« 9月はオペラ映画月間の予定 | トップページ | 麻生太郎が挨拶したんだってさ(9/26) »

2009/09/08

3月での再会を楽しみにしながら(9/6)

秋冬シーズンが本格的に始まった。すでにフットサルが開幕していたが、今週はラグビーとハンドボールが開幕。9/26には女子のバスケットリーグも開幕と順々に始まっていく。
で、日曜はそのハンドボールを観にいくことにした。会場は横浜文化体育館。
JHLに所属するハンドボールチームで関東を所属地としているのは埼玉の大崎電気だけそのせいもあってJHLでのゲーム開催は関東においてはこの開幕節と3月のプレーオフしかない。なので、見る機会が少ないのだ。しかも今回は男女1試合づつということで見逃してはならぬ。このところ連続して観戦しているがそれはたまたまということかな。
会場に入ると約6割の入りか。どちらかというと動員の学生さん達が多いか。まーそれでもいないよりはましかも。この日の組み合わせはまず女子において、前年度優勝のオムロン対3位のソニーセミコンダクタ九州の試合と男子では前年度2位の大崎電気対4位のトヨタ車体の組み合わせ。
F1000476 まずは女子の方から。オムロンの方が当然格上なのだが、試合展開はソニーの注文にうまくはまってしまった展開となってしまった。オムロンの攻めがあまり芳しくない。ソニーの守備がよかったという感じではないのだが、シーソーゲームを延々と続けてしまっている。はっきり言って泥試合。でも、ソニーからすればこれは望むところであっただろう。そうこうしているうちにソニーがぽろっと後半終盤に先行してしまう。オムロン必死に反撃するも時間が足りず、1点差でタイムアップ。28-27でソニーが勝利。女子ではオムロンが4連覇していた訳だがいきなりのアップセット。今年は面白い展開が期待できる。
F1000475 一方男子。大崎電気は絶対エースであった宮崎が海外移籍でいなくなった穴をどう埋めるのかという所が注目だったのだが、それをチェックする必要がないほどトヨタ車体がハンドリングエラーをしてしまい、反転速攻の渦に巻き込まれてしまい自滅してしまった。大崎としてはチェックしたい所をチェックできないまま勝利してしまったかもしれない。それくらいの大差、36-25での勝利。試合的にはもっと接戦を期待していただけに残念。
今年のJHL。女子は昨年と同じ6チーム総当り3回戦制で上位3チームがプレーオフ進出となる。男子は10チームから8チームに削減し総当り2回戦制で上位4チームがプレーオフ進出となる。やはり女子はオムロン、北国銀行、ソニーセミコンダクタ九州の3つが固いか。男子は大同特殊鋼、大崎電気、湧永製薬までが有利で後1つは正直わからない。さてどこになるだろうか。で話題としては今度のプレーオフ会場は今までの駒沢体育館から東京体育館に格上げ。駒沢体育館でフルハウスを何年か続けた甲斐があったというものだ。1万人全部観衆で埋まるとは思わないけど、当然ながら3月はプレーオフ参加ということで、楽しみにしていきたい。

|

« 9月はオペラ映画月間の予定 | トップページ | 麻生太郎が挨拶したんだってさ(9/26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/46158468

この記事へのトラックバック一覧です: 3月での再会を楽しみにしながら(9/6):

« 9月はオペラ映画月間の予定 | トップページ | 麻生太郎が挨拶したんだってさ(9/26) »