« 下手投げであのスピードは違反だ(10/24) | トップページ | この試合開催が転換点となるのか(10/31) »

2009/10/26

入替え戦の方が観戦しやすいとは如何に(10/25)

土曜日にソフトボールを観戦したついでと言っては何だが、日曜日も野球を見ようと思った。で、毎度のサンケイスポーツのWebにて試合予定を参照したところ、東京六大学のリーグ戦もあったのだが、首都大学野球の1,2部入替え戦が等々力にてあるということが判明。では、変人としてはこちらを優先。てな訳で日曜13時に等々力野球場に徒歩にてやってきた。首都大学野球の入替え戦を見るのはこれで3回目。で、組み合わせは前回見たのと同じ、1部6位城西大-2部1位大東大であった。
大東大は1時期1部に昇格していたのだがこの春に2部降格の憂き目にあっての今回の入替え戦とあいなった。城西大も春は2位だったのに秋は最下位と尻に火がついた状態というわけ。第1戦では8-3と城西大が先勝しての第2戦を迎えたわけである。
F1000483 試合は点の取り合いによるシーソーゲームで、城西が先制するも大東がホームランで逆転。その後も城西、大東がそれぞれ逆転を繰り返す展開となった。お互いピッチャーが持たない。継投するもののすぐにつかまってしまうのだ。そんなこんなで結局は9回裏大東1点リードであったが、城西が満塁にしての内野ゴロの間に1点をとって同点とする。
流れは一機に城西に変わり10回裏に再度満塁にした上で内野ゴロ。大東守備陣の一塁への送球がそれる間にサヨナラランナーがホームイン。7-6で城西大が2勝を上げ、1部残留を決めた。しかし、大東大にとっては私は疫病神だったかな。3回入替え戦を見て、3回とも大東の負けになってしまったのだから。
さて、この首都大学野球は前にも書いたが、開催する野球場を固定することができずにいる。もっとも日本で固定した会場で開催できているのは東京6大学と東都大学の1部リーグのみであるが。それでも、関東における第3勢力としてはさみしいところであろうし、設立の経緯から鑑みると、ちゃんとした固定球場は悲願のはずである。では、現実として球場を用意できるかと考えると、この等々力か駒沢、大井の野球場を利用するというところだと思う。しかし、どうもそうはいかない事情というものがあるようだ。個人的には1部リーグの試合を見るために東京都外の野球場に行く気にはとてもならないのでやはり関係各位の尽力が必要なのではと思う。観客に見てもらうという点ではどの種目でも同じであるが、アクセスが良く、そして常に利用可能なスタジアムを確保するというのは本当に至難の業である。でも、それを乗り越えないと一般観客は試合を見に来てくれないというのも事実である。サッカーはそれに挑戦しているといえる。アメフトはセントラル会場ではあるが、確保の努力をしている。他の球技ではどうであろうか。

|

« 下手投げであのスピードは違反だ(10/24) | トップページ | この試合開催が転換点となるのか(10/31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/46591664

この記事へのトラックバック一覧です: 入替え戦の方が観戦しやすいとは如何に(10/25):

« 下手投げであのスピードは違反だ(10/24) | トップページ | この試合開催が転換点となるのか(10/31) »