« 縁起物、縁起物、拝むべし(4/26) | トップページ | あー、酒飲みたかったなーー(5/10) »

2009/05/07

ひとは何故着ぐるみに夢中になるのか

このGW中久しぶりに帰省先に帰ってのんべんだらり、食っちゃ寝の生活に浸っておった。ありがたや五連休。そんなおかげでぐうたらな午後、暇つぶしに彦根城の城山へ散歩にいったのだが、いやーー、人がなんでって言うくらいにいるのよ。10年前はGWでもこんなには観光客が溢れることは無かったのに。時代は少し変わったのかと駐車場待ちの列がどんとできている状況を横目に城山の中へ。
すると看板にその元凶かもしれぬものが現れる。「今日のひこにゃん」なる文字。以前での登場時には冷たい反応をしていたこいつであるが、今や大化けしてしまい年商10億をかせぐ「ゆるキャラ」界の王者として君臨するのであった。そんなこやつが日に三度30分間、人の前に登場するとの告知がされていたのである。「ほーー、たまたま時間があうぞ、では観てみるのも悪くは無いか」と天守閣前の広場へとよっこらしょと登山。到着したその場には既に芸能人の登場の出待ちをしているかのような人々が何重かの人垣を作っていたのだった。この時点で認識を新たにすることしかり。
F1000456 そして勇躍、ご本人光臨。人々から「きゃー、かわいい」の声がそこかしこにあがり、人垣もさらに増える。たしかにこいつの動きはかわいらしさを強調するきらいがありありと見える。お客もそれを期待しているのであろう、それから30分間はファッションモデルがポーズをとって写真にとられる様のように、こやつがしなを作ってはシャッターの嵐を受けるのであった。
個人的にはやはり「かーーわいーーー」と言いながら蹴りを入れたい衝動に駆られるのだが、今やスターとなってしまったこやつにできるはずも無く、周りの人々と同様に1枚写真を撮るの留めたところは一応の大人の対応をしたと思っている。
それにしても、この人々の熱病のようなうかれぶりはなんなのか。特に女性の受けがよろしいようでNHKのニュースにもなった年賀状やバレンタインのプレゼントなどでは女性の比率が圧倒的であったそうだ。そしてこのネコは意外にもキャラクター管理はシビアらしく、千葉に住むにねずみさん並に徹底しているとのこと。そして年賀状の返事を出す等まめな点も人気を形どる要因になっているのかも。
それでも、世間に受けいれられず人知れず消えていくものが五万といる中で生き残ったのは地元にとってはありがたいことなんだろう。
私も職場へのお土産として、キャラクター煎餅を買ってしもうた。金を落としてやったぞ、ありがたく思え。さて、職場の女の子の反応は如何に

|

« 縁起物、縁起物、拝むべし(4/26) | トップページ | あー、酒飲みたかったなーー(5/10) »

コメント

癒しでしょうか
ひこにゃんもいいし、雨模様かさにもキャラと名前入れて連れ歩き

投稿: 傘ピタ | 2009/05/08 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/44933593

この記事へのトラックバック一覧です: ひとは何故着ぐるみに夢中になるのか:

« 縁起物、縁起物、拝むべし(4/26) | トップページ | あー、酒飲みたかったなーー(5/10) »