« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/27

メリケン物の蹴球花試合(7/25)

前回はバレーボールということで今回はフットボールにしよう。でもサッカーではないのにした。てなことで、アメリカンフットボールである。この時期は春シーズンも終わっていて全くもってのオフシーズンなのだが、日本代表の試合が執り行われるという。日本代表の試合はまだ観たことがないのでこれを選んだ訳である。
今回のこの試合は日本にアメリカンフットボールが伝来してから75周年を祝う花試合として企画されたものなので招待されたチームも少しネームバリューがある。アメリカの大学フットボールにおいては名門中の名門として並び立つノートルダム大学のOBを臨時編成してきた。残念ながら現役を連れてこなかったのは、日本側が試合にならないと判断したからなのだろうか。ともかくオフィシャルホームページを見る限りは30代、40代も含めていろんな年代のOBが混じっておりまさに急造チーム。これなら勝てるかもと思うのは私だけではないはず。前日の記者会見などでは代表監督は「勝たねば」と力説していた。
会場は東京ドームということで、地下鉄三田線に揺れながら水道橋に到着。30分前についたので余裕しゃくしゃくだと思っていた。ところが当日券売り場の窓口がネックとなってなかなか中に入れない。やっとこさ入れた頃にはキックオフ寸前であった。とりあえず間に合った。
F1000467 野球場のピッチャーマウンドをはずして平にした人工芝グラウンドにアメフトフィールドが形成されており、1チーム当たり60名あまりの選手が控えている。その意味ではアメフトは単に技術、体力、知能を争うだけでなく物量が有無を言うスポーツでもある。サー、日本代表はどのくらいのことをしてくれるだろう。
で、試合になると攻撃も守備もなかなかに健闘してくれる。先にFGで先制することもでき、ファーストダウンも予想以上に簡単にとっている。でも、エンドラインまで攻め込むことはできない。
一方のノートルダム。攻撃は正直拍子抜けするほど大したことはないというか、ランしかしないので日本守備陣対応がしやすい。ゲインするとしても個人技でなんとかしているだけのように思える。それでも、ノートルダムと冠している以上は恥ずかしい試合はできないとばかり、その個人技でどんと大きなゲインやインターセプトをとってTDに結びつける。
日本の攻撃も次第にノートルダム守備陣に抑えられてしまい、得点は最初の1FGのみに終わってしまった。結果、19-3とロースコアではあるもののノートルダムが守備陣の活躍による勝利を得た。
正直もう少し攻撃において工夫があれば得点はできたと思うし、勝つこともできたのではと思うくらい。「なんで負けたの」と当事者自身が一番痛感していることであろう。
会場にはノートルダム来日ということもあってであろう、在日米人が多数来場していたのだった。残念ながら私のいた場所から離れた箇所に固まっていたので遠めに見て判断したところではあるが、かなりはじけていたようである。私は海外生活をしたことがないのでこういう母国チームが来訪して試合をするというのがどういう感慨をもって迎えることになるのか判らないのだがやはりお祭りとして楽しみにしていたことは想像に難くはないのである。
いつか私もどこか異邦の土地に住むことになってサッカーの日本代表がやってくるなんとことがあったら何を差し置いてでも馳せ参ずることであろう。もっともそんな立場になることがいつかあるのだろうか。いやないだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/13

合同練習試合へようこそ。再訪(7/11)

まだ、梅雨明けとはいかず、非常に湿度の高い、今日この頃。
日本だねーーと思うわけでありますが、こんな週末にどうしようと考えたのである。
サッカーや野球もいいが、ちょっと食傷気味。ひさしぶりに違う物が食べたい。
というわけで、バレーにすることにした。この時期にバレーで何があるのという所だが、あるですねこれが。Vサマーリーグというしろものがあるんですわ。
ただ、これは人知れずひっそりと執り行われているので気づくのはバレーファンでもコアな人か私のような変人の部類に入るものしか観に来ないしろものなのだ。
実は3年前に男子の試合を観にいっているのでその雰囲気はすでに経験済み。今回は女子の大会なのだ。で、中河原のNECニューライフプラザへ朝もはよから出発。無料シャトルバスを利用して到着である。この会場は廃部が決定した男子NECの練習会場となっていた場所だ。展示スペースには男子チームの燦燦と輝く歴史の跡が展示されており、「兵どもの夢のあと」状態。で、会場に入ると第1試合はすでに始まっていた。
このリーグは1部のVプレミアと2部のVチャレンジの各チームから希望したものだけが参加する大会で。この会場には1部からはNEC女子のみが参加、他5チームは東日本の2部チーム(柏、黒部、栗山製菓、PFU、GSS)が参加しての6チーム総当りのリーグを2日間でやってしまおうという強行日程、1日目は各チーム3試合敢行というかなり厳しい環境での実施となる。なので、負担軽減のため1試合は3セットマッチで行う。

