« 東京第3勢力VS第4勢力(4/11) | トップページ | ひとは何故着ぐるみに夢中になるのか »

2009/04/27

縁起物、縁起物、拝むべし(4/26)

先週は情報処理試験を受験しに、武蔵村山までいって、タフな問題と1日格闘していた。いや、難しいし、記述問題は時間が足りない。後は天にまかせるとして今週は運動的にすごすことにする。
「でも、またサッカーや野球てのもなーーー。」と、木曜の夜、少し食傷気味にサンスポWebの今日のスポーツ欄を眺めていたら、「ボーリング。ジャパンカップ」とあった。おおーーー、これだ。とばかり予定決定。日曜日に東京体育館に出撃することにした。
プロボーリング界のお祭り。アメリカのプロボーラーも参加してのビッグマッチであるジャパンカップは例年秋に開催されていたはずだが、どうやら昨年は開催されずどうしたものかと思っていた。ところが今回、GW前に時期をずらして開催することになったらしい。私も過去2回TVマッチを観にいったことがあるが、普段はあまり観ないボーリングでもあるので日本における有名選手もわからないというど初心者であるが、会場の雰囲気だけでも嗅げればそれで良しとしよう。

F1000455 会場に入ると例年通り、体育館の中に特設のボーリングレーンが4レーン用意されていて、ちょうど試合前のエキシビションが執り行なわれていた。なんともお祭りの雰囲気が濃厚。それも終了して決勝トーナメント8名が登場すると、会場も闘いの場としての雰囲気を取り戻す。
ボーリングとしてはめずらしく単純なトーナメントによる決勝で行うらしい。8人の構成はアメリカ3名、日本3名、韓国2名。残念ながら、誰もわからない。ノームデュークぐらいなら知っているのだが、今回は決勝には残れなかった。
決勝1回戦から1試合づつとりおこなわれて行ったのだが、その中で驚きが待ち受けていた。1回戦、2試合目のライノ・ページ対ジョン・テハの試合であったが、ライノ・ページが見事な集中力を発揮して、ポンポン、ストライクを決めていく。会場の観衆も6フレームくらいから予感を持ち始めて彼の一投を見守る。レフトハンドから大きなカーブボールでスポットに入れていく。9フレーム、10フレームは燃えたなー。会場からも投げる度に、そしてストライクが決まる度に声援が飛ぶ。そして最後の一投を見事に決めて、パーフェクト達成。会場の選手席からアメリカのプロ選手一同が飛び出して祝福をあげる。いやー、たぶん一生に一回あるかないかを目の当たりにしたんだよなーー。いやーーありがたやありがたや。ご利益がありますようにっと。

TVマッチでパーフェクトを決めると優勝賞金500万の倍額、1000万円を貰えるとのこと。と言う訳で燃え尽きた訳ではないが、ライノ・ページは準決勝で負けてしまう。
決勝は共にアメリカ勢のパトリック・アレンとウェス・マーロットとの1戦。パトリック・アレンが先にフォースを決めて先行するのをウェス・マーロットが追う展開となるが、結局追いつかれることなく逃げ切り、パトリック・アレンが247-214で勝利。初優勝を飾った。
優勝インタビューで「最初調子が悪かったが、自分に調子は良くなるといいきかせた」と語っており、長時間の集中力をどう保持するかが勝負のあやとなっていることを教えてくれた。

それにしても、パーフェクト達成を拝めるとはまさに眼福の至りでありました。
ボーリングは昔、地元にもボーリング場があって家族で遊びに何回かいったことがあったがそれもほんの数回のこと。そのボーリング場も閉鎖されて私のボーリングとの関わりはほとんど切れた状態である。そしていまや大分ボーリング場も数が減ってしまって、一時期の隆盛がうそとしか思えないくらいだが、その時のアイドル、スターであった中山律子氏がボーリング協会の会長としてこの日も臨席し、表彰を行っていた。何とか復興をと、秘策を練っているのかもしれないが、兎に角頑張っていただきたい。
このジャパンカップだけはNHK衛星で録画中継があるということだ。ということは当然ながらパーフェクトゲームを放映するだろうから、そのご利益にあやかりたい人は是非チェックをしていただきたい。

|

« 東京第3勢力VS第4勢力(4/11) | トップページ | ひとは何故着ぐるみに夢中になるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/44815326

この記事へのトラックバック一覧です: 縁起物、縁起物、拝むべし(4/26):

« 東京第3勢力VS第4勢力(4/11) | トップページ | ひとは何故着ぐるみに夢中になるのか »