« おひさしぶりのなでしこの花(6/14) | トップページ | 合同練習試合へようこそ。再訪(7/11) »

2009/07/03

投手戦にて短時間で終了(7/1)

平日の水曜日、ナイターを見ることにした。といって、プロ野球やサッカーではなく社会人野球の都市対抗野球の予選。東京地区の第3代表を争う闘いなのである。
都市対抗野球は社会人野球におけるお祭りかつ野球部の存在意義を会社本体に示す最大にして唯一の場である。それだけに本大会にでるでないは選手や関係者にとって非常に重要なのだ。
で、その闘いの場にでてきたのはセガサミーと東京ガス。セガサミーは社会人野球の新興勢力であるが、ここ2年連続で本大会に出場している。一方の東京ガスは失礼ながら存在をしらなかった。でも、東京ガスって色々と部活動をしているのね。今はFC東京となっているサッカーやバレーに加えて、アメリカンフットボールももっていたりする。

F1000465 会場は神宮球場。中に入ると開始1時間すぎていないにもかかわらず、すでに4回裏セガサミーの攻撃中であった。点差は1-0でセガサミー。かなり試合展開が早い。当然と言えば当然だが、両チームともにブラス付きの会社応援団がいて社員や関係者が多数来場してコールを挙げており、私の周りで挨拶が飛び交っている。そして、東京ガスにはFC東京のサポ達はこれもまた当然ながらいる訳も無く。
そんな試合であるがセガサミー、東京ガスの両投手がなかなかに良い。こうなると次の1点で試合の帰趨は決まってしまうだろう。ということで、我慢合戦となったのだが、やはり、本大会への場数の差がでたか、セガサミーが6回、7回と1点ずつ追加し、3-0とした。
事実上これで勝負あり。東京ガスもヒットはでるものの、肝心な場面では相手投手に完全に負けてしまい、凡打の山を築いた。
試合はそのまま3-0で終了。2時間ちょっとで終わる早い試合であった。セガサミーは3年連続の本大会出場となり紙テープが舞う中、喜びを爆発させていた。一方の東京ガスであるが、これでチャンスがなくなったわけではなく、日立、東芝、JFE東日本の3チームと最後の3つの枠を争うこととなった。今年は本大会の枠数が増やされていて少し敗者復活枠がやや広めなので何とかババ抜きのジョーカーを掴まないようにしたいところ。さーがんばりましょうね、4チーム。

|

« おひさしぶりのなでしこの花(6/14) | トップページ | 合同練習試合へようこそ。再訪(7/11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/45528012

この記事へのトラックバック一覧です: 投手戦にて短時間で終了(7/1):

« おひさしぶりのなでしこの花(6/14) | トップページ | 合同練習試合へようこそ。再訪(7/11) »