« 2日間で野球4試合大量摂取(6/11,12) | トップページ | みなさーん。生サッカー見ようよ(6/19) »

2010/06/15

さらに森林奥深い5部の世界へ(6/13)

先週、サッカー4部の世界を楽しんだのだが、今週はさらにもう一つ深い世界5部へと足を入れてみた。イヤー面白いわ。なんとも楽しめた関東2部リーグでありました。日曜日に横浜の保土ヶ谷サッカー場にて関東2部の2試合が開催されたのであった。普通ここまでくるとさすがに個人技術や戦術レベルはトップリーグからみたら相当見劣りする部分はあるのだが、それはそれでハットする瞬間やおおーと感心する場面がでてくる。自分から喜びを見出す姿勢をもてば充分に楽しめるのである。
この日の試合は1試合目は神奈川教員-日立ビルシステムで関東2部の最下位争いの試合だったが点の取り合いとなって面白ゲームとなった。会場には選手の関係者ぐらいしかきておらずサポータと呼べるような人達は5部となるとさすがにいなかったがそれでも声援をかけてくれる。もっとも日立には地域リーグウォッチャーをしている人々にはかなり有名な「一人サポ」と呼ばれる人がいるはずなのだが、残念ながら今日は欠席だった。魅惑の太鼓捌きと全てを把握した選手コールを聞きたかったのだがこれは次の機会があればというところ。試合結果はロスタイムに決勝点を挙げた神奈川教員が3-2で逆転勝ち。最下位を脱出。変わりに日立ビルシステムが最下位に落ちた。関東2部は8チーム構成で下位2チームが各都県リーグに降格する。両チームにとってはまだまだ厳しい戦いは続く。
そして2試合目、こちらは首位をひた走る、東邦チタニウム-SGシステムの一戦。こちらはSGシステムが少ない攻撃チャンスをしっかり決めていく。一方の東邦チタニウムはボール支配率では上回りながらも決定機を作ることができず、相手に退場者をだしながらも優位な展開を作れなかった。SGシステムが10人でありながらもカウンターで追加点をあげるなどして快勝。3-0で勝利し2位に浮上。東邦チタニウムはまだ首位キープではあるが差は詰まった形になった。関東リーグ2部は上位2チームが1部へ昇格できるのでこちらの争いも熾烈だ。ここからさらにJFLを目指すチームがでてくるかどうかはわからないが1年1年今あるカテゴリーで一所懸命プレーしている選手を見るのも悪くない。試合の面白さはリーグの格や選手レベルだけでは決まらないのだ。
楽しんで帰宅したのだが土日と日光の下で陽を浴び続けたせいか、軽い熱射病のような症状になってしまった。あわてて水分補給をして早めに休んだ。おかげで現在は何の支障もなくすごせている。昔みたいに無茶はできないのだなーと思った次第。

|

« 2日間で野球4試合大量摂取(6/11,12) | トップページ | みなさーん。生サッカー見ようよ(6/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/48639842

この記事へのトラックバック一覧です: さらに森林奥深い5部の世界へ(6/13):

« 2日間で野球4試合大量摂取(6/11,12) | トップページ | みなさーん。生サッカー見ようよ(6/19) »