« ひねくれ者、秩父宮へ(12/6) | トップページ | また指揮者おどる(12/15) »

2008/12/13

えぇーい。隣のおばさん、静かにしてお願いだから(12/12)

今週は音楽生活にひたるべく、仕事終了後に渋谷のNHKホールへ移動。
NHK交響楽団の定期を聴きにいった。
指揮はシャルル・デュトワにて
フランク 交響詩「アイオリスの人々」
ドビュッシー 夜想曲
ホルスト 惑星
のラインナップであった。いずれも生で聴くのは初めて。特に惑星が楽しみだ。
しかしNHKホールは今や音楽を聴くにはちと設備が古いホールとなってしまっている。
サントリーホールやらオペラシティやらが存在する今となっては収容人数こそ大規模であることを誇ることはできても、音響の面では劣っていることは拭えない事実となっている。
そんなんでも聴けるだけありがたいといえるのだが、そこはよりいい場所で聴くのが人の欲望というもんだ。
今回C席を購入したのだが、残念ながら2階席の最後尾の位置に席が割り振られてしまった。ちょっと音が遠い。
しかし、それでもデュトワの巧みな棒さばきから奏でられる音楽自体はさすがだ。
火星からはじまってブラスの音が咆哮してもりあがる。サー集中して聴こう。
と、いきたいのだが隣の席の二人組みのおばさんが演奏中にもかかわらず、何かと五月蝿い。がさごそと荷物をあさるわ。喋るわ。自分からでる音がどれだけ他人に響くかという配慮が全くない。その意味では今日は残念な演奏会であった。
でも、演奏はそれはそれで堪能いたしました。金星、水星のリリシズムをへて木星の優雅な響き。土星、天王星のまたもやブラスの盛り上がりにひたり。最後は海王星の神秘的なコーラスによって次第に小さくなっていく音に静かに聴き取る。

無事演奏も終わり、家路へと足を進める。田園都市線の急行の混雑具合には少し閉口。普段は東海道線を利用しているから、いい勝負ではあるのだが。やはりこの時間でこのすし詰め状態はつらかった。
コンビニで握り飯とカップヌードルを購入して、夕食。もちっと贅沢な食事をしたいところではある。せっかくの音楽の日なのに。まーでも、少し節約もしないと行く機会も減らしてしまうから、ここは我慢のしどころである。
また、月曜日にも音楽を聴きに行く予定である。それも楽しみ。

|

« ひねくれ者、秩父宮へ(12/6) | トップページ | また指揮者おどる(12/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/43407857

この記事へのトラックバック一覧です: えぇーい。隣のおばさん、静かにしてお願いだから(12/12):

« ひねくれ者、秩父宮へ(12/6) | トップページ | また指揮者おどる(12/15) »