« 歯ごたえたっぷり、ゆっくり咀嚼中(11/21) | トップページ | 無駄に豪華。無駄にすごい。でもやっぱMET(11/29) »

2009/11/30

さてバレー界への輸血が開始されます(11/28)

土曜日の予定はMETライブビューイングでヴェルディのアイーダのはずであった。ところが、余裕をもって109シネマズ川崎に到着したにもかかわらずそこで待ち受けていたものは、「販売終了」の4文字。1日1回限りの上映なんですけど。なんてこった。ありえない。オペラ映画が満席になるとは。アイーダ恐るべし。そしてこの悔しさをどこにぶつけたら良いのやら。まさに途方にくれるとはこのことだ。
しかし、素早くリカバリを図ることにした。今週からVリーグの女子が開幕するのは記憶にあったのでうまくいけばと携帯でVリーグの公式サイトを眺めてみた。すると見事に14時に有明で試合があることが判明。少し時間つぶしをした後に有明コロシアムへ移動することとなった。
てな訳で、日本の秋冬球技スポーツの代表格バレーボールもやっとこさ国際試合期間が終了して国内リーグが開幕である。今シーズンの注目はなんといっても男子のFC東京であり、あのサポ達が輸血されることによりバレーボール会場がどのような免疫反応を起こすかが個人的に大いに楽しみである。
一方女子はリーグ構成のチーム数を10から8に削減され今まで以上に1部残留が厳しいものになった。その意味で血で血を洗う闘いになるのではと思われる。
そんなことを期待して会場に到着。当日券を購入して入場したのだが、それにしても開幕試合にしては会場の入りがさみしい。入場者の4割が企業応援団ではないかというくらいである。後でVリーグの公式サイトより入場者数を調べたところ1800人とでていたが、実際にはもうちょっと少ないと思われる。うーん、やはりこの有明という場所がよろしくないのであろうか。バスケットbjリーグの東京アパッチも今シーズンよりホーム会場としてのこの場所から撤退してしまったことからも想像が難くない。交通の便としてはそれほど悪くはないのだけどね。あまりに便利な会場が他にあるだけにそれと比較すると都心のファンは足が遠のくのだろうか。それと今回の集合した4チームであるが、俗に言うところの現代表メンバがほとんどいないのもバレーファンの食指を動かさない理由なのか。その点ではバレーファンというのはシビアというか何と言うか。3週前には日本代表ファンで東京体育館は埋まっていたのだけど。この4チームには元代表や代表候補ならいっぱいいるんだけどなーー。この日の4チームはパイオニア、NEC、デンソー、トヨタ車体である。パイオニア、NECなんてちょっと前までは日本代表のそうそうたるメンバを擁する人気チームであったはずなんだが。いやその意味で本当のチーム単位でのファン、サポーターたる存在がいないのだなと思う。
第1試合はNEC対パイオニア。正直な感想として物足りないものを感じた。お互いにいい時と悪い時がはっきりしすぎている。特にNECはレフトで打ち切る選手がいない。サーブレシーブが不安定。と明らかにチームとしての出来あがりが不充分であった。一方のパイオニアも似たようなもの。それでも離れては追いつくの繰り返しを繰り広げてパイオニアが3-1で勝利した。しかしどちらのチームも今シーズンは厳しいのではないかなと思う。
第2試合はデンソー対トヨタ車体。こちらの2チームの方が仕上がりとしては上だと思う。どちらも外国籍エースを擁しての大砲だのみな部分はあるけどもバレーとしては両チームともしっかりとした意識をもって取り組んでいることがわかる試合であった。試合結果は大砲のできがよりよかったデンソーのストレート勝ちで終了。デンソーは今シーズン一暴れしそうな予感がある。さて、どうなんでしょうね。

今シーズンのVリーグのキャッチフレーズは「キミの街にVがいる」なんだそうで、従来にまして「ファン重視」と「地域密着」を図るんだそうな。個人的にはおふざけも大概にしてと言いたいところである。試合スケジュールや会場をみても俗にいうホームゲームも例年通り忘れられない程度に実施し基本は全国行脚な訳で地域密着ができるわけがない。結果としてこの有明の会場のような状況を作っているのだと思う。個人的はバレーは日本においてはクラブ化は可能であると思っているのだが、バレー関係者はどうもその点で臆病である。その意味でも今シーズンのFC東京の順位だけでなく、試合運営状況というものが注目されると思う。今までも男子の堺、大分や女子の岡山といったクラブチームはあるにはあったものの、その振る舞いは企業チームのそれと変わりのないものだっただけにFC東京においては当然ながらサッカーにてホームゲームの運営ノウハウを持っているだけに何かしらサプライズを起こしてくれないかと期待している。勿論、現在のVリーグでは足かせがあまりにも大きいしホームゲーム数もわずかなため、なにもできないまま終わってしまう可能性も高い。何より味スタを埋めるあのガスサポ連中の一部がバレー会場にやってきたらと思うと何かしら衝突、揉め事が発生することの方が確率が高そう。でも、バレーを本当の意味で世の中に広めるには絶対に通らなくてはならない道であると考える。
さて、今シーズンが終わった時、シーズンをどう統括しているであろうか。楽しみでもあり、恐ろしくもある。

|

« 歯ごたえたっぷり、ゆっくり咀嚼中(11/21) | トップページ | 無駄に豪華。無駄にすごい。でもやっぱMET(11/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/46901413

この記事へのトラックバック一覧です: さてバレー界への輸血が開始されます(11/28):

« 歯ごたえたっぷり、ゆっくり咀嚼中(11/21) | トップページ | 無駄に豪華。無駄にすごい。でもやっぱMET(11/29) »