« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/27

世界は遠いよー。今の所(7/25)

文化的にすごした翌日はふたたびスポーツ観戦生活へ移行。でも、サッカーや野球ばかりもおもしろくないので違うのはないかと探してみたらありました。めずらしくバスケット男子の国際親善試合が開催されていた。バスケットはサッカーと似ていて国同士の国際大会はあまり多くない。アジアにおいては世界選手権予選とオリンピック予選、後はアジア大会くらい。で、サッカーとちょっと違うの親善試合もあまり開催しないこと。まー、これは長らくバスケットがアメリカNBA中心に世界が動いていたこともあって国際試合が意味をなさなかったからだろうし開催するにしても選手を招集できないという問題もあったから。
これが瓦解するきっかけとなったのが有名なバルセロナオリンピックでのアメリカドリームチーム。これ以降、ヨーロッパ、南米でのバスケットは非常に盛んなりアメリカを追い越す存在へと変化した訳。でも、やっぱり現在でも親善試合はあまり開催されていない様子だ。
一方、ヨーロッパ、南米での興隆に伴い、国際的にアジアのバスケットは相対的に低落が見て取れる。さらに言うと東アジアもアジアの中で低迷していると言える。中東勢が近年急速に実力をあげており、イラン、カタール、レバノンといった面々がアジアのトップを中国と真っ向勝負で争う状態となっている。さて、それでは日本はと言うと自国開催での出場した2006年以外はかなりの期間、世界選手権にもオリンピックにも出場できていない。屋内球技では国内最大の競技人口を誇りながらも国際的な結果はほとんどないそれどころか国内でのゴタゴタでマイナスイメージさえある状態だ。
それを脱却すべく新生日本代表が組織されたのが今年。ロンドンオリンピック予選を目指しての新たなスタートとして、レバノンを迎えての国際親善試合である。もっとも、このレバノン代表がどれくらいのメンバを揃えてやってきたのかは今ひとつ私には解らないところではある。同じ様に日本代表も今回の選出メンバはベストメンバなのだろうか。これも疑問というか、明らかに違うんだろうなという印象である。でも、試合をするからには勝ちたいところだ。この試合は3連戦の2試合目。第1戦は延長戦の末、レバノンが勝利しているとのこと。今日も拮抗した試合が予想される。
で、日本はスタートダッシュに成功した。早いプレスと外でのパス回しからのアウトサイドシュートで早々に10点差をつけて1ピリオドを終了。このまま押し切れるかのように見えた。しかし、やはり実力的にはレバノンの方が上。レバノンも同様に前線からボールを奪うディフェンスと3ポイントシュートを絡ませたアウトサイド、そして日本にはないインサイドでの高さのある攻撃を組み合わせて2ピリオド以降はペースを奪い返して点差を詰めてくる。そして第4ピリオド途中で日本は逆転されてしまう。このままずるずる行きかねなかったのだがそこを耐え忍んで試合終了直前に6点を連続であげて再逆転。79-77で勝利した。
印象としては日本はインサイドに1人高さのある選手はいるがインサイドをその1人にたよりすぎているように思う。レバノンはそこで2人3人とローテーションしながら攻めることができていた。世界と勝負するにはインサイドがどれだけ通用するかにかかっていると思う。アウトサイドのシュートの成功率を高めるだけで勝てるほど甘くはないぞ。
帰り際、観戦していた人が「世界は遠いなーー」とのつぶやきが聞えた。実際、同意する。サッカーの日本代表が見せたように体格差を埋める何かをバスケットで求めるのは中々に酷な話ではある。しかし、それを埋めるには、体格のある選手を見出すのか。それとも、何かしらを見出すのかのどっちかしかないと思うわけである。これはバレーやハンド、ラグビーでも同じことなのだろうなとは思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/26

真夏、大暑クラシック演奏会(7/24)

先週の土曜日は久しぶりに文化的に行動。神奈川県立音楽堂にて神奈川フィルの演奏会を聴きに行った。同じ日に新日本フィルもサントリーホールで演奏会があったのだが、行きやすさと値段で天秤にかけて神奈川に軍配がいったという訳。
また、近くで高校野球の神奈川予選もやっていたので午前中はそれを見にいこうという算段も併せ持って計画をたてて行動を開始した。
しかし、梅雨明けしてから本当に猛暑になったね。梅雨明け10日の天候を狙って登山にいったのだがそれ以降は猛烈な陽射しが続いている。外でのスポーツ観戦はなかなかに厳しい。しかも横浜スタジアムは屋根が一切ない。という訳で体調も気にしながらの観戦で1試合のみ。横浜-横浜商大付属の対戦であったが、乱打戦で時間がかかったせいもあり最後みきれずに離脱。最終的には8回コールドの15-8で横浜が勝利した試合であった。干物になりそうな状況から抜け出して音楽堂へ到着。当日券にてかなり前列での席を確保した。
今日の演奏会の演目は金聖響指揮による
メンデルスゾーン/序曲「ルイ・ブラス」
シューベルト/交響曲第5番変ロ長調
メンデルスゾーン/交響曲第3番イ短調「スコットランド」
と渋めのラインナップ。もっともこの演奏会はシリーズものでメンデルスゾーンとシューベルトが大きくフューチャーされていることから普通の定期演奏会とは一味違う感じの構成となっている。
演奏は、最近の金聖響の志向なのか、ビブラートは少なめにしたピリオド奏法を意識したもの。とは言ってもピリオド演奏とまではいかない程度のスパイス風であった。しかし、それでもその効果はなかなかのもの。それほど大きくないホールでかなり前列で聴いていたこともあり、それぞれのセクションの音がダイレクトに伝わってきて非常に楽しかった。
作品もシューベルトではグレートについで好きな5番やスコットランドということもあって緊張感をもって聴くことができた。アンコールにはシューベルトのドイツ舞曲、第1曲が演奏されてお開き。夏においては爽やかな演奏でよかった。でも、演者の方は大変だろう。これだけ気温や湿度が高いと楽器のメンテだけでも一苦労だと思う。
この時期は日本のオーケストラはオフシーズンというか次の定期演奏会シーズンに向けての端境期だったりもするので地方演奏旅行や海外遠征なんてのもの行われている。もちろんちょうど川崎ではサマーフェスティバルが開催されており首都圏近郊のオーケストラが大集合なんて催しもあったりして聴く側としては楽しみもあるのであるが、やはり暑さはオーケストラにとっては敵かも。早く秋になれと心中では思っているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/24

アイタタ。筋肉痛にひきつりながら槍ヶ岳往復。(7/17~19)

海の日の3連休いったんである。梅雨明け10日というではないか。必ず天候は安定するはずだと。ザックにしっかりと装備と食料を詰めて中央線を西へ。目指すは松本。
そして今回の1年ぶり恒例の夏登山の目的はあまり複雑ではないポピュラーなところである槍ヶ岳とした。ほんとそこからさらに縦走して穂高へ廻ってそれからうんたらこんたらとか考えたのだが体力、筋力の準備は全くできなかった今回は危険だろうことでパスすることにした。さらに夏山シーズン到来とはいえ、まだ雪渓が多く残っているので装備的にもアイゼン、ピッケルがないと穂高は下山時危険ということもあって、比較的装備的にも易しい槍ヶ岳とあいなった。
上高地までは松電の上高地線電車と新島々からのバスを乗り継いで約2時間。到着すると同じ考えの人々でごった返す上高地。さー、いくぞとばかり早速歩を槍へ向ける。とはいうものの、槍は遠い。健脚派ならば1日8時間で頂上肩にある小屋までたどりつけることも可能だが、一般の登山者にとっては2日に分けて登るのが懸命。それぐらい槍は遠くて高い場所にある。事実、水平距離で20km以上先であるし標高差も1600mある。唯一慰みがあるとすれば急勾配がないというところか。兎に角歩けば標高はかせげるのである。
で、1日目は5時間歩いて槍沢ヒュッテに到着。ここで体調や怪我のチェックをして明日の頂上を夢見る。少し足が不調であるというのをここで確認したのだが、なんとかなるだろうと思って夕食、就寝。そして待望の2日目のはずだが、さーー、大変だった。足が上がらない。ペースがあがらない。呼吸を整えられない。歩みのピッチを続けられない。歩いては止まり状態になってしまった。うーーん。こんなのは初めての体験だ。普段の日々の健康状態が悪い形で反映したのかな。でも、ペースは落としてもしっかりと登ることだと、自分言いつけて休み時間を細かくしながら登った。そのおかげで悪いながらも5時間で槍ヶ岳肩の小屋に到着。あーー、助かったよ、目的地到着。そして槍ヶ岳頂上へ到着と、喜びをかみ締めて少し遅めのお昼ご飯とお茶タイムを過ごした。やっぱりこれがなんといっても素晴らしい時間。少し上空雲が立ち込めて眺望は今ひとつ。穂高岳もみれない状態であったが、常念岳や蝶ヶ岳、ツバクロや三俣蓮華岳は美しくみることができた。
今夜は小屋で乾杯だと、ビールも500ml缶を2本開けて小屋の収入に寄与してしまった。1本750円とこの場所においては格安だ。東京ドームよりも安いかもしれない。いや、東京ドームが暴利すぎるのだ。と、悪態をつきながら飲み、夕ご飯を食べそして寝た。
そして、帰路となる3日目。いいお天気はそのまま継続、予測通りとなってありがたいが、予測通りでないのは自分の体。今度は太ももがーーー、膝がーーー。後は何も言いたくありません。人目も憚らず、足をひきづりながらも転がるかのように上高地へ下りましたわ。あーー、なんと悲しいことか。
上高地につけば後は文明の利器をつかって帰るだけ。お土産も買って、お風呂にも入ればさらに最高だったが、それはぐっと我慢して帰ってきた。
今回の山行では槍の頂上でtwitterで「槍ヶ岳頂上なう」とかしてみようかなとつまらんことを考えていたが結果としては成就できなかった。電話はできたんだけど、データ通信はつながらなかったのであった。でも、富士山ではかなりの人が頂上でつぶやいたようで、これからは登山でもtwitterやustreamで実況中継する人が続出するのだろうかね。となると、携帯電話業者の皆様も夏山シーズンだけは山岳地帯であっても電波インフラをさらに高度に整備していただくことが必要になるのね。もっともこの中高年の登山ブームということもあって携帯電話は明らかに登山にとってマストアイテム化してますんで整備よろしくお願いします。
そして、ついでの感想。今年は登山に20代の人が戻ってきたようで喜ばしかった。そんな中で女性がスポーツタイツにスカートというスタイルを好んでしていたようだ。いや、山スカートというのが流行りというのは聞いていたがほんとだったのね。と登山にもファッションがどうどうとまかり通る時代になったんだなーと思う次第。来年はなんかいい、ウェアかわなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »