« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

あーる晴れた日に♪@映画館(3/29)

日曜にまたもや映画館でオペラを聴きに川崎駅西口の109シネマズへ行ってきた。
演目は日本でもポピュラー(なのか)な人気作。プッチーニの「蝶々夫人」@METライブビューイングである。
前回行った時もそうであったが、オペラの舞台を拡大クローズアップして鮮明に投影する映像は迫力満点。音は映画館なので、原音忠実とはいかないけどそれでも迫力ある音で迫ってくる。
これで、3500円なのはオペラとしてはやはり安上がりなのである。日曜で人気作ということもあってか、お客さんの数もかなりいてスクリーン席の6割以上が塞がるというのだからかなりこの企画も音楽ファンに浸透してきているのであろうか。
で、毎度ながら予習せずに見たのであるが、舞台演出はメトロポリタンにしては簡素でありながら的確。でも、やっぱり少し的外れ的な日本趣味で彩られた衣装が非日本人が演出したことを感じさせる。一方で、障子や提灯といった道具を駆使した舞台は日本人から見ても納得させるだけのものを持っていた。オペラでありながら、主役の歌手以外に舞台を配膳する黒子の存在がなんとも文楽的であり少し歌舞伎の要素も入っている。(といって実際の文楽や歌舞伎、能を現場で観たことは未だ無いので割り引かなくてはならないが)

それにしても、この劇においての主役は蝶々さんよりも夫のピンカートンである。で、いやなやつなのだ。西欧的列強として、日本にやってきて故郷に婚約者がいながら軽い遊び程度の思いで「現地妻」として蝶々さんと結婚の契約をする。そしてあっさりと蝶々さんを捨てて故郷へ帰ってしまうのだ。ねっ、やな奴でしょ。
一方の蝶々さんは終生の愛と信じ。改宗もし、親族から絶縁されたとしてもピンカートンを信じ。子供を生み、さった夫の帰りを3年間待ち続けたのだ。うーー、この時点で悲しいお話ですね。
劇中ではこの蝶々さんとピンカートンとの間に生まれた子供が人形として登場して(これがまた文楽的なの)、観客を泣かせる演技をするのだ。人間の子役では実現できない、細かな感情の機微や動きの繊細さを余すことなく表現してこの悲劇のそのまた悲劇性を強調してくれる。子供の名前もピンカートンが不在の間は「悲しみ」と呼ばれ、無垢であるが故の存在する罪、あー思い出しただけで泣けてきそう。
で、ピンカートンは最終的には日本に本当の妻と一緒に帰ってきて、現地妻の現状を見ることで、自分が生み出した罪を後悔する訳だが、それでもその事実を受け止めることができず現場を逃げてしまう。こらっ、テメイ逃げるんじゃねーと突っ込み所満載であるが、この男、無責任で無軌道でごく普通の軽い人間だったのである。でも共感はできないなーー。
蝶々さんはというと、ピンカートンとの本妻とあうことで全てを悟り、子供を本妻に託して、自らは命を絶ってしまう。
物語的には全くもってのバッドエンド。救いは何もなし。でも、何とも充足感あり。不思議な感覚。フランダースの犬を見た時にも感じるような悲劇でもお腹一杯になるって奴。でも、2回も見たくはないかも。カーテンコールでは子役の人形が一番人気であった。

当然、このオペラは人気作なので日本でも上演されている(新国立劇場でも今年上演されたはず)のだろうけど、日本人が演出したらどうなるのだろうか。もっとも作品自体は西欧人(プッチーニね)が想像上と一部取材で作り上げた虚像の日本でしかないから、オーセンティックな日本を作ったところで意味はないのだろうけど、一度日本人が作った作品を海外で上演したらどうなるだろうかと考えてみる。といって演出の意味が通じるのは日本人だけかもしれないから、やっぱり無駄かな。

休憩2回も含めて、3時間半の長丁場であった。終了後、さてどうしようかな、もう一本映画でも観ようかと考え、何か評判の高い「ヤッターマン」でもと思ったが、なんと売り切れていた。これはさっさと帰れというご宣託であろう。遅い昼飯を食べて帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/16

拳骨が飛ぶ球技だよねーー(3/15)

室内球技の日本リーグは年度末ということで、どこもかも大詰めを迎えておりバスケット女子は一足先にJOMOが優勝を飾っている。
で、今年も年に一度のお楽しみとしてのハンドボール。日本リーグプレーオフの季節がやってきた。ハンドボールはチーム構成の問題により関東でのゲーム開催が少ないため、このプレーオフを観る時くらいしか機会をもてない。によって2日開催にどっぷりつかることにしよう。おしむらくはサッカーJFLの開幕戦とかぶってしまうのだが、そこはしょうがない。優先順位があるのだ。てなわけで、土曜日から駒沢体育館へと足を運ぶ。準決勝から会場はかなりの混雑である。駒沢体育館なので3000人でフルハウスなのだが、ヘタに広い会場で空席があるよりこの方が雰囲気的にはいい。
準決勝の結果は軽く流すとしよう。
女子準決勝のリーグ2位、ソニーセミコンダクタ九州 対 3位、北国銀行の試合は25-17で北国銀行の勝ち。北国銀行のカウンターが見事はまった試合であった。
男子準決勝の1試合目、リーグ1位、大同特殊鋼対 対 4位、トヨタ車体の試合は26-21で大同特殊鋼の勝ち。肝心の所では王者強しと言ったところであった。位勝ち。
男子準決勝の2試合目、リーグ2位、大崎電気 対 3位 湧永製薬の試合は33-30で大崎電気の逆転勝ち。エース宮崎が少し活躍した試合であった。
で、2日目の決勝。
F1000450 まずは女子から。リーグ1位のオムロンに北国銀行が挑む形となる。オムロンは4連覇を目指す闘いだ。ちょっと前はメープルレッズの時代だったが、今はオムロンの時代である。それだけに北国銀行がどれだけできるかが試合の鍵となる。
オムロンの方が選手個々の身体と能力は1つ高い。身長は平均3cmは違うだろうか。な訳で北国銀行はスピードで勝負をしかけることになる。といってもセットオフェンスで得点ができないからショウガナク、守備からの反転速攻に勝機を見出しているといった方が正しい。それでも前半はなんとか食い下がって13-12の1点差で終わることが出来た。
後半になるとオムロンがゆっくりと攻めるようになり相手の反転速攻をしかけさせない戦略にでた。これがうまくはまって、じんわりと点を離していく。北国銀行もなんとかしようとセットオフェンスでも頑張ったりしたのだが、エース1人だけの奮闘となり最後の決め手に欠く。オールラウンドに攻めたオムロンがゲームコントロールを見事しての4連覇を32-28で決めた。
F1000449 次に男子。こちらも4連覇を目指す大同特殊鋼に4年ぶりの優勝を狙う大崎電気の闘い。こちらは共にエースの出来にかかった試合となった。大同は2枚看板である、白と李の韓国人ストライカー。大崎は日本のエース宮崎がどれだけ点数を稼ぎ。他の選手がフォローできるかとなる。宮崎のできは昨日に比べると今ひとつか。明らかに押さえられている。一方の2枚エースの大同は李が好調。後半にどしどし点を稼ぐ。大崎は宮崎以外の選手が奮起して追い上げるが時間が足りない。試合は締まった巧ゲームであったが、大同が前半に稼いだリードをうまく使いながら大崎の追撃をかわして29-27と勝利。
男女ともに4連覇と無敵ぶりを誇った訳であるが、やはり次回は新しい王者が生まれることを期待したい。いつまでも同じ勝者でいるのは停滞と同義であるから。
しかし、一方で経済的問題により男子の本田技研がリーグの撤退を表明するなどリーグ縮小への不安はハンドボールにおいて構造的に存在している。やはり、ここは企業だけでのスポンサードだけに頼らない形でのチームの構築を進めていく必要があろう。ハンドボールにおいてもメープルレッズやHC名古屋、琉球コラソンといったクラブチームを育てていくことが必要だろう。
試合が終わった後、久しぶりに駒沢に出たこともあって、大回りして自由ヶ丘にでて帰った。少し遠いが自分の気に入った紅茶専門店があるのでいったのだが、やはり人でごった返していた。スポーツの人ごみは歓迎だが、こういうのはどうも駄目。さっさと買い物して帰ったとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/08

春遠からじ(3/7)

サラリーマン稼業をしていると昼の天気には疎く、通勤時と自宅の夜の寒さだけが身にしみたりする。その意味では未だ自分においての季節は「冬」である。しかし、休みの日の昨日は少し春の陽気を含んだまま良い天気であった。さすがに3月。冬の寒さも一段落つく時期がきたといえる。
スポーツ日程的にラグビーはシーズンを終了し、バスケ、バレー、ハンドといった室内競技はリーグ終盤戦およびプレーオフを迎えようとしている。
そしてJリーグが開幕。もちろん、次週はJFLも開幕する訳で個人的にはまさに「春到来」。
今年もやってきたんだなーー、と思うところ一杯である。
そんな少し陽気な気分に浸ろうと等々力競技場へ開幕戦を観にいった。川崎-柏戦である。
昨年もその気分に浸ろうと当日券で入ろうとしたところ、切符が完売してしまい泣く泣く引き返した経験があったため、今年は事前に切符を購入しておいた。去年は旧川崎ダービーだったせいもあったからだろうなので、あくまでも保険的意味合いでの購入である。
実際、会場に到着すると、当日券はまだ販売中だった。マーそれはさておいて中に入ると開幕を待ちわびたサポ達がホーム、アウェイ関係なく、うきうきとした高揚感で、キックオフを待ちかねていた。私は今回アウェイの柏側に入ったのだが、これがまた満員。ホーム側の方が余裕があるくらい。最近の柏の動員力はかなりのものなのね。
で、試合だが。前に繋がらない柏。ボールキープはするがシュートできない川崎の展開となり前半は0-0の均衡のまま終了。
「なんかこのまま終わりってのはいやだなー」。少しは花火を打ち合う展開を希望していただけになんかもの足りん。
と、それが選手に伝わったかどうかは判らんが、後半は少し流動的に変化。柏は最初のカウンターを見事に決めて先制。それからは川崎がかなり強引に攻めに転じたが、なかなかゴールをこじ開けることができない。それでも、後半30分に押し込んで同点。柏サポからため息がもれる。
この後、試合終了までは川崎の一方的な攻撃となったが、柏も持ちこたえてそのままドローで終了。
引分けであったが、柏サポからは選手に拍手が送られていた。決して悪くないという判断だろうか。一方の川崎はACLを鑑みるとまだ調子が上がっていないと見るべきか。早速、水曜にはACL初戦があるので今日の問題点を早々に整理する必要があるだろう。
4時からの試合だったので、ナイター照明が点けられての試合であったが、やはり春なのだろうか、寒いと感じることも無く、快適に試合を観戦することができた。これが2週間もたつと暑くなっていくんだろうけど、その季節を感じながら観て行くのも楽しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »