« METライブビューイング「サロメ」(11/1) | トップページ | バスケットで列待ちとはこれいかに(11/15) »

2008/11/08

あいや、指揮者踊る(11/7)

ここんとこ、クラシック行脚が多い今日この頃。今週もいそいそと仕事後に移動を開始。
移動先は横浜みなとみらいホール。神奈川フィルの定期演奏会にいくのであった。神奈川フィルはこれで2回目。
指揮はパスカル・ヴェロ。この人は東京フィルの首席客演指揮者や仙台フィルの常任指揮者に就任しているなど、日本にはかなり親しい関係の人。さて、どんな演奏をしてくれるやと思いながら、当日券を購入して席に着く。
演目は
・ルーセル シンフォニエッタ
・トマジ トランペット協奏曲
・ベルリオーズ 幻想交響曲
いずれも生で聴くのははじめての曲ばかり、特に幻想は楽しみ。昔、実家にこの幻想のポケットスコアがあって、レコード(そういう時代です)を聴きながら、追えるわけもないのに一生懸命読んだ記憶がある。もちろん今はCDでももっているが、実演にまさる経験はないからね。
ルーセルのシンフォニエッタは弦楽器群だけでの演奏。ラヴェルやドビュッシーのような色彩感とは違う、小曲ながら新古典主義的な優美な演奏だった。
トマジのトランペット協奏曲はソロのオーレ・エドワルド・アントンセンがすばらしいテクニックを披露しての楽しい演奏。といってテクニックだけを披露する曲ではないのだが1楽章のカデンツァがなんともすばらしかった。
今、ナクソスミュージックライブラリで復習中ではある。こんなことが簡単にできる世の中便利だね。
そして、アンコールで披露した(曲名は後で披露されたが忘れた)曲はほんと現在のトランペットの機能を駆使した特殊奏法も色々と使ったものでこれまた楽しかった。

そして、最後の幻想であるが、少し重めの演奏。しかし、ドイツのような重厚さとは違うなんとも不思議な幻想。舞曲風なんだけどかろやかさとはちょっと違う。個人的にはもっと明るい演奏が好みなんだけどまーそうはいってもこういう演奏もありかなと思う。
そして、パスカル・ヴェロが最初っからそうだったんだけど、指揮台で跳ねること跳ねること。特に幻想では自分のダンスのためにオーケストラに演奏させているかのよう。終曲に向かってだんだん白熱してくる。
3楽章でのイングリッシュホルンとの掛け合いでティンパニーが連打するんだけど、演奏するのに4人も演奏者が必要なのか。観てみないと判らないことだなーと納得。4楽章、5楽章のブラスの咆哮を堪能。演奏終了後、満足した顔で指揮者とコンサートマスタが握手しているのが印象的であった。

観衆は6割がた入っていたであろうか。大きなホールだからしょうがないところもあるがこれだけの演奏をしているのだからもう少し地元の人が聴きに来てもいいと思った。

帰りには12月分のクラシックコンサートのチケットをファミリーマートにて購入。(しかも2つ)散財じゃー。日々の暮らしは質素にするべし。そして、週1回程度は爆発するのだ

|

« METライブビューイング「サロメ」(11/1) | トップページ | バスケットで列待ちとはこれいかに(11/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/43045971

この記事へのトラックバック一覧です: あいや、指揮者踊る(11/7):

« METライブビューイング「サロメ」(11/1) | トップページ | バスケットで列待ちとはこれいかに(11/15) »