« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/27

もっとお客さんきてほしいな。いい試合だったのに(1/24)

土曜日に続いてフットボール観戦。秩父宮に出向いてのラグビーである。ラグビーシーズンは9月に始まって2月末で終了するので、シーズン的にはもう終盤も終盤。学生シーズンはすでに終了し残るは社会人の王者決定と日本選手権が残るのみの状態である。
と言う訳でまさに佳境。今日はその佳境であるトップリーグの準決勝を見に来た訳である。で秩父宮なわけであるが残念ながらお客の入りが余りよくなかったのである。1万人を超えなかったのはやはりサントリーと東芝という関東では人気のあるチーム同士の1戦であってもトップリーグというリーグ自体の世間への浸透度がもうリーグとして5年くらいたっているのにまだ今ひとつなためであると思う。ここはラグビーW杯に向けても国内のリーグの活性化にもっと危機感を持ってあたってほしいと思う。
そんな感想を持ったこの日であるが前座である1試合目は全国クラブ選手権の決勝であった。駒場WMM-六甲ファイティングブルの1戦。
六甲は前シーズンでチームの廃部となった1部のトップリーグにも所属していたワールドからの選手がかなり移籍したとのことであるが、相手を圧倒することはできていなかったがそれでもかなり優位に展開していた。まー普通に戦ったら六甲の方が勝つだろうと思っていたので納得の展開。38-15で六甲ファイティングブルの勝利。これにより日本選手権への出場権を獲得した。相手は帝京大学。正面から戦ったらFW戦で粉砕してしまいそうだけど、そこをうまくはぐらかすことができたら今回は面白い展開になるかも。と、思う。そういう意味ではワールドがクラブ化してしまったことでクラブのラグビーのレベルが向上しているという皮肉な結果になってしまったようだ。
F1000492_2 そして間も少なく、すぐにトップリーグプレーオフ準決勝、サントリー-東芝の1戦が開始。前半は東芝のセットプレーが非常に不安定でサントリーがそこを突いていく。東芝が先制したものの、サントリーがすぐさま3トライを挙げてリードしたまま前半を終了した。
正直、このままサントリーが圧倒するのでは、と思ったのだが、東芝が後半見事に立て直してきた。後半開始直後にトライをとれたこともあって試合展開に余裕が生まれ、さらにセットプレーの不安定さも解消。守備からのカウンターを徹底し、いっきに得点を挙げていく。結果、後半は4トライを挙げての逆転。一方のサントリーにおいてはノートライの3点に押さえ込み、後半は全くの別試合の展開となった。35-24で東芝の勝利。決勝は三洋電機と対戦することになった。
こうやって観ると、社会人のレベルは学生と比較するのが失礼なくらい高い。でも、日本選手権においてはなんとか学生が社会人に一矢報えないかと協会関係者は期待しているようだ。たしかに帝京と東海であれば社会人相手でも試合にはなると思うが勝つのはどうだろう。と言う程度だと思う。それよりは全国からの勝ち上がりでトーナメントを実施する日本選手権のオープン化といったことをもっと健闘した方が良いのではないかと思う。ラグビーでもリーグ戦とカップ戦という感じで行えればシーズンがもっと楽しめるような気がするのだが如何か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/25

3年目だけど頑張っているよ。がんばれ(1/23)

今年のフットボール観戦初めはフットサルではじめることにした。3年目のフットサル全国リーグ、Fリーグ。1,2年目のこれまでは8チーム構成であったものに今回2チームが新規参入してきた。この2チームが北海道と府中である。府中はフットサルがさかんな土地柄なんだそうで、地元にとっては待たれた参入であった。
今日出むく会場は毎度と言ってはなんだが駒沢公園内の、でもこれは珍しい駒沢屋内球技場。ホームの府中アスレチックFCが今シーズンなぜかここを会場にすることが多くていつか見にいってやろうと思っていたのだ。で、今日の試合はステラミーゴ岩手花巻との試合である。順位的には府中最下位の花巻9位。その意味では直接対決なんである。
この屋内球技場、東京オリンピックのバレー競技会場として使用された由緒ある体育館なのだが、失礼ながら必要最低限の維持管理をしているといった感じでコートコンディションはとりあえずなんとかなっているが、それ以外の建物そのものや座席といった観戦用の設備やらなんやらの寂れっぷりは如何ともし難い状態である。でもそれ故に場所を借りるのが難しくなく体育館使用料が安く済むんだろうねー。だからこそわざわざホームタウン府中からやってきているのだろう。地元府中市でのホーム開催は3回しかできていないことからも体育館を借りるのが中々に大変なんだろうねと思う。市との協力関係だとか優先使用権とかといったものがあればいいのだろうけど新参者はそういうものも獲得するのは難しいだろうし。といったことを想像してしまった。来シーズンはもっと府中市で開催できることを祈念しております。会場はそれでも6割から7割の入り。想像していたよりは多いという印象である。花巻、府中双方のサポータもやってきてコールが体育館の屋根に響く。

F1000491 試合の方はお互いに非常に硬い展開で開始。後ろで回しあいなかなかゴール前へとボールが入らない。それでも花巻はGKから縦一本でFPにあてる攻撃を繰り返してくる。府中も無難に対処すると言った感じで前半はあまり攻防もないまま終了。
後半は早々に花巻の縦一本が決まって1点先取に成功。わざわざやってきているであろうサポは雄たけびをあげる。さーー、府中は攻めなくてはいけなくなった。もうこの後は花巻が守備を重視したこともあって、府中が一方的に攻め続けた。花巻GKのファインセーブやバー、ポスト直撃シュートも数本ではなく出現してそのたびに会場は沸き、落胆が広がる。しかし、府中あきらめず。最後の1分になって、GKがあがっての攻撃をしかけこれが見事成功。FPのトラップ反転シュートが花巻GKの逆を取ってゴール。ホームの会場がやっと歓喜に沸いたのであった。このまま逆転へと行きたかったがさすがに時間が足りず。このまま痛み分け1-1のドローで終戦となった。

地元サポ、ファンは負けないでよかったというところで選手を讃えていた。ただ、前半の消極的な展開が現在の最下位というポジションの理由になっているのかなとも感じられた。それでも会場にやってきた観衆はチームはがんばったんだろうねと言える1109人。バスケットのbjの東京アパッチやJBLでの代々木第2での集客とも拮抗できるくらいと考えていい。他チームの多いところでは3000人オーバの観衆を集めているところもあるのだからえらい。まだ、TVのスポーツニュースでは報道されていない存在であるのだから相当に各チームのホーム主管運営の努力が奏功しているようだ。後は集客でのトップ、バレーに追いつくと言ったところでしょうか。もっとも地元で開催するというのが前提であれば集客を増やすのは中々難しい問題でしょうし、それ故にプロ化という方向も今の所はでていない訳で。
でも、開始3年目でのこの状況は非常に優秀だと思う。できれば、北信越や四国、中国からも参加チームが生まれてまさに全国リーグになることを望みたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/18

皆好きだよね。イナバウアー(って覚え方が違う)(1/17)

今年も行きます、METライブビューイング。怒涛の4連戦の最初をかざるのは大人気作「トゥーランドット」と来た。いやー、前回の「アイーダ」でもそうだったけど、今年のライブビューイングは人気作品が上映されているせいもあって、各回のお客さんの入りがいい。今回はそんな中でもイレギュラー中のイレギュラーであるだけにどんな対応を映画館(私が利用しているのは109シネマズ川崎)がしてくれるか注目していた。
前回のアイーダでは土日ともに全席完売の憂き目に会い。やむを得ず東劇にてみるはめにあった。この時、109シネマズ川崎へデカイ客席でやるようにと訴えたのだがそれが奏功したかはともかく1日2回上映にしてくれた。
これなら安心。とはいかないなーー。なんと言っても今や日本人の8割以上がこの曲を聴いたらイナバウアーをするのではないかというくらい刷り込まれているオペラだけに客席の争奪戦が予想される。
てな訳だから、事前に対処することにした。日曜日の席をとるために金曜日の夜に席を予約しに行ったわけである。その結果、見事席は確保できたのだったが、やはりこの判断は正しかったようで席を購入した時点でもうほとんど売り切れ状態であった。
迎えた日曜日、109シネマズはチケット販売待ちの客やすでに当日券は完売したIMAXシアターで上映される映画アバターの客やらで大いに混雑していた。もちろんトゥーランドットも1回目の分は完売である。そんな混雑した入り口を抜けてスクリーンへ。
今やあらすじを語るまでもないオペラ。プッチーニ最後の未完のオペラ「トゥーランドット」。トゥーランドットにはマリア・グレギーナ、カラフにはマルチェッロ・ジョルダーニ、リューにはマリーナ・ポプラフスカヤの配役。マリーナ・ポプラフスカヤの消え入りそうなピアニッシモでの歌声は中々素晴らしかった。マルチェッロ・ジョルダーニの「だれも寝てはならぬ」も見事。そして毎度ながらの豪勢、物量投入、華麗なる演出を見せてくれるのだが、この演出は実は事前に見たことがあったのである。と言うのも私はDVDでもMETのトゥーランドットを持っているのだが、この演出がフランコ・ゼフィレッリによるものでDVDの製作年月日は1988年だ。ということはかれこれ最低でも22年この演出で上映され続けていると言うことになる。実際、幕間のインタビューで歌手が「伝説の歌手達が歌い継いできた舞台に立てて光栄」といったコメントを出している。微細なる演出はさすがに異なるのだが舞台セットはほぼ同一だけに思わず22年前との違いを探そうとがんばってしまった。まーあまり意味はないな。それよりはこの長期間陳腐化せずに作品として保たれていることへの賞賛であろう。このフランコ・ゼフィレッリはMET以外にもオペラの演出はかなり熱心らしく、この前来日していたミラノ・スカラ座の「アイーダ」も演出していたのでますまさお盛んなのであろう。
休憩も含めて3時間。どっぷりと音楽に浸ることができて満足であった。終了して帰宅するべく出口をでると2回目の上映予約が売り切れ寸前となっていた。「やはり、日本人はトゥーランドット好きなのねーー」と思う次第である。METライブビューイングは今週から4週連続で続く。いやー全部皆勤できるだろうか。ほんとはしたいのだけど外部からの要因でどうなるかは今の所不明。せめて「カルメン」と「ばらの騎士」だけは抑えておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

ますます年齢不詳です。こういう人には勝てません(1/12)

音楽の年はじめは去年と同じ、オーケストラアンサンブル金沢の新年公演を聴くことにした。去年はアリス=紗良・オット目当てではないが久しぶりに聴きにいったが、今年もである。というのも、メラニー・ホリディが出演するということでこれは面白いに違いないと思った訳である。4年前に金沢でメラニー・ホリディ出演のやはり新年公演を聴いているのでその時のエンターテナー振りをもう一度堪能しようと思った訳である。
会場は去年と違い、東京、四谷の紀尾井ホール。このホールにやってくるのは初めてであった。そのため、交通機関やそれからの徒歩時間の見込みが今ひとつ把握できなかったので少し慌てた。それでもなんとか時間前には到着できてセーフ。
公演前半は、名誉客演コンサートマスターのマイケル・ダウスをリーダに弦楽合奏版のメンデルスゾーン、八重奏曲が演奏された。メンデルスゾーンの若々しいセンスに溢れた作品だった。やはりこの楽団の弦楽セクションはうまい。
そして、後半に入ると主役であるメラニー・ホリディが登場。しかしこの方、プロフィールを見ると1970年代から活動しているので最低でも30ウン年のキャリアがある訳で、歌う姿とプロフィールとを比較するといったい何歳なんだという感想がでてくる。それでも全くもって変わらぬスタイルと踊りぶりである。高音の伸びは少し衰えを感じさせる部分があるものの立ち居振る舞い、声量、声質、そして本領ともいえるエンターテーメントの部分においてはなんら老いなるものを感じさせない。ますます年齢不詳な姿にまいってしまった。しかし芸達者であるなこの人。
一方のもう1人、男性テノールのズリンコ・ソチョの方が声楽的には純粋にこちらの方がお上手。声の伸び、発声ともに綺麗だったよ。そしてメラニーとの踊りや即興にもちゃんと対応できるだけの余裕がある所が憎い。見事なパートナーぶりであった。
そのせいか、こういう場であればもっとはじけてはしゃぐはずである指揮の井上道義御大、燃焼ぶりが今ひとつであったか。ソロ二人のサポート専念と言ったところであった。
後半はオペレッタの歌曲をソロとデュエットで交互に歌い、その間にオーケストラが曲をはさむといったスタイルで進行。あっと言う間に時間が過ぎていった。いやー満腹、でもお替り頂戴ってな要求にもちゃんと応えてくれたし、充足した2時間であった。

去年のオールベートーベンプログラムが悪い訳ではないけど、やっぱり今年のような華やかな演奏会の方が新年を迎えるという点で喜ばしいですな。と言う訳で早くも来年はどんな趣向でやってくれるのか楽しみな気分。毎年恒例の行事にしたい思いが強くなった夜であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/11

なんか3年前と同じ行動のような(1/9)

今年のお初観戦はバスケットの全日本総合選手権。土曜日の男女ともに準決勝の試合を見にいくことに決定。サッカーの高校選手権やラグビートップリーグでもよかったのだけど同じフットボール系が続いていたので毛色を変えることにした。
ってこれって3年前の行動と同じなんだよねーー。あの時はディープかつダークな感想が飛び出た訳だけど今回はどうかな。今回の会場も代々木第一体育館。うーん。入場料が一番やすくて3500円は高すぎるなー。いくら4試合実施するとは言え、いや1500円程度でしょ。ちょっとこれには不満があるなー。しょうがなく支払ったが再考を願いたい。
中に入るとでっかい会場にポツンとバスケットコートが設定された空間であったがたしかに同じ代々木でも第2体育館ではちと入りきらないかもしれない観客がやってきていた。
やはりお正月シーズンということもあって観客大目なのかな。3年前はそうでもなかったように思ったがなんかしら変化が起きたのであろうか。
と、思うまもなく第1試合が開始された。女子準決勝のJOMO-富士通。試合展開としては守りあいのロースコアゲーム。お互いに攻撃がパッとしないことも相まってより守備を頑張った方が勝ちという展開になった。それでも、3QにJOMOが富士通を突き放したリードをそのままキープして余裕のコントロール。そのまま70-61で勝利した。富士通はかつてだったら飛び道具3ポイントで対抗って場面があってもよかったんだがそれがないままの敗戦。その意味では無念の敗退であろう。
第2試合も女子準決勝。トヨタ自動車-日本航空。ともに攻撃的な両チームは激しくシュートを打ち合う派手な試合であったがこちらはエース以外の選手の出来の差が勝負となった試合。トヨタの矢野、日本航空の八代はともに頑張って互角的であったが他の選手の出来の差が大きく。トヨタの3ポイントがいやになるほど決まる。日本航空的にはなにも面白くない試合であったが最後に形作りといっては失礼だが最後に一矢報いて何とかメンツを保った。それでも、80-64でトヨタの完勝となった。
男子の準決勝もあったのだが、今回は3年前ほどの根性がなく、第3試合の前半だけ観て撤退してしまった。その試合は日立-レラカムイ北海道。北海道の試合を観るのは初めてだったのだが、いつのまにか折茂が移籍していたのね。そんな試合であるが、3年前と違って日本選手権も外国籍選手に開放されたようで1人コートに出場していたのでもうダークな夢想や妄想をすることはできなくなった。実際今回の選手権ではベスト8はJBL勢が全て独占していたのだった。たしかに外国籍選手が入ると力の差は歴然以上の差が発生するだけにこれは致し方ないだろう。一方で北海道がJBLでは栃木とならんで数少ないプロクラブチームとしての頑張っての4強である。これは讃えていいだろう。最近になって少しだけJBLとbjとの接近の話が聞えてくるようになった。さて、融合の時はくるのだろうか。
で前半は北海道が飛ばして34-27とリードして終えた。ここで帰宅してしまったのだが、後半はあっけなくひっくり返されたらしく、78-67で日立の勝利で終わったよう。
そしてもうひとつのアイシン-パナソニックは王者アイシンが84-74で余裕の勝利のよう。
で、昨日今日とTVで決勝戦をながら観をしていたのだが、JOMO、アイシンともに第2Qで逆転しての勝利。連覇および3連覇とあいなった。うーーん。王者が強いのはそれで結構だがそれを倒す存在がいないのはちとさびしいかも。ぜひとも他チームの奮起を望む。

