« 押してても勝てなければ負け(6/13) | トップページ | 投手戦にて短時間で終了(7/1) »

2009/06/15

おひさしぶりのなでしこの花(6/14)

土曜に続き、今日日曜もスポーツ観戦に出向くことにした。
何にしようかと考えたのだが、ひさしぶりに女子サッカーにした。なでしこ1部の日テレベレーザ-ジェフ千葉レディースの試合を駒沢でみることに。ありがたいことに無料である。
なでしこリーグはここ10年でベレーザが優勝7回と圧倒的な強さで制している。今年は主力メンバがごっそりと海外移籍で抜けたがそれでも1試合少ない状況で現在3位である。
一方のジェフだが、昨年は2部で優勝しての勇躍の1部のゲームであるが、現在中位につけている。目標は現実的に残留であろうが、今のところは順調と言ったところか。
駒沢の陸上競技場の中に入ると芝生が綺麗になっていたのにびっくり。そのほかにもトイレが綺麗になってたりとかして少し改修されていた。これなら、Jリーグ開催も充分に可能な設備といっていい。と思ったら、土曜日にナビスコ杯で実際に使用されていた。近くに病院があるため、難しいかもしれないが23区内にJやJFLチームができたらここでホームゲームをしてほしいものだ。23区内に2,3チームあってもおかしくはない。

F1000462 で、試合の方は人が変わったといってもベレーザはベレーザだった。個人の体力、走力、技術力でボールをキープして、相手を振り回す。ジェフも一生懸命チェイスしてプレッシャーを与えるのだがそこをかわしていく力はさすがだ。最初こそ均衡状態だったものの、前半半ばからベレーザが優位になり、裏へのパスをフォワードが走りこんでのシュートにより前半終了時点で2得点。後半になってもその優位さは変わらず、さらに2得点をあげ、ジェフの反撃を1点に抑えた。4-1での順当勝ちといっていいだろう。この試合で2位にあがった。首位は浦和レッズレディースに1試合少ない勝ち点差3で追う。
両チームともJリーグ系のクラブの女子チームだけにともにサポが20名程度とはいえしっかりとやってきており、本家と全く同じチャントやコールで鼓舞していた。試合終了後には勝ったベレーザも敗れたジェフにも大きな拍手で健闘を讃えていた。ここは男子とはちょっと違った女子の世界でもある。彼女らはプロではないのでね。
昨年、女子サッカー界は経済危機の影響をうけて重鎮であったTASAKIペルーレを廃部と言う形で失った。小さくない痛みであり、今年も決して安穏とはできないであろうが、この危機をなんとか乗り越えようと必死であろう。そして将来の展望ももっていて現在、1部、2部8チームずつのリーグ形態を1部を12チーム、そして2部を東西分割して16チームへと拡大しようとしている。
これを実現するのは大変であろうが、我らサッカーの仲間達がサポートしていくことで達成させれればと考えるのである。

|

« 押してても勝てなければ負け(6/13) | トップページ | 投手戦にて短時間で終了(7/1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/45351327

この記事へのトラックバック一覧です: おひさしぶりのなでしこの花(6/14):

« 押してても勝てなければ負け(6/13) | トップページ | 投手戦にて短時間で終了(7/1) »