F1000466 当然ながらこの時期なので、どのチームも試行錯誤の真っ最中なはず。チームの格や前年度リーグの順位などはあまりこの日には影響しないというか全くグチャグチャな混沌とした状況であった。
NECは知っているわけではないが基本的にサブメンバ主体のチームのようだ。なので、かなり苦戦しながら3試合をこなしていた。まーそれでも3勝するのはさすがというところか。また、前年度2部で優勝したはずのPFUが3連敗するなど、やはり合同練習試合といったところ。ゲームもなんとも練習試合風に進展していく。ボールは1ボール。ボールボーイもいない。線審は休みチームの控え選手が行うなど、高校同士の練習試合のようだった。
会場は無料で入場できるのだが、さきほども言ったとおり、特に宣伝されているわけでもないのでここに来ている人は基本的にバレーが好きな人である。そこはマニア的な人がいる訳で会話を盗み聞きすると何かと選手の話をしている。サッカーや野球ほどではないが、やはり同好の士というものはいるというところか。
で、この2日間にて行われたリーグは1位、NEC。2位、kurobeアクアフェアリーズとなりこの2チームが優勝ラウンドへ進出。JT、久光製薬との対戦となる。

男子、女子ともに廃部チームがでて、バレー界は再び縮小の波がきているのかもしれない。が、これを挽回するにはやはり、クラブ化、プロ化の方向にもっていくしかないのではと思うのだが、いかに。その点でも今度のリーグでのFC東京の結果は注目されると思うのだがね、何とか今の沈滞したムードを破壊してもらいたいものだ。あのサポ達であればできるはずと思っているのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/03

投手戦にて短時間で終了(7/1)

平日の水曜日、ナイターを見ることにした。といって、プロ野球やサッカーではなく社会人野球の都市対抗野球の予選。東京地区の第3代表を争う闘いなのである。
都市対抗野球は社会人野球におけるお祭りかつ野球部の存在意義を会社本体に示す最大にして唯一の場である。それだけに本大会にでるでないは選手や関係者にとって非常に重要なのだ。
で、その闘いの場にでてきたのはセガサミーと東京ガス。セガサミーは社会人野球の新興勢力であるが、ここ2年連続で本大会に出場している。一方の東京ガスは失礼ながら存在をしらなかった。でも、東京ガスって色々と部活動をしているのね。今はFC東京となっているサッカーやバレーに加えて、アメリカンフットボールももっていたりする。

F1000465 会場は神宮球場。中に入ると開始1時間すぎていないにもかかわらず、すでに4回裏セガサミーの攻撃中であった。点差は1-0でセガサミー。かなり試合展開が早い。当然と言えば当然だが、両チームともにブラス付きの会社応援団がいて社員や関係者が多数来場してコールを挙げており、私の周りで挨拶が飛び交っている。そして、東京ガスにはFC東京のサポ達はこれもまた当然ながらいる訳も無く。
そんな試合であるがセガサミー、東京ガスの両投手がなかなかに良い。こうなると次の1点で試合の帰趨は決まってしまうだろう。ということで、我慢合戦となったのだが、やはり、本大会への場数の差がでたか、セガサミーが6回、7回と1点ずつ追加し、3-0とした。
事実上これで勝負あり。東京ガスもヒットはでるものの、肝心な場面では相手投手に完全に負けてしまい、凡打の山を築いた。
試合はそのまま3-0で終了。2時間ちょっとで終わる早い試合であった。セガサミーは3年連続の本大会出場となり紙テープが舞う中、喜びを爆発させていた。一方の東京ガスであるが、これでチャンスがなくなったわけではなく、日立、東芝、JFE東日本の3チームと最後の3つの枠を争うこととなった。今年は本大会の枠数が増やされていて少し敗者復活枠がやや広めなので何とかババ抜きのジョーカーを掴まないようにしたいところ。さーがんばりましょうね、4チーム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »