« Jazzなの?Classicなの?は不毛なり(10/22) | トップページ | 入替え戦の方が観戦しやすいとは如何に(10/25) »

2009/10/25

下手投げであのスピードは違反だ(10/24)

オリンピック種目にはずれたことは悲しいことであるが、それでも女子ソフトボールはまだまだ元気であると言えよう。そんな中、日本リーグが佳境に入ってきた。首都圏近辺での試合機会が少ないのでなかなか観にいくことができなかったが、今回やっとこさうまく都合があって保土ヶ谷野球場へでかけることにした。
横浜駅から市バスを乗ること30分。電車と徒歩でいくこともできたのだけど、軟弱に日和ましたです。高台にある保土ヶ谷野球場のピッチャーズマウンドを平にしてさらに外野70m程度の所にフェンスを張ってのソフトボール仕様の会場設営がなされたグラウンドが見事出来上がっていた。
女子のソフトボール日本リーグは12チームによる2回戦総当り。今週がレギュラーシーズンとしては最終節となり、上位4チームがプレーオフに回る。今回の会場にはその上位4チーム争いに絡むチームが2つあり、その意味では注目度は大きい試合と言える。
F1000481 F1000482 でその第1試合、現在首位タイの豊田自動織機とシオノギ製薬が対戦。豊田自動織機は首位といってもこの試合を落とすと3位に転落の可能性がある。ソフトボールにおいて2位と3位とではプレーオフにおける立場は相当の違いが発生するため、気が抜けない。
織機が先制したものの、大きなリードをとることはできずシオノギが食いつく。そしてシオノギがホームランで同点にすると、ワンチャンスと織機のミスをつけこんで逆転に成功する。外国籍のピッチャーを擁するなど織機は投手力にはかなりの自信があったはずだが、今回はそれが裏目にでた。余裕を持って継投する予定のはずだったのが目論見がはずれてしまい同点されてからその外国籍ピッチャーを投入したが、試合状況、精神状態共に不利な状態に追い込まれてしまった。結局大量失点してしまいシオノギの見事なるアップセット成功。6-3でシオノギ製薬の勝利。これで豊田自動織機は3位に転落。
第2試合は4位レオパレス21を1ゲーム差で追う5位、日立ソフトウェアと残念ながら最下位決定済み、2部降格とあいなった伊予銀行との対戦。前回の対戦では22-0と一方的に破っている日立。ここでも勝利して最終日に望みをつなげたい所である。
試合は日立の気合が勝り、常に伊予銀行を押し込んだ状態の展開。早々と4点差をつけて逃げ切りを図る。伊予銀行も頑張ったものの如何せん攻撃力が弱すぎる。結局そのまま零封されてしまった。4-0で日立ソフトウェアの勝利。レオパレス21が敗れたためゲーム差0になったものの直接対決の関係で依然5位。最後の日曜日には豊田自動織機との対戦となっている。と言う訳で勝負駆けとあいなったようである。
で、ソフトボール協会での結果を見たところ、日曜においても日立ソフトウェアは豊田自動織機を破ったものもレオパレス21も勝ったため、5位変わらずでプレーオフ進出ならずということだそうな。豊田自動織機は3位でプレーオフ進出は決めたものの、かなり勿体ないことをしたと言える。
プレーオフ進出チームは、順位順にトヨタ自動車、ルネサス高崎事業所、豊田自動織機、レオパレス21である。ある意味順当なのかな。2週後、京都の西京極球場でプレーオフである。この試合はたぶんだけどCSのGAORAで生中継してくれるはず。うまくいけば見てみようと思う。

|

« Jazzなの?Classicなの?は不毛なり(10/22) | トップページ | 入替え戦の方が観戦しやすいとは如何に(10/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/46583288

この記事へのトラックバック一覧です: 下手投げであのスピードは違反だ(10/24):

« Jazzなの?Classicなの?は不毛なり(10/22) | トップページ | 入替え戦の方が観戦しやすいとは如何に(10/25) »