« 心地いいのよね、ここ。遠いけど(5/16) | トップページ | 5末にしては寒かったよ。(5/29,5/30) »

2010/05/24

観衆がさみしかったように思うぞ(5/22)

バスケットリーグ、bjのプレーオフが土日に有明コロシアムで開催されたので、土曜日の東西カンファレンスの決勝を観にいった。一方のリーグ、JBLではすでに決勝が終了しており、リンク栃木が初優勝。企業主体であったJBLにおいて初のクラブチームがタイトルととったという意義深いシーズンであったと思う。さー、bjの方はどうであろうと電車にて有明へ到着。
少し時間があったので近くにあるパナソニックのショールームへ行って今話題になりつつある3Dテレビのデモを見学した。映画アバターなんかをみたことがあるので立体映像そのものには驚かなかったがそれでも高品位な映像にさらに説得力が追加された感じがあって時代は変わりつつあるのねと思った。いやー、つくば万博での立体映像パビリオンを列ならんで見たことが思い出される。あれが、少し高いとはいえ自宅に導入できる時代がくるとは。
と、違う感想で話が終わってはいかん。そう、bjのプレーオフ準決勝なのだ。今年のプレーオフには昨年の4強から1チーム入れ替わっただけのメンバーとなった。西からは大阪、沖縄と去年と同じ、東からは浜松と新潟。新潟が昨年の東京と入れ替わりである。
で、有明コロシアムで試合は5年連続での開催なのだが残念ながら年を重ねるごとに入場者が減っているようだ。一番多かったのが開幕年のプレーオフ。この時はほぼ満杯の観衆を集めていた。が、今年はほぼ6割の入り。前シーズンと比較しても大分少ない。たぶんに招待券を取りやめたことから発生しているのだろうが、せっかくJBLとの統合方向に向かっているなか観衆へのアピールができないのは残念だ。高松の破産申請などもあり、bjリーグそのものが決して順風満帆ではないのは明らかではあるがリーグの看板であるプレーオフでは楽観的なイメージを作り上げてほしかった。

第1試合は西の決勝、大阪-沖縄。これは大阪のディフェンスが見事はまって沖縄に何もさせなかった完勝というゲーム。各ピリオドで3点から6点差を確実につけて突き放していくという理想の展開ができた。沖縄は得意の3ポイントが入らなかったことが追撃不発の原因だったか。84-65で大阪の勝利。
第2試合は東の決勝、浜松-新潟。新潟前半はダブルチームでの積極的守備を敢行して浜松のミスを導いて得点を奪う展開に成功したのだが前半で殉じてしまったようだ。後半は一転して浜松の攻撃力が冴えに冴えた。特にガード大口の3ポイントシュートが10本決まるという鬼のような得点で一気に逆転、102-75で最終的には大差で浜松が勝利した。

翌日の決勝は大阪-浜松の東西1位同士の対戦となった。ということで順当な結果であろうか。その決勝においても浜松の攻撃力が炸裂したようで84-56で浜松の勝利となった。浜松はJBLのOSG時代を通じての初のタイトルを参入2年目で獲得となった。
来年度は高松の経営母体がどうなるか不明であるが継続の動きがあるようだ。それに加えて新規参入として、秋田、島根、宮崎の3チームを加えて、16チームでのリーグ構成で実施される模様である。
そして、4シーズン先(2013)を想定年としているJBLとの統合であるが、さーどうなるであろう。今JBL側でプロ志向のあるクラブ2チームはともかくそれ以外の6チームがプロリーグに舵を切るかどうかはかなり疑問である。もしかしたらbjに前途2チームが加わるだけになる可能性の方が高いかもしれない。サッカーにおいてもJリーグ発足の時、プロ化しない社会人チームにて2部リーグのJFLを発足させたが、それと同じことがバスケットでも発生するのではないかと思う。プロリーグとしての統合リーグとセミプロ・アマチュアリーグとしての2部リーグ。そんな構成になるのではないかと今から想像できるがどうだろうか。こればかりは各リーグの執行部の努力と各チームの首脳陣、経営陣の判断に委ねるしかないだろう。いづれにせよ、サイは振られたのである。

|

« 心地いいのよね、ここ。遠いけど(5/16) | トップページ | 5末にしては寒かったよ。(5/29,5/30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/48449179

この記事へのトラックバック一覧です: 観衆がさみしかったように思うぞ(5/22):

« 心地いいのよね、ここ。遠いけど(5/16) | トップページ | 5末にしては寒かったよ。(5/29,5/30) »