« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/23

曲の長さは美徳となるのか(2/22)

クラシック音楽を聴くということはCDリスナーであろうとコンサートゴアーズであろうとお金がかかるものである。でもその状況は今や変わりつつある。
日本においての最近ではインターネットラジオ、ottavaなる存在が出てきた。海外では無数のラジオが存在してインターネットが接続できる環境を確保することができれば今やクラシックでも音楽聴き放題ということも可能である。もちろん動画サイトなんかにも音楽映像は無料で転がっていたりする。
CDはクラシックにおいては暴落を起こし始めていて、セット物なんかで50枚組で2万円しないなんてのが幾らでも登場するようになった。
10年一昔というけれどもまさにその通りで私なんかは学生時代からCD1枚買うのにもそれ自体が贅沢であったので慎重に慎重を期して気合を入れてレコード店で購入したものだ。今やottavaやNAXOSなんかで無料または月一律定額で音源聴き放題なんである。それだけありがたみは減ったかもしれないけど、やはり今の状態はありがたい。
で、そんな世の中において価値も値段も下がらないのは実演コンサートを聴きに行く値段だ。こればっかしは世の中が少しひっくり返ることでもない限り変わらないであろう。
と、変なことを頭に巡らせながらも今週末も文化的に行動することにした。
MUZA川崎シンフォニーホールにて東京交響楽団の演奏を聴きにいった。
川崎駅西口に直結しているこのホールは出来上がって5年ほどと新しいがなかなかに評判がいいらしく、海外の来日オーケストラなんかも良く使うところなんである。内部の客席の配置の渦巻き具合がなんとも眩暈というか日本的シンメトリーとは一線を画す存在なんである。
今日の演目は、指揮:飯森範親、ピアノ:岡田博美にての
シューベルト:イタリア風序曲 第2番
リスト:死の舞踏
マーラー:交響曲 第7番「夜の歌」
前二つは初めて聴く曲であり正直なところそれほどの感想を持たなかった。メインはマーラーの交響曲。
個人的にではあるがマーラーの交響曲のCDは全集として所有している。好きと聞かれれば好きと答えなければならないのかな。ともかくそんな中、地味で演奏頻度としては一番少ないといわれる7番を聴けるのはラッキーかなと思った次第。実演では3,5,6,7,10番と埋まった訳で一生をかけて全部揃えることも目標にするのもいいかもと思ったりする。
で、マーラーなので当然ながら曲が長いのである。この曲も80分近くかかる。長々しさを許容できる人でないとこの曲は楽しめないのだ。もっともそんなことは百も承知という人達がこの場に集まっているはずではある。
金管群が不気味な行進曲を奏でて始まり、壮大なる自白となる演奏が続いた後、壮麗なファンファーレで終わる。飯森氏の指揮において作曲家のもつ鬱屈した精神を現すかのような演奏であった。個人的には満喫。でもやっぱりこの曲は長い。通常の演奏会よりは30分オーバーであった。もっともっと続いてほしいと願う人もいるのであろうか、長いことが美しいと感じるには聴く側にも少し修行が必要。ブルックナーなんかでもそうだが長々しさを楽しむには忍耐、そして許容、諦めに似た感情も必要である。その意味では私は今日はこれで充分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/17

少し好みとは違ったが(2/16)

少しずつ日が長くなっていることを実感するこの頃である。お休みの日はスポーツ観戦であったが、今日は文化的に行動することに。
仕事が上がりそそくさと「すんません」と言いながら、仕事場を後にする。さっさとサントリーホールへと移動。12月に続いて読売日本交響楽団の定期を聴きに行く。
指揮:ヴァシリー・シナイスキー。ヴァイオリン:アナ・チュマチェンコ、での
ハチャトリアン/ヴァイオリン協奏曲
ラフマニノフ/交響曲第2番
の組み合わせである。
ラフマニノフは私の偏愛の曲。これで実演を聴くのは4回目となる。一方、ハチャトリアンの方は日本においてはめったに実演されるないであろう曲だけに楽しみである。
最初はヴァイオリン協奏曲の方から演奏された。なかなかにパワフルな曲である。民族的なメロディーラインと咆哮する金管楽器群の迫力と合い混ぜなって楽しい。ヴァイオリン独奏の方も短いパッセージを叩き込む感じでスキルフルな曲を見事に弾ききった感じおおあり。観衆も多いに満足した雰囲気であった。
もう一曲のラフマニノフの方であるが、がんがんに音を鳴らす、ある意味大味な演奏であった。個人的にはもう少しロマンティックな機微が欲しいところであった。ただ、やはりこの曲の3楽章は美しい。やはりまた機会があれば実演で聴きたいと思ってしまうところが偏愛たる所以か。

サントリーホールでの演奏会でちょっとしたお楽しみとして、曲間の休憩時間においてホールの備え付けの簡易バーでソフトドリンクやアルコールを飲むというのがある。自分は今回飲まなかったが、サントリーだけに自製品のワインやシャンパン、ウィスキーなんかが用意されているので話の種にと思う人にはちょうどいい遊びになるだろう。
お帰りは地下鉄、南北線、東急目黒線を使うのだが、なぜかいつも直通電車に乗れない。白金高輪で乗り換えする羽目になるのだが、行いが悪いのだろうか。次もそうだったら本気で疑わねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/15

今度は7時間。特盛り、胃もたれ(2/15)

経済状況の悪化に伴う企業スポーツの撤退報道が数々流れておりますが、バレー界にもバッドニュースが流れました。
そんな中でもバレーのトップを狙うチームは頑張っているのだとばかりに今日は男子の2部、Vチャレンジリーグを観戦しにいった。
もち2部を観るならやはりはずせないのはFC東京-東京ヴェルディのバレーでの東京ダービー。
そういうわけで朝もはよから川崎市体育館へ出発するのであった。久しぶりの早出である。この日は3試合も組まれているのだ。急がねば。
会場に到着すると入場料は1000円とな。これはありがたい。今時ちょっとした食事でも1000円はするぞ。普通の値段で牛丼の特盛りが食べられるようなものだ。
と会場内に入ると一昔の公衆体育館の雰囲気をむんむんと漂わせる屋内に通じていた。空調設備も一切なし。備え付けのバスケットゴール板が天井に張り付いている。ちょっとノスタルジーを感じさせる。とどろきアリーナと比較することは絶対にしてはならないが、それでも昔はこれが標準だったんだよねってと言いたくなる雰囲気である。
F1000446 で、そこで展開されていたのは首位、つくばユナイテッド-最下位、東京トヨペットの試合。試合の感想としては体格の差、技術の差、プレーの集中の差といった所が少しずつ違いがあって、つくばの方がやはり優勢だ。東京トヨペットも今日は頑張った方だとは思う。3部の地域リーグの試合を観た時に比べたらかなり向上していたと思うし、1セットはとったのだから。ただ試合はある意味予定調和的に進行してしまい3-1でつくばユナイテッドの勝利で首位キープ。

F1000447 2試合目がメインイベント的なメニュー、FC東京-東京ヴェルディ。ともにサポータが声を出す応援は健在である。しかしヴェルディ側の人数が減ってしまっているのが少し悲しい。それでも双方サッカーと同じチャントでチームを鼓舞する。それに呼応してチームも頑張る。特にヴェルディの方はすでに4敗しており、このダービーこそはと挑んできたようだ。試合は毎度ながらもつれる。お互いコンビバレーが生命線のチームだけにサーブでどれだけ崩すことができるかが試合を左右していく。フルセットにもつれるのだが、最後はピンチサーバで得点を稼いだFC東京が逆転で勝利を得て1敗の2位を守った。一方のヴェルディは5敗目となり今ひとつ調子がでない。ただ、今回のチャレンジリーグは12チーム1回総当りを行い上位8チームに入ったら、1回目の勝敗数はチャラになって2回目の総当りに臨めるらしいので、このような試合ができるのであれば盛り返しも可能なのではと思う。
F1000448 これで、帰ってもよかったのだが、ついでとばかり3試合目も観てしまった。警視庁-富士通の組み合わせ。両チームとも上位8チームには入るポジションにいる。それだけにこちらの試合も熱戦となった。センター線をしっかりと持つ警視庁とコンビバレーの富士通という展開で警視庁ペースでありながら富士通が耐えるという展開となった。やはりフルセットになり警視庁がなんとか押し切り勝利。
今回見る限り上位の4,5チームは団子のようにも見える。この中で最終的に2位以内に入れるのはどこなのか。そして、やはりプレミア勢に対抗できるのかというところが興味をそそられる。体格という意味ではつくばが一番対抗できそうだとは思うがそれでもプレミア勢には一歩劣るように思う。コンビバレーではFC東京かな。こちらも外国籍選手のような大ゴマがいないからこれも厳しい。勝つためには何かしらのハプニングが必要かもしれない。
3試合観戦で2試合がフルセットというわけで、7時間も体育館に缶詰。さすがに疲れた。試合は特盛りで胃もたれするくらい堪能したが、自分の腹は空腹である。まだ何とか暮れずにすんでいる夕空を見て帰宅できたのは良かったとしよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/02/01

あえてbjとは比較しない(1/31)

2週空いたが、今日も等々力にてスポーツ観戦。移動費がかからないのはありがたい。
とどろきアリーナにてバスケット男子のJBLの試合を観にいった。
東芝-パナソニックの組み合わせでの1試合。さすがに今日は当日券は余裕で購入できた。2500円。バレー2試合が2000円だった2週前と比べるとコストパフォーマンスは落ちるがそこはしょうがない。
パナソニックは現在首位と好調のようだ。それに対して東芝がどう対抗できるかといったところだろう。
F1000445 3Qまでは競った展開となった。お互いにインサイドを中心とした攻撃をせず、外で回すパターンとなった。パナソニックは中心となるはずの青野がファールトラブルでプレータイムを確保できずちょっと空回り気味。しかし東芝もそこを付込んで、突き放すことができず3Q終了時点で61-57と4ポイントリードのみで終わった。
4Qに入り、青野がやっとプレータイムを確保するようになると、パナソニックのインサイド攻撃が有効に効いてくる。じわじわと点を稼いで逆転、突き放していく。
これが首位の強さかというところである。東芝も最後ファールゲームを仕掛けて逆転を狙ったがそれは叶わず。81-75でパナソニックの勝利となった。
東芝のホームゲームということであったが、会場は半分くらいの入り。やはり宣伝等は一切していないし、東芝関係者にチケットを配布するだけではこんなもんであろうか。
JBLとしてはやはりこの程度の活動が限界というところか、それはバレーでも同じことが言える。個人的にはもっとクラブ化して積極的にお客さんを招く展開を行ってほしいところであるが、それはまだ先の話なのであろう。
とはいえ、bjとの提携について「検討はしている」らしいとのこと。現実的にはまだ遠い話なのであろうが、やはり1つになって展開してほしいというところが本音である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »