« ホームゲームと名乗るほどの物でも(1/31) | トップページ | 駄目男、ドン・ホセのお話。1巻の終わりでございまする(2/7) »

2010/02/08

FC東京をもってしても、この程度か(2/6)

この土曜日は町田の市立体育館へ出発。町田市は現在ではサッカーの町田ゼルビアとフットサルのペスカドーレ町田を擁するサッカーの街だ。しかもしっかりと自前のチームを持っている訳であるが、これもこの4,5年の動きで一気に作り上げたムーブメントである。それまではたまにこの町田の市立体育館にバレーのNEC男子および女子チームがホームゲームと称してのプレミアリーグの大会を催す程度であった訳である。時代は変わったとしか言えないのだが、そんな会場で今回はNEC男子亡き後といっては失礼だが今シーズンからプレミアリーグに昇格したFC東京バレーボールチームがホームゲームとして大会を開くことになった。
な訳で、ゲームそのものにも興味があったが、FC東京のホームゲームとしてプレミアリーグの中でどれだけのことができるかということに関心をもってやってきたのである。現在FC東京の成績自体は1勝しかできず最下位。たぶんにリーグ終了してもうまくいって7位になることくらいしか望めない状況ではあるが、それでも各試合単位ではかなり抵抗していることが成績表からわかる。それだけに今シーズンはとにかく残留が目標となろう。
到着した会場内にはここをホームとしているだろうペスカドーレ町田を応援する垂れ幕が下がっている。ちょっと妙な雰囲気になる。外にはマスコットである東京ドロンパの遊具が心なしか所在無く存在する程度でホームゲームとしてのアメニティをほとんどみることができない。それ以外になにか売店なり企画なりあったかというと、わずかにグッズ販売コーナーが合った程度であった。これならば、先週のNECのホームゲームと対して変わりないといって差し支えないだろう。やはり、入場収入がチームに入らないことが大きく影響しているのかな。実際スタッフもFC東京の関係というよりはゲームの主管である東京都バレー協会の人と思われる方々で締められていた訳でFC東京がゲーム運営に関わっている印象はほとんどなかった。
そんな中唯一のホームゲームとしての色をみせてくれたのはサポの声援であったのだが、意外にコアサポの人数もそれほど多くなく少々期待はずれ的なところがあった。町田市をFC東京のホームタウンとして扱うことに問題があったのかな。やはりここは町田ゼルビアであったりペスカドーレ町田のホームタウンであってFC東京ではないということか。

F1000493 試合の方だが第1試合は首位パナソニックに7位大分三好が挑む。パナソニックはセッター宇佐美とライト清水の関係が不調。第1セットこそとれたが第2セットはその関係悪化が他の選手にまで波及して大分三好にとられる。第3セットも三好リードのペースで推移していたのだが、ここでパナソニック引っ張っていたセッターとライトを諦めて2枚換え。セッター大竹とライト山本にスイッチ。これが結果的に成功する。以降、勢いを盛り返して逆転。ジュースの末第3セットを奪取すると、4セット目は実力差を見せての連取。結果3-1での勝利。首位を守った。大分三好としては第3セットを取れていれば勝てた試合だったと思うが残念。ライトエースの外国籍選手の体力も持たなかったのも敗因と言える。
第2試合はFC東京-東レの一戦。FC東京はサポの声援で序盤こそは互角に渡り合うのだが、東レのセッター阿部の配給に振り回されてブロックが機能しない。そうしているうちに自ら我慢しきれずにアタックミスや東レのブロック陣につかまってしまい連続失点をしてしまう。中盤以降は東レのセーフティリードでの展開となってしまい。そのまま押し切られてしまった。3-0での東レの完勝。FC東京、今回はホームの後押しを力にすることはできなかった。日曜のブービー直接対決、大分三好戦での巻き返しに賭ける事になった。

この日の観衆は公式発表では2000人となっており、たしかにその程度の観衆はいたと思う。満員ではなかったもののそれでもなんだかんだ言ってこれくらいの観衆を集めることのできるバレーボールな訳でプロバスケットのbjリーグなんかよりも動員力だけなら余裕で上回る。にもかかわらずプロリーグへの志向は現在無いに等しい状態である。ほんのちょっとの思考の変更とそれにともなう周りのサポートによってバレーボールはクラブ化、そしてプロ化ということは可能だと思うのだが。今の所、この声は未だバレーファンにおいても少数派なままである。なまじっか国際試合の大会で世界のトップ10にとどまっているせいでもあるのだが、現状に満足してほしくないと思う訳である。

|

« ホームゲームと名乗るほどの物でも(1/31) | トップページ | 駄目男、ドン・ホセのお話。1巻の終わりでございまする(2/7) »

コメント

ご無沙汰しております。
この週末はブロンコスのホームがあり、バレーは行けませんでした。
6日、バレー掛け持ちサポの多くは味スタに行っていたのではと思っています。

三好、豊田の動画がUPされていましたが、6日よりは集まっていたのではないでしょうか。
http://www.youtube.com/user/moyashibhk

D50さん、本日14日は秩父宮に行かれたのでは?

投稿: TK | 2010/02/14 17:21

TK様、おひさしぶりです。ブロンコス、現在プレーオフの境界線上ですね。頑張ってサポートして下さい。
ありゃま、東京、合成相手に勝てたのね。ただいま日曜18時、GAORAでまったりVリーグ見てます。
申し訳ございません、今週は完全モードで家に篭りました。秩父宮は勝敗が見えてたので回避しました。
youtube映像を見る限りだとコアサポの人数が少なめのような。もう少し集合がかけられたらよかったのにね。
ダービーでないと燃えないのかな?

投稿: D-50 | 2010/02/14 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/47516193

この記事へのトラックバック一覧です: FC東京をもってしても、この程度か(2/6):

« ホームゲームと名乗るほどの物でも(1/31) | トップページ | 駄目男、ドン・ホセのお話。1巻の終わりでございまする(2/7) »