さて、バスケ界自体は男子はあまりいい話をあげることができない。国内に閉じた世界になって久しい訳で奮起が必要。それ以前に協会の体制をなんとすべきな訳だが。女子は今年世界選手権に出場できるのでまだましなのだが、それでも今ひとつなのは中韓に完全に遅れをとってしまった感があるためだろう。どちらもロンドンなのだろうが、壁は厳しいよ。特に男子。東アジアで勝つだけでは不足で中東諸国にどう勝つかを考慮して励んでほしいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/05

年末/年始のあれこれ

ここを見てくださる奇特な皆様。今年もよろしくお願いします。
と言う訳で年末、年始にすごしたいくつかのことをとりとめなく。

まずはクリスマス前の12/23の休日にはアメフトXリーグの1部2部入替え戦を川崎球場にて観戦。ブルサイズ東京(1部)-電通(2部)と東京ガス(1部)-警視庁(もとい第9機動隊、2部)の2試合であった。ブルサイズ東京-電通はロースコアの接戦で最後まで気の抜けない試合であった。電通は勝てた試合だったと思う。しかし、結果的には1部のブルサイズ東京が逃げ切って1部残留でした。一方、東京ガスと警視庁の方は東京ガスの一方的な試合となって個人的には面白くない試合であった。東京ガスとはいってもガスサポは当然ながら存在しなかった。

で、12/29は宣言通りの天皇杯、ガンバ-仙台を国立霞ヶ丘にて観戦。仙台サポもりあがってましたなーー。同点にした時は天が割れるかというくらいの叫びでありました。しかし、ガンバは冷静だった。結局パスで崩しきっての決勝点を挙げて勝利。そのまま元日も名古屋を下して天皇杯制覇となった。遠藤すごすぎましたわい。

元旦には帰省先でお祝いした後、遊びで映画館へ。「のだめ」の前編を見ましたわい。毎度ながらのドタバタぶりの前半と後編につなぐためのシリアスな後半といったところか。しかし、のだめカレー事件のギャグについてはあの事件から時がたったんだねーーということなんでしょうか。うちの家族からは少し懸念として話題になったよ。

1/2は毎度恒例の多賀大社に祈祷してもらうために参拝。天気が雪がらみだったためか参拝者数が少なめで助かった。今年も災いなきようよろしくお願いしますよ。多賀の神様。ついでに御籤を引いたが今回は「大吉」。ありがたく財布に保管しましたよ。

1/3にはさっさと撤退。4日から仕事開始でありました。日常が始まっております。
今週末から早々と観戦を再開予定。さてなんになりますかは今の所本人も未定状態でおます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »