« 「我は再び生きるために死ぬのだーー」と街中で囁く(4/4) | トップページ | 雨があがって楽しい女子サッカー観戦(4/17) »

2010/04/12

日本にもプレミアリーグがある(あっ、バレーじゃないっすよ)(4/11)

女子のスポーツで一番の才能が集まる種目はと聞かれればちょっとスポーツをかじった人なら普通「バレーボール」と答えるだろう。では、二番目は?。ゴルフ?、シンクロ、柔道?。と、意見は分かれるかもしれないけれど、私はソフトボールと答える。実際その才能と努力の集積の結果としての北京五輪での金メダルであったわけである。しかし、その後五輪種目からはずれることになったわけで世間の注目という点で再びマイナー的な様相を帯びだしたソフトボールではあるが、今シーズンも開幕。去年に続いて開幕節は1部所属12チームが2日にわけて西武ドームで1試合を行うお披露目ゲームとなった。
去年、CSのGAORAでその様子を見ていたので西武ドームにいくのにいい機会だなとその時感じていた。って訳で電車で南武線、武蔵野線、西武池袋線、狭山線を乗り継いで電車だけで正味1時間半。やっとこさ所沢の山奥、西武ドームに到着。あーー、遠い。1回でいいやこんなとこ。

今日日曜日は3試合。1試合目は昨シーズン最下位ながらレオパレス21が廃部したことで2部へ落ちそこなった伊予銀行と2部優勝で昇格してきた大鵬薬品の開幕でいきなりの降格候補争いの試合となった(失礼)。試合は5-4で伊予銀行の勝ち。2-2の同点から1ヒット1エラーでの3点が効いた。大鵬薬品も2ランで追いすがったが届かず。勝利者インタビューで伊予銀行の選手が「去年は大敗したのでその失敗を繰り返したくなかった」とのこと。うんうん。開幕の勝利は大きいよね。しかもたぶん当座の目の上のたんこぶを叩けたのでよろしいかと。

1点差の打ち合いの試合に続いて2試合目は投手戦。佐川急便とシオノギ製薬。かつての社会人スポーツにおいては鉄鋼や電機、自動車といった企業が中心となっていたが、もしこれからも社会人スポーツが進んでいくのであればその中心を担うのは佐川急便になっているかもしれない。すでにサッカーでは一大勢力となっているし、その気になれば野球だろうが、バレーだろうがすぐにチームを擁することができるはずだ。
という訳で佐川はオーストラリア代表の投手と野手を擁する陣容。一方のシオノギは日本人のみ構成であるが試合はがっぷり四つの投手戦となった。佐川が先制、シオノギが追いつくが、佐川が決勝点をあげて先発、外国籍投手が見事1失点の完投勝ち。インタビューでは「4強のプレーオフを目指す」とのこと。頼もしいお言葉である。大量動員された学生風の応援リーダーが面白かった。こんな応援風景をかつてサッカーの佐川大阪-佐川東京@長居でしていたのかなと想像しつつ、長居にいってみたかったなーーと思うのであった。

F1000498 そして、本日のメインイベント、第3試合。昨シーズンの1位、2位がいきなりの直接対決。日本の鉄腕、世界最速の右腕、上野を擁するルネサスエレクトロニクス高崎対世界最強の左腕、アメリカ代表アボットがひかえるトヨタ自動車の一戦となった。いきなり世界最高峰のレベルの試合が期待されたのだが、実際期待に違わぬ投手戦となった。ともに単打を打つことも困難で四死球もほとんど与えない投手に対してどうやって先に1点を奪い取るかという展開になったが両投手がともに集中力が高く全く崩れない。無得点の回が延々と続き7回では決着がつかずタイブレーカーへ突入。これは無死2塁からイニングを始めるという方式での延長戦である。この延長戦で8回こそはお互いに守備が頑張って無得点同士であったが、9回、遂にトヨタが上野を打ち崩して虎の子の1点を獲得。アボットがそれを死守した。1-0でトヨタの勝利。昨シーズンのプレーオフ決勝での悔しさをとりあえず晴らした形となった。

と、ソフトボール女子の日本リーグは上位チームとなるとアメリカ、オーストラリアの代表の精鋭を招聘している。そしてこんなリーグは世界中さがしても今の所日本だけであり、ある意味、ソフトボールのプレミアリーグといえる存在である。(日本バレーのプレミアリーグとは価値が違う)
かつて女子サッカーでも日本に世界の才能が集結していた時期もあったがバブル崩壊の影響でその影さえない。また他の球技でも外国籍選手を招いている場合もあるが欧米国のリーグが最高峰であってそのため世界トップの外国籍選手が集まる種目は男女通じてもソフトボールだけだろう。という訳でマイナーではあるが世界最高峰のレベルを楽しめてよかった。
で、この会場でひっそりと(でもないか)「男子ソフトボールを題材にした映画が公開されますよ。」と宣伝をしていた。いやーー、確かに変人としてはそそられるなーー。でも、HP見る限り、東京近辺では試合してくれないのね。なので機会は設けられないかも。でも、いつかご縁があれば、全力で観戦してレポートするよ。男子のソフトボールってどんなんだろう。めちゃめちゃすごいのか?、それとも?。男子バレーみたい、いやそれ以上にパワーゲームなのかもしれないなーー。

|

« 「我は再び生きるために死ぬのだーー」と街中で囁く(4/4) | トップページ | 雨があがって楽しい女子サッカー観戦(4/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/48069345

この記事へのトラックバック一覧です: 日本にもプレミアリーグがある(あっ、バレーじゃないっすよ)(4/11):

« 「我は再び生きるために死ぬのだーー」と街中で囁く(4/4) | トップページ | 雨があがって楽しい女子サッカー観戦(4/17) »