« メリケン物の蹴球花試合(7/25) | トップページ | ひさしぶりのフットボールコンボ(8/23) »

2009/08/24

これでも世界2位なんですってば(8/22)

約1ヶ月のご無沙汰でありました。といって何もしてなかった訳ではなく。旧盆の夏休み期間にもともとの予定では北アルプスの爺ヶ岳から蓮華岳への縦走を予定していたのだが、天候がよろしくないので諦め、日帰りで御嶽山へ行ってきた。天候は何とかもった。予想ではもちょっと楽に行程を終わるはずだったのだが、1日での800mのアップダウンが意外にも厳しかったのであった。自重が増えたのが一番の原因である。少ししぼらんといかんな。そんなこんなでの頂上ではさすがにおんたけさんは「夏でも寒い」であったよ。
来年は自重を減らして少し厳しいところを目指そうかと思っておるが今回のていたらくでは先が思いやられる。
で、夏休みも終わり1ヶ月程ボールゲーム観戦からも離れていたので禁断症状がでてきたわけではないが、何か食べたいと思った中そう言えばこの時期開催されていたなというわけでHPを検索したのである。
「フライングディスクのアルティメット競技」。3年前に初めて観にいったのもこの時期だ。で、見事御名答。今年もしっかりと駒沢競技場で学生選手権の決勝が開催されるのであった。てなわけで開始時間は不明ではあったが、とりあえずどうにかなるでしょとばかり11時に駒沢競技場に到着。やっぱり、女子の試合の後半がすでに始まっていた。
ルールや見方については前回の観戦記を参照してね。って、手抜きであります。
F1000468 女子の組み合わせは3年前観戦時も優勝した中京大学と日体大で、追いつ抜かれつの展開を繰り広げており応援団は何かと騒がしい。細かいパス交換によって相手エンドゾーンにせまるのも3年前と同じ。最初は中京大が優勢だったのだが、日体大がプレスディフェンスによりいいポジションからの反攻に成功して逆転に成功。そしてリードを保ちながらタイムキャップに突入。中京大も粘ったのだがおよばす。日体大が15-12で勝利した。
男子の試合が始まるまで少し時間が空いた。食事をしようと向かいの駒沢体育館の食堂に向かうと、体育館がどんと人だかりが吐き出されていた。何かと思ったら、NHK協賛のABU大学ロボコンの大会が執り行われており、アジア各地の応援団がわんさと来ていたのだった。アジアンテイスト満開。よって食堂は満員でとてもじゃないが無理。しょうがないってんで売店で菓子パンで昼食をすませたよ。
F1000469 で、次は男子の試合。組み合わせは日体大と成蹊大学である。男子の試合となると身体能力をつかったジャンプや走り込みにより競り合いが多発する。アルティメット競技の醍醐味はなんといってもエンドゾーンでのディスクの奪い合いのシーンであってこの日も炸裂したのであった。そんな試合であるが、日体大が常にリードする展開となり成蹊大学はなかなか追いつけない。で、そのまま16-10で日体大の勝利。男女アベック優勝とあいなった。
このアルティメット競技は今年、台湾の高雄にて実施されたワールドゲームズ(オリンピック非実施種目で実施される国際総合大会)にて男子だろうか2位になったとのこと。球技仲間としては中々に喜ばしいことであるが、残念ながらスポーツ紙等の報道はほとんどされなかった。日本ではオリンピック種目であるかどうかはスポーツ報道として扱ってもらえるかどうかの大きなファクタである。もう少し巷で普及していれば扱いも変わったかもしれないだけにちと残念。一方で最近に2016年のオリンピック新種目での7つの候補からゴルフと7人制ラグビーが採用対象として候補となったとの報道もあった。アルティメットがオリンピック種目なる可能性は現状では厳しいでしょうが、これからも地道に普及を図れば、国体ぐらいなら採用されるかも。でも、その国内においては前回も書いたとおり、ラクロスやドッジボールが大きな敵かもね。

|

« メリケン物の蹴球花試合(7/25) | トップページ | ひさしぶりのフットボールコンボ(8/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/46019425

この記事へのトラックバック一覧です: これでも世界2位なんですってば(8/22):

« メリケン物の蹴球花試合(7/25) | トップページ | ひさしぶりのフットボールコンボ(8/23) »