« みなさーん。生サッカー見ようよ(6/19) | トップページ | アイタタ。筋肉痛にひきつりながら槍ヶ岳往復。(7/17~19) »

2010/06/28

さらにひつこく、サッカー生観戦(6/26,27)

金曜朝早くの代表戦。実は寝ていたのだが、周辺家屋からの叫び声でしょうがなく起床。結局TVを見てしまった。勝利したから良かったものの、負けていたら至極不機嫌な朝になっていたことであろう。それにしても16強喜ばし。
週末においてまた生観戦をと調べたら、関東2部となでしこリーグが丁度よさそうだったので土日と少し遠出をしてみた。
土曜日は藤沢の神奈川総合競技場でのローンサッカー場で関東2部、東邦チタニウム-神奈川教員の一戦をシトシトと雨が降る中観戦。観衆は関係者とこの試合の後で場所を借りるのだろう少年サッカーチームの選手、父母達がいて意外に多め。もっとも歓声となるとほとんど無いのだがそれでも選手たちは必死。東邦チタニウムとしては前回見た試合に続いて先週も敗れているので何とか勝利して2部の2位以内に近づきたい。神奈川教員も2部の7,8位へ落下したくないとの思い。それぞれがモチベーション高くプレーしていた。試合は神奈川教員が前半に東邦チタニウムのDFとGKとの連携ミスをついてフォワードがボールをワンタッチでゴールに流し込んで先制。後半に東邦チタニウムが続けさまにゴールを決めて逆転したが、神奈川教員もPKを獲得。これを確実に決めて同点。そのまま試合は膠着してしまい。そのまま試合終了。2-2の引き分けであった。ともに勝ち点1で納得はしないだろうがそれでも無いよりはましという所だろう。
日曜日は初めて浦和の駒場スタジアムを来訪。女子のなでしこリーグでもない限り、駒場の入場券など手に入れるなぞ不可能だろう。蒸し暑い中、浦和駅から徒歩で駒場スタジアムへ。入場するとレッズサポがサッカーに飢えていたのだろう、1000人を超える観衆としてホームの浦和レッズレディースをサポートするべく駆けつけていた。対戦相手はINAC神戸。浦和は昨シーズンのチャンピオンで今シーズンも日テレベレーザとともに首位を併走している。一方の神戸は今シーズンはちょっと不調、5,6位を走っている。試合はその順位の差がそのままでており、常に浦和ペースで展開。ただなかなかゴールをこじ開けることができなかったので浦和サポの皆さんはちょっとイライラしたかも。それでも、今年移籍してきた「ガンちゃん」こと荒川の働きかけは相当有効で得点は時間の問題であった。で、前半のうちにちゃんと浦和が先制。後半も一方的な展開でもう1点追加。と、ほぼ安全運転で試合を運んでの勝利。2-0で首位を守った。
女子のリーグはこれから序盤から中盤へと展開されていく。で、ちょっと前にアジア選手権で3位を確保して来年の女子ワールドカップの本線出場権を確保してきたところ。というわけで男子も当然次の試合が楽しみであるが、女子も来年がんばっていただきたい。まずは火曜の夜ですな。万難を排して準備すべし。

|

« みなさーん。生サッカー見ようよ(6/19) | トップページ | アイタタ。筋肉痛にひきつりながら槍ヶ岳往復。(7/17~19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/48744379

この記事へのトラックバック一覧です: さらにひつこく、サッカー生観戦(6/26,27):

« みなさーん。生サッカー見ようよ(6/19) | トップページ | アイタタ。筋肉痛にひきつりながら槍ヶ岳往復。(7/17~19) »