« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/29

水上の格闘技とよく言った物だ(9/27)

前日のバスケットに続いて日曜日は前から予定していたスポーツ観戦。久方ぶりに横浜国際プールへ行くことにした。この横浜国際プール、横浜市営地下鉄のグリーンラインが開通してアクセスが格段に良くなった。以前は地下鉄センタ北駅からバス、もしくは武蔵中原からバス経由で少し徒歩するかのどちらだった。本数が飛躍的に増えて到達時間も安定する。いやーほんと楽。ってな訳であっという間に10時半に到着できた。

F1000479 この会場で行われるのは水球の日本選手権なのだが、男女の3決と決勝をそれぞれ計4試合が執り行なわれる。そのため少し早めの試合開始とあいなった。あたふた。
水球はオリンピックでの花形競技と言われているのだが日本においてのステータスは思いのほか低い。現在、日本のオリンピック競技のうち日本リーグを実施していないのはこの水球だけ。国体種目ではあるものの少年男子が実施されるだけと普及率も低い。平均選手寿命が短いとないないづくし的な部分がある。
実際、参加チーム名を挙げてみよう。
女子では東京女子体育大、鴨沂水球クラブ、高槻水球クラブ、全びわこスポーツ大学、藤村スイムスクール、聖徳クラブ、藤村女子高、日体クラブ。
男子では全日体大、専修大、日本大、全筑波大、稲泳会、桜泳会、三建・30CLUB、WARRIOR。
企業系のチームはほとんどなく、大学や高校系のクラブやスイミングスクール系のチームが主流。しかも大学でもOB込みでのチームで参加というのがあり、水球を続けることがいかに大変なことであるかということを現していると思う。
そんな水球であるが今回は気合が入っていて、Jスポーツにて録画中継があるとのことである。個人的には非常に激しいスポーツだけに観るのも楽しいと思うので是非これからも宣伝に頑張ってほしい物だ。ほんとはNHKが中継すべきだとは思うのだが。だってオリンピック種目の日本選手権だよ。っていうのは我がままであろうか。
水球のルールを知らない人に軽く説明。端的に言えば、水上で行うハンドボールである。1ピリオド8分を4ピリオド繰り返し、得点を競うゲームである。水上で行うだけに身体能力を非常に必要とする競技だ。
では3決の試合の結果を端的に。
女子の3決では藤村スイミングスクールが全びわこスポーツ大学を14-9で破った。
男子の3決では全筑波大が三建・30CLUBを9-7で破った。
で、決勝。まず女子だが、組み合わせは東京女子大対日体クラブ。この試合は逆転、逆転を繰り返すシーソーゲームとなった。ゴール前は女子にもかかわらず、非常に激しい。ハンドボールも拳骨が飛び交うような競技だが、水球はもっとすごい。水中でつかむ、ひっぱる、手足をからませる、相手を沈めるといったことがひっきりなしに起こる。ホントは反則なんだろうけど、それをしないと勝てないのだ。立ち泳ぎしながら、パス交換やシュートをする姿は女子選手といいながらも、逞しいとしか言えない。いや、ほんとすごいっす。
3ピリオド終了時には1点ビハインドであった日体クラブであったが、最終4ピリオドに5得点を挙げて逆転。東京女子大の反撃を2点におさえ、最終スコア11-9にて勝利。6年ぶりの優勝とのことである。
一方男子、こちらはまさに筋肉美の塊のような選手たちがぞろぞろ。
絶対王者、全日体大対早稲田大系のクラブ稲泳会である。で、試合は稲泳会が先行するもすぐ全日体大が逆転して大きくリードを取る。男子だけにボールスピードが一段と速くなる。ゴール前の激しさも半端じゃない。実際けんかしてるも同然のような状況だ。しかし、審判もプールサイドからどうやって反則を見極めているのか実に謎だ。これはかなりの修行が必要な気がする。今回、主審の1人はギリシャから招待した審判であった。だからと言う訳でもないが、激しい攻防にもかかわらず選手は審判の判定には従順。ほかの球技のように抗議している暇もないというのが実情なのかもしれないが、かなりこの点はジェントルな部分である水球であった。
で、試合はこのまま全日体大がセーフティリードを保ちながらゲームコントロール。稲泳会もポイントゲッターがかなり奮闘したのだが、残念、追いつくまでには至らず。15-11で全日体大が勝利。7連覇を果たした。
水球界は男女とも日体大が王様のようだが、やはりスポーツというのはライバルがあってこそ発展する物。特に男子においては対抗馬が生まれてほしいと思う。

1試合は1時間とちょっとで済むので4試合もあるがあっという間の6時間であった。いやはや満足、満腹。いやー、オリンピックの花形であるというのも判らんでもない。見れる機会が年1回程度というのが実におしい。もし、東京オリンピックが招致できたら、私は真っ先に水球を観にいくぞ。いやほんと。だからうまく通ってほしいな。どうやら敵はリオデジャネイロのようだ。さて如何に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/09/28

麻生太郎が挨拶したんだってさ(9/26)

9月の連休は前言通り、映画館でオペラを2つ満喫。METライブビューイングのモーツァルトの「魔笛」とチャイコフスキーの「エウゲニー・オネーギン」を銀座、東劇にて観劇した。特にさすがは魔笛でこの人気演目、ほとんどWEBでしか宣伝していないにもかかわらず大勢の観客がやってきていた。もちろん堪能したのだが、ちと残念だったのが、「英語」だったのよね。こちらとしては「独語」を期待していたのだ。日本人としてはどちらにしても直接は理解できないのだけれどもやはりオリジナルで聴きたいという欲求もあったわけで。
とそんな連休をすごして1週間後の土曜日、こんどはスポーツ観戦というわけで代々木第2体育館へGO。女子バスケットのWJBL開幕戦を観にいった。女子バスケットは直前に世界選手権の予選を3位で通過して世界選手権へのなんとか切符を確保した。とりあえず男子と共倒れにならなくてよかったよかったと言う所だろう。試合開始前のセレモニーにてバスケット協会会長の麻生前首相が感謝の言葉を述べていた。しかし、この人。バスケットと言い、ライフル銃と言い、もめてる所の火中の栗を拾わされているなと。もっとも、単なる名誉職でしかないようだけど。未だバスケット協会に対する私の見かたはあまりよろしくない。と言う訳でもっとましな人を会長に据えないといかんと思うよ→協会。
F1000477 F1000478 で、開幕戦は前回リーグ制覇のJOMOに富士通が挑む一戦とあいなった。で、この試合なんだけど、開幕戦の緊張感が悪い方向に働いた試合であった。どちらも守備的に試合に挑んだせいもあるが攻撃がお互いに不調。特にJOMOはゲームキャプテンである大賀を筆頭に全く歯車がかみ合っていない。富士通もよろしくないのだが、こちらは個人技の3ポイントだけはなんとか決まったのでその差でリードしていく。
後半に入っても両チームピリッとしないで、ロースコアの展開に。結局JOMOは53点とるのがやっと。これでは勝てるわけがない。67-53で富士通が勝利。正直、今シーズンのJOMOは厳しいのではないか。個人個人は能力が高そうなのだが、チームとして機能していないという感想をもった。で、日曜日も同じ組み合わせで試合をしたそうだが、こちらも70-56で富士通だったそうな。2試合連続で50点台というのはきついっぞ。
第2試合は日本航空対アイシンAWで、こちらはオープンな点の取り合いとなった。日本航空の方が体格が小さいのだが、パススピードでアイシンを翻弄していく。アイシンも試合展開ほどは点差はなれず粘っていたのだが、最後は力尽きた。91-75で日本航空の勝ち。やはりこちらも日曜日、日本航空が連勝したそうな。
すでにアジアの中でも存在感を失いつつある男子に比較すれば女子はアジア6か国中の3位ではあるもののまだなんとか世界と対峙できる位置に踏みとどまっている。今のうちにバスケ協会としてのゴタゴタを遅きに失した状態ではあるが処理して再出発を図る必要があるだろう。そうでないと女子も男子に引きずり込まれる懸念がある。正直、笑い事ではすまされないと思うよ。だから麻生さん。早く実務のできる会長人事を行って後任にまかせてあんたは政治に専念しなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/08

3月での再会を楽しみにしながら(9/6)

秋冬シーズンが本格的に始まった。すでにフットサルが開幕していたが、今週はラグビーとハンドボールが開幕。9/26には女子のバスケットリーグも開幕と順々に始まっていく。
で、日曜はそのハンドボールを観にいくことにした。会場は横浜文化体育館。
JHLに所属するハンドボールチームで関東を所属地としているのは埼玉の大崎電気だけそのせいもあってJHLでのゲーム開催は関東においてはこの開幕節と3月のプレーオフしかない。なので、見る機会が少ないのだ。しかも今回は男女1試合づつということで見逃してはならぬ。このところ連続して観戦しているがそれはたまたまということかな。
会場に入ると約6割の入りか。どちらかというと動員の学生さん達が多いか。まーそれでもいないよりはましかも。この日の組み合わせはまず女子において、前年度優勝のオムロン対3位のソニーセミコンダクタ九州の試合と男子では前年度2位の大崎電気対4位のトヨタ車体の組み合わせ。
F1000476 まずは女子の方から。オムロンの方が当然格上なのだが、試合展開はソニーの注文にうまくはまってしまった展開となってしまった。オムロンの攻めがあまり芳しくない。ソニーの守備がよかったという感じではないのだが、シーソーゲームを延々と続けてしまっている。はっきり言って泥試合。でも、ソニーからすればこれは望むところであっただろう。そうこうしているうちにソニーがぽろっと後半終盤に先行してしまう。オムロン必死に反撃するも時間が足りず、1点差でタイムアップ。28-27でソニーが勝利。女子ではオムロンが4連覇していた訳だがいきなりのアップセット。今年は面白い展開が期待できる。
F1000475 一方男子。大崎電気は絶対エースであった宮崎が海外移籍でいなくなった穴をどう埋めるのかという所が注目だったのだが、それをチェックする必要がないほどトヨタ車体がハンドリングエラーをしてしまい、反転速攻の渦に巻き込まれてしまい自滅してしまった。大崎としてはチェックしたい所をチェックできないまま勝利してしまったかもしれない。それくらいの大差、36-25での勝利。試合的にはもっと接戦を期待していただけに残念。
今年のJHL。女子は昨年と同じ6チーム総当り3回戦制で上位3チームがプレーオフ進出となる。男子は10チームから8チームに削減し総当り2回戦制で上位4チームがプレーオフ進出となる。やはり女子はオムロン、北国銀行、ソニーセミコンダクタ九州の3つが固いか。男子は大同特殊鋼、大崎電気、湧永製薬までが有利で後1つは正直わからない。さてどこになるだろうか。で話題としては今度のプレーオフ会場は今までの駒沢体育館から東京体育館に格上げ。駒沢体育館でフルハウスを何年か続けた甲斐があったというものだ。1万人全部観衆で埋まるとは思わないけど、当然ながら3月はプレーオフ参加ということで、楽しみにしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/07

9月はオペラ映画月間の予定

映画館でオペラを観るという「METライブビューイング」をみるようになったのはちょうど1年前くらいのこと。前シーズンは4作観劇したが、今年の新シーズンはどうなるのだろうかとHPを眺めていた。そうすると意外かつ挑発的な見出しがでており、これを見た瞬間に「この挑発受けた」とばかり予定をくんでしまったよ。

というのもMETライブビューイングの過去3年分24作品の一挙アンコール上映をするとのこと。場所は東銀座の東劇にてってな事で早速土曜日に出張ってきたよ。
この日の上映のうち2本をみることにした。1つはベルリオーズの「ファウストの劫罰」。ベルリオーズというと幻想交響曲だけが一つ突出しているので他の作品に触れるのはなかなか大変なのだが、このオペラでは「ラーコーツィ行進曲」だけは有名で、聴いたことのある人もいるはずだ。当然ながら筋も知らずに観たわけだがさすがはMET。演出がとにかく豪華絢爛、人によっては無駄に装飾をつけすぎだと思う方もいるはずってほどすごい。映像でもその演出、舞台技術がいかにすごいかを説明、喧伝していたが観てる側からは「だから何」っていう部分も正直あった。いずれにせよ戯曲「ファウスト」を基に描かれた悪魔に魂を奪われる恋を知った賢人の物語である。
もう1つは現代、存命のアメリカ作曲者ジョンアダムスによる世界初の原爆実験を描いた新作「ドクターアトミック」。これはアメリカ人からの視点で原爆を眺めた作品であったが、自国を守るという大義名分をもとに他者を蹂躙するという矛盾をついたシナリオであった。音楽は現代作品ではあるが、俗にいうポストモダンな作品で聴きざわりはやさしく心地よい。時に作曲者お得意のミニマル音楽が炸裂するのだが、これがなんとも刺激的だ。日本人的にはもう少し踏み込んだ告発的なものがあってもよいのではとは思うが、ここらへんがアメリカ人の限界かなとも思う。

さらに2週後には魔笛とエウゲニー・オネーギンをさらに観る予定。で、10月にはにもう1本。回数券も確保したしでどっぷりつかろうじゃないのというつもり。で、新シーズンもアイーダだ。トゥーランドットだ。ばらの騎士だと。そそる物が一杯ということで、ちょっと通うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/01

なぜか浦和な人多数(8/30)

昨日が野球ならば今日はサッカー。といって男子Jリーグではなく、女子のなでしこといこう。というわけで天候が崩れる中わざわざ西ヶ丘サッカー場まで電車移動。女子なでしこリーグのオールスター戦を観にいった。
F1000474 女子のなでしこリーグは1部、2部でそれぞれ8チームづつ参加しており、今回のオールスターは1部8チームからサポーター投票と監督推薦で選ばれた16名にて1チームを作成しての対戦である。チーム分けは浦和、日テレ、千葉、岡山からなるなでしこCINZAと東京電力、INAC、新潟、高槻からなるなでしこROZAとなっている。今回のリーグでは昨年の日本代表の主力が引退や海外移籍などによって日本から離れたせいもあり、世代交代の感があり、実は今回オールスターに選ばれたメンバについてはあまりしらない人ばかりとなっていた。まーそれでも、かまわないとばかりやってきた訳です。
会場に到着するとそれまではまだ小降りですんでいた雨が強くなってきた。しょうがない、立って観るとするか。というわけでメインスタンドの立見席での観戦とあいなった。
試合は女子の試合らしく細かいパス交換をさらに繊細に行う感じの試合をお互いに展開していく。でも、先取点はFKからの延長での右からのクロスがそのままゴールに吸い込まれてなでしこCINZAが先制。以降もCINZAが基本的に押し気味で試合が進んでいく。後半に入っても展開はかわらず。今度は左サイドからドリブルで切れ込んでのシュートが右ネットを揺さぶり、再びCINZAの得点。結局、そのまま2-0で試合終了。なでしこCINZAの勝利で終わった。得点者はともに浦和の2選手であったせいか、ゴール裏にいた浦和な人達は満足げ。でも、会場自体、浦和の赤のレインコートを被った人が大勢いた。さすが浦和というか、男子が不調だから女子を応援しにきたのかは不明。
観衆は雨模様の中3000人を超し中々の盛況であったと思う。なでしこリーグも9/5からリーグが再開され残り7節となっている。首位は浦和で少し独走中。これにINAC神戸と日テレベレーザが追う展開となっている。今年はあと1試合くらいは観にいくかもしれないが男子同様熱い展開になってくれることを希望する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »