吉凶を書くようになったのね。妄想を利かす方が個人的には好みであったのだが、判りやすさを求められて改善したそうな。なんでもかんでもデジタルっぽくわけなくてもいいのに。

F1000390 どちらもちゃんと持ち帰りましたぜ。さて、どっちになるのかな。どちらもはずれの可能性の方が大。

|

« キャンドルサービス個人的には2桁で充分(12/31) | トップページ | 今年のお初は考え込む(1/6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/13348255

この記事へのトラックバック一覧です: 本厄なもんで3つ周った(12/29、1/1,2):

« キャンドルサービス個人的には2桁で充分(12/31) | トップページ | 今年のお初は考え込む(1/6) »