« バレイ。夢の世界なんでしょうなーー(12/20) | トップページ | 日本のサッカーチーム成績一覧更新 »

2009/12/28

協会関係者の泣き顔が浮かんできそう(12/27)

今年も押し迫ってきました。
ですから残るスケジュール的に観戦できるのも後2つくらい。1つは29日の天皇杯のガンバ-仙台と決めている。と言う訳で残り1つはラグビー大学選手権にしました。2回戦。慶応-法政、早稲田-帝京のラインナップである。
この日は天候も良かったおかげか秩父宮は大勢の観衆がやってきていた。ほぼ満員と言う状態。これも早稲田と慶応がそろったせいであろう。
日本の大学球技スポーツにおいて最大の人気を誇るラグビー。さらに絞ると関東大学対抗戦、いやもとい早慶明の闘い。この人気は他の球技からみると非常に不思議な光景だ。実力的には既に日本のトップレベルではないことは自明となったにもかかわらずオールドファンと呼ばれる人達が卒業生であるなしに関わらず応援観戦にやってくる。その意味では悲しいかな社会人では成立していないクラブとしての機能を満たしているように見える。いや、大学への忠誠心なのか。それでも1980年代の熱狂的な状況からはかなり大人しくなった。
そんな早慶明に挑む他の大学という形で大学選手権は成り立っている。かつての同志社、大東、関東学院といったところがそうであろうか。唯一同格なのは同志社くらいか。
もしかしたらその伝統校の一角かもしれないのが法政。なんといっても対抗戦を飛び出してリーグ戦を作った張本人である。しかし、この法政はタイトルにはあまり恵まれていない。さー、久しぶりの上位に届くだろうかという、対慶応との一戦であった。
結果は法政のミスによる失点が多すぎた。慶応も決してできは良くなかったのだが肝心な時に法政が失点もしくは得点チャンスをフイにしてしまう場面が続出。33-24で慶応が常に先行しての勝利。それでも法政はミスがなければ勝てた試合かも。
もう一つの早稲田-帝京は昨シーズンの決勝の組み合わせ。その意味では好カードではあったのだが、世間の関心としてはどう早稲田が勝つかというところだったと思う。あにはからんや、帝京がガツンガツンと大学生としてはハードな肉体戦をしかけたことで早稲田のリズムを崩すことに成功。フォワードでゴリゴリと攻める試合がうまくはまって31-20で勝利。世間の期待を見事に裏切ってくれた。ラグビー協会の一部の人が嘆いている光景が見えてしまいそうだ。一方名古屋で実施された2試合では明治が関西学院を東海が天理を破り、この4校が準決勝進出となった。
結果、1月2日の準決勝の組み合わせは、東海-慶応、明治-帝京とあいなった。にしても、関西勢の低迷がはっきりとでた今大会である。もっとも明治が対抗戦5位という位置も問題であるが、それに関西1位の関西学院が勝利できないとはそうとうに悲しい。
と、思う訳だがでも結局のところラグビーの場合は1部新興大学はあってもほとんどは有名大学が上位を占める寡占された世界。そういった意味においては早慶明が出場しない準決勝を実施するチャンスでもあったのだが残念。本当の意味でのラグビーファンがどれだけ1月2日に集まるかを見る機会だったのに。まーそれでも集客力最右翼の早稲田が消えてしまったのでどのくらい客がくるかは微妙、2万くれば御の字な感じかな。

と言う訳であと1試合。天皇杯の感想は来年しますのでよろしくお願いします。

|

« バレイ。夢の世界なんでしょうなーー(12/20) | トップページ | 日本のサッカーチーム成績一覧更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/47138634

この記事へのトラックバック一覧です: 協会関係者の泣き顔が浮かんできそう(12/27):

« バレイ。夢の世界なんでしょうなーー(12/20) | トップページ | 日本のサッカーチーム成績一覧更新 »